ニット類の正しい毛玉のとり方&防止方法のご紹介!時短で簡単デス♪

冬のファッションといえばニット!
しかしどんなに可愛いニットでも毛玉だらけじゃみすぼらしい印象に…
そこで今回は時短&簡単な毛玉のとり方と、防止方法をご紹介していきます♪

お気に入りの服に毛玉がたくさん…

セーターやカーディガンの毛玉は着るたび・洗うたびに毛玉が増えていきますよね。

毛玉がある服は汚く見えてしまうから着たくない、でもニットは着たい。
そんなあなたにおすすめの『毛玉のとり方』をまとめてみました!

これで冬の悩みの種も減り、いつでも綺麗なニットが着られるようになるはず◎

ご紹介するどの方法も、まず先に洋服の目立たない所で試してからやってみてくださいね。

キレイに毛玉をとる方法☆

▶スポンジ

片面がスポンジ、片面が鍋フライパン汚れを落とすためのナイロンたわしになっているスポンジを用意しましょう。

やり方は簡単!
ナイロンたわしになっている硬い面で毛玉になった部分を優しくこするだけ。

あまり力を入れすぎると生地を痛める可能性があるので、決して力を入れて押し付けるのではなく、あくまで優しく表面をなでるだけでOK。

▶T字カミソリ

一般的なT字のカミソリ。
アイロン台やテーブルを使って、毛を剃る時と同じように優しくなでましょう。

何度も同じ場所をこすったりすると、必要以上にお洋服の繊維を刈り取ってしまいます。

生地を傷めないよう注意してくださいね!

▶︎毛玉取り機


毛玉がある箇所を片手で押さえて、くるくると優しく回すだけ。
電動なので簡単であっという間にとれちゃいます!

掃除機のようにとれた毛玉が中に溜まるので、量を確認しながらできますよ。

この場合も、洋服の同じ箇所をこすり続けていると生地が薄くなったり穴が開く原因になりますので注意してくださいね。

▶︎毛玉取りブラシ

View this post on Instagram

erihoさん(@erihohoho)がシェアした投稿

毛玉取り用のブラシを使う際も、アイロン台の上など平らになる場所でとるようにしましょう◎

優しく撫でるようにブラシをかけると上手くとれるはずですよ!

事前に毛玉を防ぐ方法☆

①着用後に洋服用ブラシをかける

毛玉ができやすい衣類を着たあとは、必ず洋服用ブラシで繊維の毛並みを整えて置くのがベスト!

一定方向に力を入れすぎないように優しくやることがポイントです。
方向関係なくブラッシングすると、繊維が絡まって毛玉ができやすくなってしまうので注意してくださいね!

②自宅でニット類の洗濯はしない

基本的にニット類は自宅で洗濯せずにクリーニングに持っていくのが良いです。

持っていく時間がない場合は、
ニットを裏返しにしてぴったり入るサイズの洗濯ネットに入れ、ドライコースで洗濯しましょう!

先に軽く手洗いしてから洗濯すると時短になりますよ。

③連続で着用しない


ニットを連続で着用すると摩擦による毛羽も増えて、毛玉ができやすくなります。

特にお気に入りのニットは連続で着てしまいがちですが、できるだけ日をあけて着用するだけで毛球を防ぐことができるみたいなので試してみてください◎

これで毛玉がスッキリ取れるはず☆

毛玉のとり方&防止方法のご紹介でした♪
まずは毛玉ができにくいように工夫をしてみましょう!!
毛玉があるのとないのとじゃニットの印象が全然違うのでとっても大切です。
是非参考にしてみてくださいね。

トップへ戻る