イヤな臭いやヌメりとおさらば!キッチンを清潔に保てる三角コーナーの代用品をご紹介♪ | Na美|働く大人女子のライフスタイルメディア
previous arrow
next arrow
Slider
previous arrow
next arrow
Slider

イヤな臭いやヌメりとおさらば!キッチンを清潔に保てる三角コーナーの代用品をご紹介♪


暖かくなってくるとキッチンの三角コーナーの臭いやコバエが気になったり、網目がすぐに汚れるなどの理由で最近は使わない方も増えています。しかし三角コーナーはやっぱりないと不便、と言う方は代用品でキッチンをより気持ちよく使えるようにしてみませんか?
そこで今回は、三角コーナーにサヨナラできる代用品や処理法をご紹介いたします。

三角コーナーにサヨナラできる代用品や処理法

DAISOの自立するプチゴミ袋

この投稿をInstagramで見る

maiさん(@_____mai.3)がシェアした投稿

代用品でも洗うのは面倒、と言う方や小さめキッチンにおすすめなのがダイソーのプチゴミ袋です。

単体で自立し、口径が広いのでお料理するときに出る野菜の端や卵の殻などが入れやすく、使った後はそのままポイ!

ポリ袋ホルダーは料理中も使い勝手バツグン

この投稿をInstagramで見る

⚫︎⚫︎yayoi⚫︎⚫︎さん(@ya2yo8i)がシェアした投稿

こちらもダイソーのヒット商品「ダストホルダー」。
コーナーに吸盤で取り付けられ、ゴミ袋をがっちりホールドしてくれるのでお料理中もヨレずに物が捨てやすいのが魅力。

シンクで使う場合は水切りネットをはさめば、水分のあるものも処理しやすくなります。

ニトリのポリ袋ホルダーはステンレス製で汚れにくい

こちらはニトリのゴミ袋スタンド。使わないときは、畳んでコンパクトに片付けられます。

ポリ袋がかけやすく、ステンレス素材で汚れも付きにいのが嬉しい魅力。お値段も498円ととてもリーズナブルです。

ミニマムなデザインで人気のTower

この投稿をInstagramで見る

taeさん(@marukooo29)がシェアした投稿

各通販サイトで大人気のTowerの「ポリ袋エコホルダー」。
カラーは黒と白から選べ、無駄のないシンプルなデザインでどんなインテリアにもマッチ。
ボトルや保存袋を乾かしたいときにも使える多様性も魅力で、使わないときにも畳んでしまえます。

水切りネットは新聞紙が便利

この投稿をInstagramで見る

すんこのおうちさん(@sunko.haus)がシェアした投稿

ポリ袋ホルダーをシンクで使う場合、水切りネットにすれば食べ残しなど水分のあるものでも流しながら処理できますね。

その後はしっかり水気を切って新聞紙にくるんで捨てれば、臭いも防げて快適なキッチンが保てます。

おしゃれなキッチンツールで三角コーナーを代用

この投稿をInstagramで見る

✘✘✘︎︎︎︎さん(@__yo__shimi__)がシェアした投稿

本来は野菜の水気を切ったり、パスタの湯切りする役目のコランダーを三角コーナー代わりに。こちらはイギリス生まれのカラフルでポップな調理器具を取り扱うJosep Josep(ジョセフジョゼフ)。取っ手がついて捨てる時も便利です。

ホーローのふた付き容器で臭い移りなし

この投稿をInstagramで見る

maiさん(@makochi.m)がシェアした投稿

洗いやすくて臭い移りがしにくいホーロー容器を生ゴミ入れの代用品として使う方も多いですね。かわいいフォルムが、こまめに生ゴミを捨てるモチベーションにもなりそうです。

この投稿をInstagramで見る

elie.エリィ_eriko.takahashiさん(@elie.snowdiva)がシェアした投稿

あえて生ゴミ容器を使わず、ふた付きゴミ箱にダイレクトに捨てるのもひとつの方法。
その際はこまめに捨てることを前提として小さめサイズがおすすめです。
キッチン用ゴミ箱として併用するのは、ホーロー素材なら洗いやすくて臭いが映らないので長く使えそう。

ゴミ削減でエコに貢献!生ゴミ処理機

この投稿をInstagramで見る

amaさん(@__amastyle__)がシェアした投稿

夏のコバエや臭い対策に効果のある生ゴミ処理機を使う方も。シンク下に収納できるタイプならキッチンもスッキリします。
乾燥させてゴミの量を減らせるエコ対策として、自治体によっては助成金が出るところもあるので購入前には一度確認をしてみて。

あれば嬉しい!ディスポーザー

この投稿をInstagramで見る

⿻⢋⚛︎⬖ᴋɪᴍɪᴋᴏ⬗⚛︎⡹ ⿻さん(@ki_mi.555)がシェアした投稿

昨今マンションなどで導入されていることも多くなったディスポーザー。
固い骨などの場合を除いて、生ゴミのストレスから解放される私たちにとっての救世主です。

ただ後で導入するには下水道代が上がったり、騒音が気になるというデメリットもあるので、よく検討してみてくださいね。


いかがでしたでしょうか?
キッチンをより快適にしてくれる三角コーナーの代用品や処理法をご紹介しました。
夏には特に頭を悩ませる生ゴミ対策を解消して、快適に過ごしましょう!

SNSで記事をシェア


トップへ戻る

FOLLOW US ON