キレイな人ほど履いている♡ティーショーツはメリットだらけなんです!

キレイな人ほど愛用者が多いという”ティーショーツ”。
お尻への食い込みが気になる。と避ける方も多いかと思います。
しかし、それ以上にティーショーツはメリットだらけなんだとか!
そこで今回は、ティーショーツを履くことによるメリット・デメリットについて詳しくご紹介していきます♪

ティーショーツとは?

ティーショーツとは、“Tバック”や“セクシー下着”ともいわれている下着の一種で、お尻部分が食い込むように作られているパンツのことです。

多くの女性が手に取っているのですが、独特な形であることから着用することをためらってしまう女性もいますよね。

セクシーといったイメージも強いので、普段使いよりは勝負下着として用意している女性もいるそうですが、普段から着用することでさまざまなメリットを得られると愛用する女性が急増しているんです。

ティーショーツのどこに女性を魅了させるのか気になりますよね。
ティーショーツを履くことによるメリット、デメリットを詳しく見ていきましょう。

ティーショーツを履くメリット①ショーツラインが出ず、後ろ姿が綺麗

普段からティーショーツを履くメリットとして一番に挙げられるのが、ショーツラインが響かないということです。

一般的なショーツの場合は、ゴムの締め付けによってお尻を2段に分けてしまうので、スキニーパンツなどのラインが分かりやすい服装をしたときにだらしなく見えてしまいます。
しかし、ティーショーツであれば締め付けによってお尻を覆うものがないので、綺麗なヒップラインをそのまま見せることができるんです。

女性らしい丸みのあるヒップラインを維持できることで、見られてる後ろ姿も美しくなり、自分に自信をつけることができるはず。
ショーツラインが気にならなくなれば、おしゃれの幅ももっと広げることができますよ!

ティーショーツを履くメリット②締め付け感がなく、開放的である

生地の面積が少ないティーショーツは、慣れてしまえば開放的な履き心地であることもメリットの一つです。

下着による締め付けは、血液やリンパの流れを悪くすることに繋がるので、むくみを引き起こす原因になることがあります。
そのままにしておくと、老廃物や脂肪が溜まりやすい身体になってしまいますし、厄介なセルライトを作ってしまう可能性も……!

しかし、通常の下着よりゴムによる締め付けがないティーショーツを普段から履いていれば、血流やリンパのスムーズな流れを維持することができ、セルライト防止の効果も期待できるんですよ♪

中には、ティーショーツを履いていることを忘れてしまう女性もいるほどの軽い履き心地なので、締め付け感や窮屈感がなく、ストレスフリーを実現してくれます。

ティーショーツを履くメリット③ムレ防止で清潔さを保てる

解放感がある=通気性がいいこともティーショーツを履くメリットです。
通常のショーツは、ティーショーツよりも布の面積が多いので、どうしてもムレやすくなってしまうのがデメリット。

ムレたまま長時間過ごしてしまうと、菌が繁殖して痒みの原因になったり、お尻ニキビの原因になったりしてしまうんです。
また、ニオイの原因になることもあるので、これでは悪循環の繰り返しになってしまいます。

それに比べて必要なところだけをカバーしてくれるティーショーツは、あらゆるトラブルの原因や悩みを解決してくれるんですよ。

清潔さを保ちたい女性や、ムレが気になる女性の救世主にもなってくれるはず!

ティーショーツを履くメリット④ヒップアップ効果が期待できる

意外なメリットかもしれませんが、ティーショーツを履くことでヒップアップ効果が期待できるというメリットもあるんです!

ティーショーツは通常のショーツのようにお尻を支える布部分がないので、自然とお尻へ意識が向いてしまいます。
引き上げられている感じがしないことから、自分自身で無意識に力を入れることがあるそうで、いつの間にかヒップアップ効果を感じられるそう。

また、ティーショーツを着用したときに、お尻の割れ目あたりにある次髎(じりょう)というヒップアップのツボを自然に刺激することができるのも関係していると考えられています。

このツボを刺激することによって、血液やリンパの流れがよくなるともいわれているので、むくみ解消や老廃物の排出など、デトックス効果も期待できるそうですよ♪
冷えや生理痛の緩和にも役立ってくれるそうなので、ティーショーツを履くことで自動的に刺激できるのは嬉しいポイントですね!

ティーショーツを履くメリット⑤美意識が高くなる

ティーショーツにはセクシーなイメージが強いように、実際に履くことで気持ちまでセクシーになった気分を感じさせてくれます。

また、スカートやパンツは履いていても、慣れないティーショーツによって周りの視線を意識してしまうことから、「綺麗に見られたい」という強い気持ちが生まれ、美意識を高めることができるんです♡

下着を変えるだけで自分磨きのスイッチを押してくれるので、気持ちや形から入りたい女性にぴったりなアイテム。
ティーショーツにはワンランク上の色っぽいデザインが多いので、自分の気持ちを高めてくれるデザインを見つけやすいのも嬉しいポイントです!

また、脱いでも大丈夫なように常にムダ毛の処理を意識するようになります。
普段であればちょっとくらいなら後回しにしてしまうことも、優先的に行うようになるので、周りからは見えないところまで手が行き届いている、素敵な女性になるかも♪

ティーショーツを履くデメリットとは?

メリットがたくさんあるティーショーツですが、反対にティーショーツを履くデメリットも気になりますよね。
ティーショーツを履くデメリットとして挙げられるのは、次の3つくらいです。

慣れるまで食い込みやムズムズ感が気になる
今まで着用してきたショーツとは正反対ともいえるデザインなので、最初は食い込みやムズムズ感が気になってしまうのも仕方のないことです。
履いて慣れていけば、気にならなくなる女性が多いですよ。

・冬場が寒い
夏は快適なティーショーツですが、布の面積が少ないので冬場は寒さを感じてしまいます。
冷えは身体によくないので、冬場もティーショーツを履くのであればお尻周りも暖かくなるようなコーデにする必要があります。
厚手のタイツや、毛糸のパンツを活用することがおすすめです。

・生理中やおりものが大変
ティーショーツを履いていて何よりも困ってしまうのが、生理中のときです。
量が少ないときや、おりものくらいであれば、ティーショーツ専用のナプキンでいいのですが、最初の1~3日ほどは量が多い女性もいると思うので、そのときだけは生理用ショーツに変えておくと安心ですよ。

デメリットを解決してティーショーツを愛用しよう

ティーショーツを履いてみたい、けれどデメリットも気になる……というようであれば、デメリットを解決すればいいだけの話です。

食い込みやムズムズ感が気になるようであれば、少し大きめのティーショーツを選ぶようにしてみてください。
そうすることで食い込む部分にゆとりを持たせることができ、肌への擦れを軽減することが期待できます。

また、露出の多さによる難易度が高いようであれば、ティーショーツの中でも初心者に優しい「チーキータイプ」や「タンガタイプ」のものを選んでみましょう。

チーキーであれば半分だけお尻が隠れるようになっていますし、タンガであればフロントとバックがどちらもV字型にカットされているので、ヒモ状のティーショーツよりも履きやすいですよ♡


いかがでしたでしょうか?
ティーショーツがこんなにもメリットだらけだったとは驚きですよね♪
寝るときやお家にいるときなど使い処を自分で決めて使用してみるのもおすすめです!
ハーフタイプのティーショーツもあるので抵抗がある方はまずそちらから挑戦してみてください♪
トップへ戻る