服をかけるだけじゃない!おしゃれで便利なハンガーの活用術まとめ★

みなさんは家の中に何本も使っていないハンガーはありませんか?
実はハンガーって服をかける以外にもたくさん方法があるんです!
今回はおしゃれにハンガーを使える活用術をご紹介していきます。


服をかけるだけじゃない!活用術で便利なものに大変身♡


ハンガーは服をかけたり、服や物を干したりするためのものですが、余ったハンガーはどうしていますか?

クローゼットの中のハンガーをおしゃれなものに統一しようと、新たに買い揃えると、今まで使っていたハンガーが余ってしまいます。
新たに買わなくても、クリーニングに出すたびに、どんどん溜まっていくハンガー。
そんな不要になってしまったハンガーは、捨てている人も多いと思いますが、そのハンガー、おしゃれにリメイクできるんです♪

例えば、ワイヤーハンガーならカットして好きな形に変形させたりすることで、ホルダーとして使えます。
また、木製のハンガーも、S字フックなどを取り付けることで洋服以外のものもかけられる優秀な収納グッズになるんですよ♡

では、さっそくハンガーの活用術を見ていきましょう!

ハンガーの活用術①雑誌の収納に


www.improvisedlife.com

読みかけの雑誌や本を、今読んでいるページにしおりをするようにハンガーにかければさっと続きが読めます。
表紙がおしゃれなものならば、壁にかけておくだけでインテリアとしても使えて一石二鳥♪
すぐに真似できるハンガーの活用術です♡

一つだけだと、いかにも「ハンガーに引っ掛けています」といった雰囲気になってしまうので、バランスを考えながらいくつか配置するとおしゃれですよ。
雑誌だけでなく、英字新聞などもおすすめです。

また、何でもいいから不要なハンガーを使うのではなく、部屋のインテリアに合わせてハンガーのデザインにこだわると、ハンガーがおしゃれなインテリアのアイテムに早変わりします。
モノトーンの部屋だとスチールハンガーがおすすめです。ナチュラルテイストの部屋には木製のハンガーがステキ♡自分の部屋に合ったものをチョイスしましょう。

ハンガーの活用術②ブーツの収納に


www.simplify-organize.com

ブーツは、シューズボックスの中にぎゅうぎゅうに詰めるなど収納方法が良くないと、湿気の逃げ場がなくカビの原因となります。
また、ブーツに折り目がついてしまったり、ブーツ同士が擦れて傷になったり、履こうと思って出した時に使えない状態になってしまっていることも…

そこで、ブーツの収納に役立つのがハンガーなんです!
床置きすると、倒れてしまうなど悩みが多いブーツ類の収納は、パンツをかけるのに使えるクリップ付きのハンガーを使えば、形を崩すことなく収納できます。浮かせているので、通気性もいいですね。

クリップ付きのハンガーのほかにも、ワイヤーハンガーだと両脇を上側に曲げることで、靴が引っ掛けられる便利なハンガーの活用術です♡

ブーツは普通に置いて収納すると、かんり場所を取ってしまいます。でも、ハンガーを使って吊るせば、収納場所にも余裕ができそうです。
ハンガーを布やボタンでデコしてかわいくDIYすると、見た目もおしゃれで、愛着を持って使えますね。

ハンガーの活用術③メガネやサングラスかけに


www.sfgirlbybay.com

メガネやサングラスなどアイウェアがたくさんある人は、収納方法に困りませんか?
専用のコレクションケースを買うほどこだわっているわけではない、という時におすすめなのが、ハンガーにかけて収納する活用術♪
鏡の横にかけておけば、メイクの仕上げにさっとかけて、すぐにお出かけできますし、一人暮らしなら玄関にかけておくのもおすすめです。

インテリアに合ったハンガーを選ぶことが大切ですが、ちょうどいいものが無いときにはハンガーをおしゃれにDIYしませんか?
木製のハンガーにロゴスタンプを押すと、画像のようなハンガーに仕上がりますよ♡

ハンガーにメガネやサングラスをかけるのも、適当に並べるのではなく、フレームがグラデーションになるように並べるなど、キレイに並べることでおしゃれ感がアップします。
お気に入りのアイテムを見せる収納で、インテリアの一部にしてしまいましょう♪

ハンガーの活用術④アクセサリー収納に


www.buzzfeed.com

アクセサリーをたくさん持っていると、きちんと収納しないとゴチャゴチャしてしまいますよね。
ネックレスやブレスレットなど、ゴチャゴチャしがちなアクセサリー類も、ハンガーに金具を取り付けて1箇所にまとめましょう♪

ハンガーにフックを付ければ、1つのハンガーにたくさんのアクセサリーを収納することができます。小さいフックをたくさん付けたり、S字フックなど、アクセサリーの種類や大きさに合わせて、いろいろなフックを使い分けるのがキレイにまとめるコツです。

