口は禍のもと!いくら可愛くても男性からモテない女子の「残念な言動」その4つの原因とは・・・

どんなに可愛くても、男性からのウケが悪い非モテ女子っていますよね。
どうやら、その原因は彼女達の話す内容に問題があるみたいです。

そこで今回は、非モテ女子が喋っちゃう「残念な言動」を4つ紹介していきますので、自分はどうだろうと気になる方は、一緒に見ていきましょう。

(1)自慢話

『アピールが強すぎる。もう自慢話は聞き飽きたよってなる』(29歳/アパレル)

男女問わず自慢話をする人って鼻につきますよね。
私スゴイですアピールが強いと、引いてしまう男性は多いもの。

自慢話をされると、「すごいね」という返答しかありませんよね。
毎回だと「すごいね」を言わされている感が強く、話をすることも面倒になってきます。

(2)自虐ネタ

『自虐ネタもたまにならおもしろいけど、毎回になるとしんどい』(31歳/SE)

「どうせ私なんて……」というネガティブなワードばかり話していると非モテ女子とされるもの。
ネガティブな言葉って、聞いているほうもテンションが下がってきますよね。

それがネタだとしても、使いすぎには注意。
周りは「そんなことないよ」とフォローを入れないといけないので、疲れてしまいますよ。

(3)高い理想のタイプ

『どれだけ理想高いんだよって』(26歳/金融)

男性から理想のタイプを質問されることってありますよね。
その時正直に高い理想のタイプを答えていませんか?

もちろん高い理想のタイプがあってもいいですが、正直に話してしまうと自分には当てはまらないと思う男性もいます。
せっかく恋のチャンスがあったとしても、逃してしまうことになりますよ。

(4)相手と議論する

『人の意見を全否定してくる人は、いくら可愛くてもムリかな』(28歳/広告)

何を言っても受け入れてくれず、相手と議論することを楽しんでいるような女性っていますよね。
毎回、意見を否定されると嫌な気持ちになって当然。

自分の意見と違っていても、相手の意見を否定する必要はありません。
自己主張が激しい人と思われ、議論することも疲れるので、話をすることを避けるようになりますよ。


あなたは、大丈夫ですか?

恋愛対象になる女性は、容姿も大切ですが、一緒に話をして楽しい人です。
コミュニケーションを取れない相手のことを好きになることはありますか?

幸せを手にしたい、モテたい・・・と、もし意識するのであれば、話し方や内容も気をつけてみてくださいね。


トップへ戻る