アイケアコスメは強い味方♡目もとの小ジワ、たるみ、クマに、おすすめな5選を紹介♪ | Na美|働く大人女子のライフスタイルメディア
previous arrow
next arrow
Slider
previous arrow
next arrow
Slider

アイケアコスメは強い味方♡目もとの小ジワ、たるみ、クマに、おすすめな5選を紹介♪


目もとの印象で「見た目の年齢」は大きく変わると言われています。目もとの皮膚はとても薄く、デリケートな場所。また、皮脂腺が少なく乾燥しやすいので、小じわになりやすいパーツなんです。

今回は、日々のお手入れにプラスすることで、健やかで美しい目もとに導いてくれるおすすめのケアアイテムを厳選しましたのでご紹介していきます。さっそく見ていきましょう♪

乾燥による小じわを目立たなくさせる、目もと専用クリーム

アイクリーム

ラインリリース モイストアップ アイクリーム 20g 6,804円(税込)<トライアルサイズ> 2g 734円(税込)

ヒアルロン酸に匹敵するほどの保湿作用を持つと言われる「アロエベラ液汁」、重量の480倍の水分を抱え込む「シロキクラゲ多糖体」、高い保湿力があるという「セラミドNP(セラミド3)」をキー成分として配合したアイクリーム。

また、熊本県で自然栽培された4色のにんじんをオリーブスクワランに漬け込んでエキスを抽出した「キャロットオイル」を処方。キャロットオイルは、エイジングケア(※)にパワフルな力を発揮してくれるそう。

また、第三者機関による試験を行っていて、ラインリリース モイストアップ アイクリームの効能評価試験による“乾燥による小じわを目立たなくさせる”という効果が確認されています。

※年齢に応じたお手入れ

[アムリターラ]

ビタミンE豊富なアボカド油を配合。乾燥肌におすすめ

アイクリーム

マルティナ アイケアクリーム 15mL 3,240円(税込)

マルティナのアイケアクリームのキー成分は、アボカドオイル。オリーブオイルの倍以上のビタミンE、ビタミンA.B群や、ミネラル、皮膚の保護作用があるといわれる「レシチン」などを豊富に含んでいます。

香料を配合していないので、敏感な肌の方にもおすすめ。こっくりとしたクリームで、塗布した後はお肌にスッとなじみます。

世界中の個性豊かなナチュラル&オーガニックコスメやナチュラルアイテムをラインナップするコスメショップ「Cosme Kitchen」での売れ行きも好調で、本国のドイツに追加生産をお願いするほどの人気アイテムなのだそう。

[マルティナ]

100% ピュアオーガニック成分なのにお手頃のマルチバーム

アイクリーム

シアバター (左から、ローズ、ヴァニラ、カルダモン)28g 1,944円(税込)

アイウェアブランド「GLASSAGE」が、 NY発のオーガニックスキンケアブランド「アミコレ」と、輝く眼をコンセプトにオーガニックバームを開発しました。

コールドプレス処方で精製されたシアバターと有機肥料だけで育った成分に、アイブライトハーブを配合しています。アイブライトハーブは、その名の通り、古くからヨーロッパで目を健やかに保つために用いられてきたハーブです。

気分で選べる3種類の香り(ローズ、ヴァニラ、カルダモン)をラインナップしていて、どれもほのかでナチュラルな香りの余韻が楽しめます。

目もとだけでなく、顔や口もと、髪などマルチに使えて1,944円(税込)というリーズナブルさも魅力。

[アミコレ]

肌の免疫細胞を活性化し、ハリをもたらす

アイクリーム

フィトリフト 16mL 7,560円(税込)

目もとのハリ、色素沈着によるくま、たるみが気になる方におすすめなのが、フィトリフト。

白たかきび由来の発酵エキス・LPS成分(リポポリサッカライド)が、肌の免疫細胞を活性化し、線維芽細胞を増殖させてくれるそう。

また、高濃度のアイケア成分を海藻由来の寒天でカプセル化しているため、フレッシュな状態で使えるのも魅力。開けてから約2ヶ月間で使い切れる設計です。

フィトリフト代表の池田さんは「朝晩で使うのがおすすめです。乾燥が気になる日中は、お化粧の上から使ってみてください」とアドバイス。

[フィトリフト]

乾燥や赤みが気になるときに。敏感肌の人向けに開発

アイクリーム

ベリージェントル アイクリーム 25mL 6,048円(税込)

乾燥、赤みが気になる目もとをケアするアイクリームです。トリロジーの中でも、特に「ベリージェントル」は、敏感肌の方向けに開発されたラインです。

肌のバリア機能をサポートしてくれるマキベリーシードオイル、保湿成分としてアロエベラ液汁シーバックソーンオイル(シーベリー)を配合しています。

[トリロジー]

まとめ

スマホやPCを使う時間が長い方は、特に注意が必要です!!!
知らずしらずのうちに目のまわりの血流が悪くなっている可能性があるからです。季節を問わず、ケアしていくことが何よりも大切だという事ですね。

是非、参考にされてみてください!

SNSで記事をシェア


トップへ戻る

FOLLOW US ON