このようにアクセサリーを収納すると、何本ものネックレスやブレスレットも絡まることがなく、使うときに困りません。
また、どれを使うか選ぶときも、全部のアクセサリーを見ることができるので、選びやすいですよね。
コーディネートを考えるのが楽しくなりそう♪

アクセサリーの定位置を決めたい人におすすめのハンガーの活用術です。
空間を有効活用する際にも、ぜひ取り入れたい方法です。

ハンガーの活用術⑤タオルかけに


www.stylemotivation.com

木製ハンガーやプラスチックハンガーの上下をひっくり返すと、タオル掛けにだってなるんです。
大小2つのタオルがかけられて、バスルームに一つつけておくと便利なハンガーの活用術になります◎

ワイヤーハンガーだと、上下をひっくり返さないで丸く形を変えるだけで、タオル掛けに変身します。
リボンや麻ヒモなどでワイヤーをくるんだり、飾りをつけたりDIYでハンガーに見えない工夫をすると、おしゃれなタオル掛けになりますよ。

ハンガーの活用術⑥アートや写真を飾って


www.bobvila.com

旅先で撮った写真をプリントアウトしたものや、お気に入りのポストカード、雑誌の切り抜きなどをハンガーにクリップで留めて壁にかければおしゃれなウォールアートの出来上がり♡

フォトフレームよりも場所を取らないですし、飾っている写真やポストカードなどに飽きたら気軽に他のものに付け変えられるのも魅力です。
簡単に付け変えることができるので、月ごとや季節ごとに飾るものを変えて、いろいろな雰囲気を楽しむのもおすすめです。

また、木製のパンツハンガーも同じように写真を留めて飾ることができますよ。
雑誌の切り抜きや、大きいサイズの写真やアートなどを飾るなら、パンツハンガーがおすすめです。

もっとたくさんいろいろ飾りたいな〜と思っていた人は、ぜひこのハンガーの活用術を試してみてくださいね!

ハンガーの活用術⑦タブレットスタンドに


ワイヤーハンガーを折り曲げて作れるスタンドタブレットになる、ハンガー活用術。

立てかけてベッドサイドで映画鑑賞だってできてしまいます。
小さめサイズを作ればスマホ・タブレットとそれぞれのスタンドがプチプラで作れて嬉しいですね!

タブレットスタンドは購入すると意外と高いですし、ワイヤーハンガーが余っているならとりあえず作ってみる、というのも良いかもしれませんね。

また、タブレットスタンド以外にも、書見台としても使えます。
パソコンの入力作業や、キッチンで料理の本を置くなど、いろいろな使い方ができます。
おしゃれ……というわけではありませんが、実用的なものなのですし、簡単に作れて「ハンガーDIY入門編」といったところでしょうか♪

ハンガーの活用術⑧バナナスタンドにも


タブレットスタンドに続いてご紹介する、ハンガーの活用術はバナナスタンドです。

バナナは果肉が柔らかいので、テーブルなどにそのまま置いておくと、接触した部分が黒ずみはじめて傷みやすくなってしまいます。
実際に、数日置いておいただけで黒くなってしまった、という経験のある人も多いのではないでしょうか。

物と接触しないように保管して、バナナが傷むのを防止するのが「バナナスタンド」なんです。
一人暮らしなので全部食べ切るまでに日数がかかる、という人はバナナスタンドを使って保管すると、最後まで美味しく食べることができますよ♪

バナナを日常的に買うわけではない人の場合は特に、市販のバナナスタンドを買うのも勿体ないと思います。ワイヤーハンガーをDIYしてバナナスタンドを作りませんか?
スチールハンガーだとシンプルなキッチンにピッタリですし、ワイヤーハンガーはいろいろな色があるので、他のアイテムに合わせて色を選ぶと統一感があっておしゃれです。

ハンガーの活用術⑨玄関の傘掛けに


玄関をおしゃれに、そしてキレイにまとめたい、と思った時に一番置き場所に悩むのが傘ではありませんか?

実はこんなところにもハンガーの活用術があるんです。
ハンガーを使うことによって、シンプルにコンパクトに傘を収納することができますよ♡

使い方は簡単で、木製のハンガーに傘をかけて収納する、ただそれだけです。
特に形を変形させる必要がないのですが、その分ハンガーっぽさが残ってしまいますので、そこがセンスとDIYの腕の見せ所です。

スタンプやシールなどを使って、外国のアンティークなハンガーに見えるようにするのもステキです。
また、もともとアンティーク仕上げになっている木製ハンガーを使うのもおすすめです。


いかがでしたでしょうか?
おしゃれなハンガーの活用術のご紹介でした♡
服をかける以外にもこんなにたくさんの活用方法があるなんて驚きですよね。
余ったハンガーは捨ててしまわないでかしこく使ってもっと生活を豊かにしていきましょう♪

トップへ戻る