いまの彼とずっと一緒にいたいなら、二人で意識したい4つこと!

これからも、ずっと彼と一緒にいたい。と思う人であれば、彼に「こうしてほしい」とお願いするだけではなく、当然自分自身も改善していくことが大切です。お互いに協力し合いながら、一緒にマンネリする期間を乗り越えることで絆は深まります。今回は、恋の持続力を高めるために二人で意識したいことをご紹介しますので、幸せになりたい方はぜひチェックしてくださいな。

デートや旅行だけではなく、定期的に話し合いをする

お付き合いをしていると、どうしても楽しいことだけに目を向けがちです。しかし本気でお付き合いを続けていたいなら、たまには本気で話し合う時間も必要です。

今、お互いに何を不満に感じているのか、どんなことを改善してほしいと思っているのかを確認しなければ、いつかいきなり爆発してしまうことも。

ストレスや不満を小出しにしていけば、たとえ爆発してしまっても、すぐに鎮静化させられます。

定期的な話し合いをするといっても、眉間にしわを寄せながらではなく、美味しいコーヒーでも飲みながらお互いに感じていることを伝え合えばいいだけです♡

マンネリになっても焦らずに、新しいデートプランを考え直していく

マンネリになりはじめると「最近、マンネリだよね」と口にするだけで具体的に行動を起こさないまま、時間だけが経過するパターンもあります。もし彼が積極的に動いてくれないなら、自分から彼にマンネリを解消するためのプランを提案しましょう。

たとえば、デートはお決まりの場所ばかりでお互いにつまらないと感じているなら、新しい場所を調べたうえでデートプランを組んでみるだけでも状況は変わるでしょう。

できれば彼にも手伝ってもらいながら、二人でデートプランの見直しをすると、マンネリに対する不安や恐れも解消できるはずです。

異性の友人との付き合い方について、二人なりのルールを考えておく

今の恋を持続させるためには、異性の友人とどう付き合っていくのかをはっきり決めておく必要があります。そもそも、二人きりで会うのはNGなのかどうかも、改めて確認するべきでしょう。

どうしても不安なら、彼にははっきりと「二人きりでは会わないでほしい」と伝えたほうが安心できます。無理に飾ろうとすると、彼は彼女があまり気にしていないと間違った認識のまま、女友達との交流を楽しむかもしれません。

異性とはあくまでも二人きりでは会わないと決めておいた方が、喧嘩も防ぐことができます。

喧嘩になっても、とにかく慌てない

どうしても避けたいのは“喧嘩別れ”ですね。冷静に話し合えていたら解決できたのかもしれない、と思いながら失恋を乗り越えていくのは意外と大変なことでもあります。

たとえ喧嘩へと発展しても、とにかく慌てないことが大切。相手が感情的になっているなら、あえて放置しておく勇気もときには必要なのです。

LINEで話し合おうとせず、あくまでも直接会って話し合うのが一番。お互いの表情を確認しながら話し合わないと、理解できない感情もきっとあるでしょう。

これからもずっと彼と一緒にいるためには、日々の付き合い方を見直してみましょう。多少、面倒くさくても彼とは定期的に話し合うこと。

問題が小さいうちに解決しておけば、喧嘩の規模も小さくなります。彼と歩幅を合わせながら、一歩ずつ幸せな未来に向かって歩んでいくためにも、自分の意見だけではなく相手の意見もしっかりと受け入れたうえで、どうしていくのかを二人で考えていきましょう。


トップへ戻る