暖房をつけても暖まらない…その寒さ《コールドドラフト》かも!?原因&対策法

暖房をつけてるハズなのになかなか部屋が暖まらないことってありますよね。
それ「コールドドラフト」かもしれません!!
今回はそんなコールドドラフトの原因&対策法のご紹介です♪

コールドドラフト対策してる?

暖房の効いたお部屋。
ぽかぽかのはずなのに、足元だけがなんだかヒンヤリ……なんて経験ありませんか?

すきま風のせいでスースーするのかな?と思っていた方もいらっしゃるはずですが、実はこれって「コールドドラフト」が原因だったりするんです。

これさえ知っておけば、いつもの冬が2倍も3倍も快適になっちゃうかも♪

意外と知らないコールドドラフト対策についてまとめてみました!

そもそもコールドドラフトって?


暖房をつけているのに、ひんやりスースーする「コールドドラフト」。

これは、窓のそばで冷やされた空気の固まりが暖房にあたって下降気流となり、部屋を駆け抜ける現象のことなんです。

コールドドラフト対策をしよう!

コールドドラフトを防ぐためには、とにかく窓際のケアを行うこと。 ポイントを抑え、効率よく部屋を暖めましょう!

①窓下にボードを設置する

View this post on Instagram

Kazui Wakasugiさん(@kazuiwakasugi)がシェアした投稿

コールドドラフトを防ぐには、まず窓のすぐ下に冷気を遮断する効果のあるボードを置くこと。

結露も防げるため、お掃除の手間も省けちゃいます♪

自分で手作りすることもできますが、市販のものもあるのでチェックしてみてください。

②断熱シートを貼る

View this post on Instagram

浅井歯科醫院さん(@asai.dental.clinic)がシェアした投稿

窓に断熱シートを貼ることも立派なコールドドラフト対策。

トップへ戻る