絶対知っておきたい!上手なハンドケアの方法~スペシャルケアご紹介◎

この時期は何かと乾燥しますが、顔の乾燥対策はばっちりでもハンドケアは怠りがち…
そこで今回は上手なハンドケアの方法をご紹介いたします♪

『上手なハンドケアの方法』って?

手荒れの最大の原因は、熱いお湯や食器用洗剤で皮脂がとれてしまうこと。
皮脂の薄くなった手は、水分が蒸発して乾燥を引き起こすのでカサカサしてしまうんです。

実は手のシワも乾燥のせいなので、顔と同じくきちんと保湿すればふっくらとしてシワがなくなるんだそうですね。

そんなわけで上手なハンドケアのポイントをチェックしてみましょう。

ハンドケアの基本的なポイント


ハンドケアと言ってもいろんなものがありますよね。
アイテムを使ってケアするのもいいですが油断禁物!

実は日常的にしていることが意外と手荒れの原因になっていたりするんです。

まずは日常的なところからしっかり見直していきましょう♪

①ぬるま湯を使う


お湯ではなくぬるま湯で手を洗ってみて。
お湯の場合、皮脂が流されて手荒れの原因になることも。

だからと言って冷たい水でも血行が悪くなってしまって手荒れの原因に。
というわけでぬるま湯を使うのがベストなんです。

②化粧水で保水をしてから


ハンドクリームというのは基本的に肌の上からフタをするもの。
フタをすることで肌内部の水分を逃がさない効果や、外からの刺激を守ってくれる効果があります。

しかし、既に乾燥している人は内部の水分を守っても(既に不足しているので)意味がありません。

なので保水をきちんとしてからつけるのが大切なんですよ♪

③ハンドクリームは温めてから

10円玉大クリームを手のひらに乗せて、両手で包んで温めてから使いましょう!
それだけで浸透力や伸びが格段にアップしますよ。

④手洗い後にハンドクリームを


濡らした後はまずしっかりタオルドライが基本です。
水残しがあると乾燥のもとなので習慣にしましょう。

⑤お風呂の後は5分以内に

5分を過ぎると急激に保湿力が落ちていき、入浴前より保湿力が失われるそうです。
その前にハンドクリームで保湿をキープすることが大切。

⑥紫外線対策もしっかりと

意外と忘れがちなのが手の紫外線対策です。
水分不足で弾力を失った肌は、皮膚の真皮まで紫外線を通してしまいシミの原因にもつながるので注意が必要です!!

日焼け止めをしっかり塗っておきましょうね。

ついでにできる「ながらケア」

①洗い物をしながら


ハンドクリームやオリーブオイルを少し多めに塗って布製の手袋をし、その上からゴム手袋をします。

これで洗い物をすると、食器を洗うときのお湯のスチーム効果でクリームが肌の奥まで浸透しツルツルになります。

②外出しながら


ハンドクリームをしっかり塗って手袋をするだけ。
歩きながらでもできる超簡単保湿ケアだから、忙しい方でも続けられそうです。

③寝ながら


ハンドクリームをしっかり塗って手袋をしてから寝るだけ!
夏だと蒸れたり無意識に剥ぎ取ったりするので効果減なんですが、寒い季節には良さそうです。

④オフィスにいながら


ハンドクリームをしっかり塗って指先にガーゼかティッシュペーパーを巻きつけます。
その上から指サックをかぶせれば、フィンガーパックの出来上がりです。

⑤手袋をつけるのが嫌な人は


いつものハンドクリームにオイルをプラスすると、伸びがよくなるだけでなく、油膜を作るのでうるおいを逃しません。

なので手袋をつけるのが嫌な人はこうするのも良さそうですね。

乾燥がひどいときのスペシャルケア


これめちゃめちゃしっとりするみたいなので乾燥がひどい時にオススメ!

①指先乾燥・ささくれにはぬるま湯パック

ぬるま湯にハンドクリームを溶かします。
そこに数分間、指先を浸けておきましょう。

これだけで指先がかなりしっとりしてくれますよ!

②全体的に乾燥がひどいとき

手の甲にティッシュを乗せ、しずくが滴るほど化粧水をかけます。
その上からビニール袋をし、手首をゴムで留めて、約5分パックしましょう!

あまり長くやりすぎると、逆に水分が奪われるので注意です。


いかがでしたでしょうか?
上手なハンドケアの方法のご紹介でした♪
どんなに綺麗な女性でも手がガサガサだとマイナスイメージに…
顔の肌と同じくらいハンドケアもしっかり行うのが素敵な大人女子です♪

トップへ戻る