朝の忙しい時間でも大丈夫!意外なモノで洋服のシワ伸ばししちゃおう♪

時の流れにつれて、電化製品なども日々進化を遂げています。
そんな中でも進化が特にわかりやすく表れているのが洗濯機

乾燥機付きだったりドラム式だったり、忙しく家事をする時間がなかなか取れない人たちにとってはとにかく便利ですよね。

便利な機能が多彩な最近のの洗濯機ですが、脱水乾燥をかけるとどうしても洋服がシワシワになってしまいます…。
今回は、そんな衣服のシワをとる方法を紹介します!

シワになりやすい衣服とその原因

同じ衣服でも、シワになりやすい素材とそうでないものがあります。

シワになりやすいのは綿や麻100%のもの、化学素材であればレーヨンです。レーヨンは綿や麻と混合の場合があり、その場合はよりシワになりやすい傾向にあります。

シワができる原因としては、水に触れることで生地が縮んでしまう点が挙げられます。洗濯をした後すぐにシワを伸ばして干さないと、かなりくっきりとしたシワになってしまうことも!

一方で、シワになりにくい素材にはポリエステルなどがありますが、レーヨンは一見ポリエステルと似ているので注意が必要です。

衣類のシワをとる裏技は?

それでは、実際についてしまったシワをキレイにとるにはどうしたらいいのでしょうか?毎回アイロンとアイロン台を出して……というのは、案外面倒なものです。今回は、アイロンなしでもすぐに試せる裏技を紹介します。

1: ドライヤーが使える!

シワが衣服の一部分についてしまっている場合、ドライヤーを使うのが便利です。

シワになっている部分を水で濡らしてシワを伸ばしたら、ドライヤーの温風を当てます。しっかりとシワを伸ばしつつ、衣服の水分が乾いたら、最後は冷風を当てましょう。こうすることでシワが戻りにくくなります。

2: 霧吹きでシワ伸ばし

お出かけ前に衣服のシワを見つけてしまうこと、ありませんか?そんな時は霧吹きが使えます。

シワになっている部分に霧吹きで水を吹きかけ、シワを伸ばしながらパンパンと手で叩き、天日干ししましょう。まず衣服のシワをチェックしてからお出かけの準備をすると、その間に衣服が乾いてしまいますよ。

3: よりしっかり伸ばすにはタオル!

シワの部分を水で濡らして乾かす、というだけでもしっかりシワが伸びてくれる場合もありますが、なかなかとれない頑固なシワもありますよね。そんな時に使えるのがタオルです。

まず、タオルを水で濡らし、電子レンジでチン!ホットタオルを作りましょう。衣服のシワの部分を伸ばしつつ、ホットタオルを当ててしばらく置いておきます。その後は通常と同じく天日干しをすればOK!深いシワができてしまっている衣服で試してみてくださいね。

4: 服の裾部分に使える意外なアイテム!

スカートやシャツの袖など、服の裾部分にシワがついてしまっている場合、実はヘアアイロンが使えるのです。

シワになっている裾部分を温めたヘアアイロンで挟み、滑らせるようにするとキレイにシワを伸ばすことができます。あまりに高温で行うと衣服を傷めてしまう可能性があるので、衣服の洗濯表示をしっかりと確認して、ヘアアイロンの温度を設定してくださいね。

5: シャツ全体にシワができてしまった場合は?

「シワになりやすい衣服」と聞くと誰もがシャツを想像するのではないでしょうか?全体的にシワになってしまうことが多く、厄介ですよね。

そんなシャツのシワを伸ばすには、氷を使いましょう。シャツ1〜2枚と氷2〜3個を乾燥機に入れ、高温で15分程度回します。こうすると氷が溶けてスチームのような働きをしてくれるのです。

6: しっかり脱水しないのも手!?

実は、脱水をする段階でシワになることが多い衣服。シワを作らないために、とくに麻素材の場合は“しっかり脱水をしない”というのも方法のひとつ。完全に脱水をしないで天日干しすることで、水の重みでシワを伸ばしながら乾かすことができるのです。

7: 下着は洗濯ネットへ

下着を洗濯ネットに入れて洗濯機にかける、これは多くの人がすでに行っているはず。しかし、これは衣服のシワを予防するのにも効果的なのです。下着を洗濯ネットに入れないと、ブラジャーの肩紐が他の衣服に絡まり、そのままの状態で脱水されてしまうことでシワを増幅させてしまうことも。ですから、洗濯ネットの使用はシワ予防に有効なのですね。

アイロンなしでも簡単シワ伸ばし!

朝の忙しい時間にアイロンを取り出して…なんてとてもじゃないけど無理!
でもシワだらけの服を着ていくなんてできない…
そんな時にとっても役立つ裏技の数々をご紹介させていただきました。

一見めんどくさそうなシワ伸ばしでも、案外身近にある意外なもので簡単に伸ばせちゃったりするのですね!

皆さんも是非試してみてくださいね。


トップへ戻る