アラサー女子は4つの「エイジングサイン」に気を付けてお肌の老化を防ごう♡ | Na美|働く大人女子のライフスタイルメディア
previous arrow
next arrow
Slider
previous arrow
next arrow
Slider

アラサー女子は4つの「エイジングサイン」に気を付けてお肌の老化を防ごう♡


20代も後半になってくると、どうしても女性の肌は以前と比べるとハリがなくなってくるなど、変化が現れてきます。最近あまり鏡をしっかり見ていないという人は、久しぶりにじっくり見てみると自分の肌が予想外の状態になっていたなんてことも(´;Д;`)

対策をするなら早いに越したことはありません。今回はアラサー女子が気を付けておきたい、お肌のチェックポイントをご紹介します♪

①目尻に「小じわ」?頬にほうれい線……これって「老化」かも

まず一番気づきやすいのが「ほうれい線」。

「ほうれい線」の原因は、実はたるみ。徐々にフェイスラインがぼやけたりすることで、見た目年齢を大幅にアップさせてしまう厄介者なんです。これは、加齢により「コラーゲン」が減少したり、お顔の筋肉が衰えることが原因とされています。

この対処法としては、減少するといわれている「コラーゲン」にアプローチするスキンケアなどを積極的に利用する、なるべく下を向かないように注意するなど、日ごろの積み重ねが改善に役立ちます。ついつい下を向いてスマホを見るクセがある……という人は気をつけてくださいね。

また、目尻のシワが気になる、という人も多いはず。目尻は、他のパーツより皮膚が薄く、乾燥しやすいという、非常にデリケートな特徴をもっているので、目元専用のクリームなどを取り入れて、入念にケアをしてくださいね。

隠したいがためにメイクを厚塗りしてしまうと、かえって「シワ」を目立たせるので気をつけて。あくまで自然にカバーすることを意識してみてくださいね。

②うるおい不足?お肌に「ハリがない」

20代のころのような「ハリ」が、アラサーになって感じられなくなった……という人も多いのではないでしょうか。

見た目に大きく左右するのが「水分量」。いつもの化粧水も、コットンに含ませてお顔にのせる「コットンパック」をするだけでも、お肌に水分がグングン浸透していくのを実感するでしょう。

「時間がない、もっと手軽にケアしたい」という人は、コンビニやドラッグストアでも気軽に買える「顔パック」もおすすめ。また、思い切って、30代を節目に「美顔器」などでのスペシャルケアを始めてみるのもおすすめです。

③スキンケアもメイクも……今まで使っていた「コスメ」が合わなくなった

「いままでのコスメが合わなくなった……」そう思っている人も多いのではないでしょうか。

お肌や身体が不調なとき、スキンケアがピリピリとしたり、今までは問題がなかったにも関わらず、吹き出物が落ち着かない、などの変化があれば、「エイジングサイン」かも。

30代を過ぎたら、今までのケアの定期的な見直しが必要。なぜなら、年齢と共に失われる成分を補うスキンケアが必要だからです。

また、女性はホルモンバランスでもお肌の調子が随分左右されるもの。「ゆらぎ肌」には、周期にあわせていくつかのスキンケアラインを使いまわすことも必要かもしれません。

コスメも、最近はミネラルファンデーションなどお肌の負担をなるべく減らしたアイテムも多く販売されているので、いたわるメイクを意識してみるのもおすすめ。お気に入りの一つを見つけてくださいね。

④よく見てみて!「毛穴」が目立ってきた?

ハリが失われていくとともに、なんだか「毛穴」が目立ってきた……と感じる人も多いのではないでしょうか。アラサーになってお肌がたるみはじめると同時に、毛穴もたるむ「たるみ毛穴」という症状があらわれる人も……。

頬の「毛穴」が目立ってきた、と感じ始めたら黄色信号です。一番大切なのは「保湿」。季節に応じて油分を取り入れるなど、乾かないように意識したスキンケアを行ってくださいね。

おわりに

参考になりましたか?

30代のうちにどれだけ対策をしたかで40代のお肌の状態は変わってきます。年を重ねても美しいお肌を保つために、日頃から注意してケアをするようにしましょう♪

SNSで記事をシェア


トップへ戻る

FOLLOW US ON