大人の友達付き合いとは?大人になったらやめたい友達との付き合い方4つ

大人になった今も友達と学生時代のような付き合い方をしていませんか?もしそうであれば少し見直したほうがいいかもしれません。大人になると、環境の変化もあり今までとは同じ付き合い方ではいられません。そこで今回は、大人になったらやめたい友達との付き合い方をご紹介いたします。

大人になったらやめたい友達との付き合い方▶︎「親友だよね」と念を押す

大人になっても学生時代のノリが抜けずに、ベッタリな友達付き合いをしている女性も少なくないはず。
もちろん、それも一つの人間関係の築き方であり、本人が納得しているのであれば問題ありません。しかし、相手に違和感を覚えながら付き合っているなら、無理する必要もないのではないでしょうか。
不安を払しょくするために友達に向かって「私達親友だよね」と伝えるのは、もうやめましょう。本当にお互いに親友でいる認識があるなら、わざわざ念を押すようなことはしません。
相手の気持ちを確認したくなるのは、それだけ何かを感じているのでしょう。彼女はあなたにとって本当に親友ですか?
もしかしたら、もっと別の場所に親友はいるのかもしれません。

大人になったらやめたい友達との付き合い方▶︎毎週末会うことにこだわる

学生時代や学校を卒業した直後は、どうしても今までの環境から100%卒業できず、友人と毎週末会っていませんか?

しかし大人になれば毎週末、友達のためだけに予定をあけておくのは厳しくなります。
仕事が急に舞い込んでくることもありますし、彼氏ができれば彼との予定が優先されるのは仕方がありません。

一定の年齢まで到達したら、会う頻度にこだわるのはやめましょう。

毎週末会わなくても、1年ぶりに会ったときに今までと変わらない雰囲気で話せるなら、それも一つの友情の証です♡

大人になったらやめたい友達との付き合い方▶︎友達年数を周囲に自慢する

SNSでよくみかける写真に「友達歴○年目!」というフレーズがあります。
しかし、友達かそうでないかは、友達歴と比例しているとは限りません。学生時代から付き合っている友達よりも、大人になってから出会った友達とのほうが波長が合ったり、目指す方向性が似ていたりすることもあるものです。もちろん、昔から変わらず友情を育まれている方もいるでしょう。
しかしさすがに、アラサーになってまで「○○ちゃんとは友達歴○年!」とアピールするのは、どこか大人げない印象も。仲がいいかどうか、信頼し合っているかどうかは、もっと上の世代からしてみれば、写真の雰囲気だけでも分かること。

友達歴のアピールは、何の意味もありませんよ。

大人になったらやめたい友達との付き合い方▶︎彼氏と同じように接する

彼氏のように友達を囲い込んでいませんか?

毎週末会うだけではなく、LINE(ライン)でも常に近況を共有したりSNSでもコメント欄で交流しあったり。
彼氏と友達を混同させて付き合っていると、関係がこじれるときが訪れる可能性も。

大人になればなるほど優先すべきものが増えてきます。
一人の友達のためだけにすべての時間をつかっている余裕は、大人になるとなくなってきてしまうのです。

あくまでも友達は友達で、彼氏とはまったく違います。
それぞれの役割を間違って認識しないように気をつけましょう。


いかがでしたでしょうか?

大人になったら、友達との付き合い方も変えていかなければ、周囲とのコミュニケーションがうまくとれなくなるかもしれません。本当に心から信頼できる友達を選び、今までと変わらず、適切な距離間でのお付き合いをしてみては!

トップへ戻る