丸顔脱出!~丸顔に効果的なハイライトの入れ方術~

顔が丸いのが悩み、、という女性の方は少なくないはずです。でもその丸顔、効果的にハイライトを入れることで大人っぽく、シャープにみせることができるんです!
今回は、丸顔さんの雰囲気を変えるハイライトの入れ方紹介になります。

丸顔とは?特徴や見分けるポイント♡

人の輪郭はそれぞれ違いますが、その顔の形によって相手に与える印象なども変わってきます。
今回ご紹介する丸顔さんは、丸みのあるフェイスラインが特徴なので「女性らしい」「可愛らしい」「童顔」といったイメージを持たれることが多いのではないでしょうか。

可愛いといわれれば嬉しいのですが、その一方で子供っぽく見えたり、太って見えたりすることもあるので、コンプレックスに感じている女性も少なくないようです。

このような悩みをカバーしたいときにおすすめなのが、ハイライトを使ったメイク術!
ハイライトにより光を操ることで、丸顔さんを理想的な顔型に近づけ、美人な雰囲気が漂う仕上がりを目指すことができるんですよ。

理想の顔型は“たまご型”と呼ばれていて、縦と横の割合が1:1で卵のような美しいフェイスラインが特徴です。
丸顔さんは、眉から顎先の長さと、口を軸にした横の幅が2:3になるようなので、ハイライトの入れ方を意識しながら理想の顔型に近づけていきましょう。

丸顔さんにおすすめのハイライトとは?

ハイライトの入れ方で理想的な顔型に見せるためには、丸顔の特徴である横幅をカバーできるように縦を意識して入れることがポイント♪

明るい膨張色でできているハイライトは、塗った部分に光を集めて立体的に見せてくれるので、明るく見せたいところや高く見せたいところ、広く見せたいところに塗ることでフェイスラインの丸みをさり気なくカバーすることができます。

つまり、丸顔さんは縦を意識することで、塗った場所が高く見えるのでシャープな印象に仕上がることができるというワケなんです。

それでは早速、パーツ別に丸顔さんのハイライトの入れ方を見ていきましょう。

丸顔さんのハイライトの入れ方①Tゾーン

縦を意識しながら、まずはTゾーンのハイライトの入れ方をご紹介いたします。

《丸顔さんのハイライトの入れ方!Tゾーン編》
①おでこのハイライトは横に広げず、丸く入れます。
②そのまま鼻筋に繋げるようにスッと入れ、鼻先にはつけないようにしましょう。

ハイライトを広く入れればそれだけ光を集めてしまうので、顔が大きく見えてしまいます。
おでこに入れるハイライトは、眉頭の間の少し上にふんわり乗せるくらいでOK♡

また、鼻先までハイライトを入れてしまうと鼻がテカっているように見えてしまうので注意しましょう。

丸顔さんのハイライトの入れ方②目の下の三角ゾーン

Tゾーンの入れ方が分かったら、次は目の下の三角ゾーンです。
ここにハイライトを入れることで、目元の印象が明るくなり、フレッシュな印象を与えることができますよ。

《丸顔さんのハイライトの入れ方!目の下、三角ゾーン編》
①目頭側の目の下に逆三角形を意識して入れます。
②このとき、縦長になるようにハイライトの先を小鼻近くまで伸ばしましょう。

一般的なハイライトの入れ方であれば、目の下に逆三角形をちょこんと塗るイメージですが、丸顔さんはとにかく縦を意識!
顔の中心が高くなり、Tゾーンに加えてよりメリハリをつけることができます。

丸顔さんのハイライトの入れ方③あご先

最後のポイントになるハイライトは、あご先です。
あご先に少しだけ入れることで、顔の立体感が増すだけでなく、唇もふっくらして見えるので、魅力的な口元が演出できます。

《丸顔さんのハイライトの入れ方!あご先編》
丸顔さんがあご先にハイライトを入れる場合は、あごの丸みに合わせて入れるのではなく、縦にサッと入れてみましょう。

縦の楕円形をイメージすると入れやすいですよ。
また唇の下のくぼみは避け、丸みのあるところからフェイスラインに向かって塗るのもポイントです。

広範囲に入れてしまわないよう、太めのブラシは避け、細めのブラシや指の腹を使って入れるようにしてみてくださいね。

ハイライトの選び方や入れ方のポイント&注意点!

