高嶺の花って言われてみませんか?『別格な女性』になる方法4つ

誰もが憧れるような女性、「高嶺の花」。同性からも異性からも別格な存在です。誰でもそんな「特別な人」になりたいですよね。今回は、「別格な女性」と認定されるポイントをご紹介していきます。

これで高嶺の花!別格な女性になる方法①噂話に乗らない

「別格な女性」「高嶺の花」というと、美人で学歴もある才色兼備な女性!
と思いがちですが、なにも美人だけが別格なわけではなく、むしろ美人にも残念な人はいるでしょう。別格な女性というのは、自分の周りにオーラを放てる人なのですが、そのオーラは、実は作ることができるものです。まず、そうなりたいのであれば、職場での噂話には乗らないことです。
別格な女性は、いつでもマイペース。
周りの噂話に惑わされず、真実を見つめることができるものなんです。どんな小さなことでも気になって、「なになに?」と噂話に乗っているようでは、高嶺の花にはなれません。

これで高嶺の花!別格な女性になる方法②筆まめである

別格な女性は仕事でもプライベートでも、ちょっとした挨拶やお礼、お詫びなどを大切に考えているものです。

そんなときに、さすが!と思わせるのが手紙です。

いまの時代、お礼もお詫びもメール一本で済ませてしまうような人もいますが、本来相手への誠意を伝えるなら、きちんと相手に向き合い、言葉と態度を見せるものです。
そこに、手書きの手紙を付け加えることで、やはりあの人は違うね!と思わせることができるのです。

プライベートでも、大切にされる女性は、彼氏への手紙をそっとしたためます。
手紙というのは、メールよりも手間のかかるもの。
それをおろそかにしない姿勢が、別格な女性を作るのです。

これで高嶺の花!別格な女性になる方法③もてなし上手である

別格な女性は、おもてなしの場面でも実力を発揮します。

おもてなしの場面は、その人の人柄や家柄がでるものです。
なにも、気取ったものや高いものでもてなす、というのではありません。

例えば、会社の来客のために相手の好みに合わせて飲み物やお茶菓子を準備する。
好みをリサーチしてディナーを予約する。
海外からの来客なら、日本らしいものを置いてもてなす、などがあります。

自宅に来客があるときにも、季節の花を飾ったり、きちんとゲスト用のスリッパを用意したり…。と当たり前かもしれませんが、ゲストが喜ぶことを意識して、相手をもてなせるのが別格な女性なのです。

これで高嶺の花!別格な女性になる方法④生活感がない

別格な女性。高嶺の花な女性は、なにも才色兼備であるものとは限りません。ですが、身につけるものには、こだわりが必要ということを忘れないようにしたいものです。

着ているもの、髪の毛、持ち物などに品があり手入れが行き届いていることで、生活感を見せないのが別格な女性の証。

生活感はどこかに現れると、どんなに高価な服を着てもぬぐえないものです。
生活感や疲れた感じを見せず、持ち物を大切に扱う。丁寧にメンテナンスして長く愛用することができる心構えこそが、別格な女性のオーラを作るのです。


いかがでしたでしょうか?

「高嶺の花」と言われる女性というのは自分のこだわりを大切にし、相手が喜ぶことを先回りしてできる女性です。会社でもプライベートでも大切にされる存在になるために、少しづつ自分磨きをするのはいかがでしょうか♪

トップへ戻る