丸顔さんにおすすめのハイライトの入れ方をパーツごとにご紹介しましたが、色の選び方や入れるときにもポイントがあります。

《ハイライトカラーの選び方》
・メリハリのある仕上がりを目指したいときは、白いハイライト
・くすみを飛ばしたいときは、ピンクやイエロー系のハイライト
・透明感を増したいときは、ブルーやラベンダー系のハイライト

ハイライトといっても最近ではカラータイプも多いので、理想の仕上がりに合わせて選ぶようにしてみてください。

《ハイライトタイプの選び方》
ハイライトにはカラーだけでなく、パウダータイプやクリームタイプもありますよね。
立体感を強調するのであれば、ツヤ感のあるクリームタイプがおすすめです。
また、ナチュラルに仕上げたいときはパウダータイプにするといいですよ。

《ハイライトを入れるときのポイント》
あご先のハイライトの入れ方でもご紹介したように、広範囲に入れすぎると顔が大きく見えてしまうので注意が必要です。
Tゾーンや目の下の三角ゾーンでも同じなので、入れ過ぎないように指の腹を使ってポンポンと馴染ませていくのがおすすめですよ。
パウダータイプであれば、なるべく細めのブラシを用意してみてくださいね。

【番外編】ハイライトの入れ方だけじゃない!丸顔さんのメイクポイント。

ハイライトの入れ方を意識するだけで、丸顔の印象を軽減することができます。
しかし、他のメイクポイントも意識することで、よりシャープで立体感のある美人顔に近づくことができますよ。

ハイライトと一緒に意識したいのが、チークとシェーディングです。
チークの入れ方によっても印象を変えられますし、シェーディングを入れることで丸顔のフェイスラインをすっきり見せ、小顔効果も期待することができます。

《丸顔さん向け!チークの入れ方》
①笑ったときに頬が一番高くなったところを中心に、内側から外側へ入れます。
②このときも縦の長さを意識し、頬骨から目尻くらいまで上げるようなイメージでサッとのせてみましょう。
肌に馴染むベージュ系やコーラル系のチークがおすすめです。

《丸顔さん向け!シェーディングの入れ方》
①肌の色よりもワントーン暗いシェーディングを用意します。
②思い切って顔の側面を削るようなイメージで、こめかみより少し上の位置からエラあたりまで薄く入れてみてください。
シェーディングによってフェイスラインの丸みを削ることができますが、濃く塗りすぎて不自然にならないように注意してくださいね。

【番外編】ハイライトの入れ方だけじゃない!丸顔さんに似合う髪型のポイント

ハイライトやチーク、シェーディングの入れ方に加えて、髪型を意識することも丸顔をカバーする効果的なテクニックの一つです。

丸顔さんは縦ラインを意識することがポイントなので、髪型も縦を意識してみましょう。
簡単な方法は、前髪にひと手間加えること!

センターパート、もしくは7:3くらいに分けた前髪を斜めに流してみてください。
おでこを出すことで横幅よりも縦ラインが強調されます。

おでこを出すことが恥ずかしいようであれば、トップにボリュームを出したアレンジで長さを出すことがおすすめです。


いかがでしたでしょうか?
丸顔さんは、ハイライトを入れるとき縦を意識することで塗った部分が高くなり、フェイスラインをシャープに見せることができるんです♪
丸顔に悩んでる方は是非参考にしてみてくださいね。
トップへ戻る