暗い場所でも映える夜メイクのポイント☆昼と夜のメリハリが大事!

昼のメイクのままで夜もおでかけしているみなさん、夜のデートや女子会を楽しむときは、暗い場所でも映えるメイクに仕上げるのがオススメです♪
そこで今回は夜のメイクのポイントをご紹介いたします。

大人女子の夜メイクは暗い場所でも映えるメイクへ♪


仕事終わりはデートや女子会、合コンなど、さまざまなシチュエーションがあるかと思いますが、共通することは夜だということ!

外の灯りや室内の照明によって空間がガラリと変わる夜は、相手に与える印象も大きく変わってきます。

昼間は自然光に溶け込むようなナチュラルメイクが好まれていますが、昼メイクのまま夜の街に出るのは要注意!
夜はお店などの光があったとしても昼に比べると暗いので、顔全体の印象がぼやけたり顔のくすみが目立ったりしてしまうことがあるんです。

夜メイクのコツを上手に抑えることができれば、暗い場所でも映えるメイクにすることができ、気になる相手の記憶に残すことも期待できます。
夜の暗さは人間の瞳孔を開かせて、恋愛をスタートさせるムードを盛り上げる効果もあるそうなので、大人女子の夜メイクをマスターしましょう。

暗い場所でも映える大人女子の夜メイクポイント①ベースはワントーン明るめを意識


まずはベースメイクから夜メイクのポイントを見ていきましょう!

光が少なく、暗い場所が多い夜は、“ワントーン明るめのセミマット、もしくはマット肌”を意識してみてください。

明るすぎると顔だけが浮いてしまうので注意が必要ですが、暗すぎるのも顔色を悪く見せてしまいます。
ワントーン明るいものであれば、本来の肌色になじみながら薄暗い場所でも自然な明るい肌に見せることができますよ。

そして、大人女子の夜メイクではベースのツヤ感を控えるというのもポイントのひとつ♪
後ほど華やかさをプラスするハイライトを仕込むので、ベースまでツヤ感を出してしまうと照明が当たることによってテカって見えてしまうことがあります。

セミマットやマットのほうが陶器のようななめらかな肌に仕上げることができるので、たっぷりとスキンケアアイテムで保湿した後、ワントーン明るめのマット肌を意識してベースを仕上げてみてください。

暗い場所でも映える大人女子の夜メイクポイント②ラメ入りシャドウをオン

大人女子が夜メイクをする上で最も意識したいパーツといっても過言ではないのが、アイメイクです。
暗い場所でも映える目元に仕上げて魅力を底上げしていきましょう。アイシャドウを乗せるときは、まずベージュシャドウなどをアイホールになじませてまぶたのくすみを飛ばします。
メインとなるアイシャドウは、ラメ感を強めに出してみて♪

ゴールド系のラメ入りシャドウを使うと華やかに決めることができます。
肌なじみのいいブラウン系を使う場合も、繊細な煌めきがあったほうが上品に決めることができますよ。

ラメ入りシャドウが苦手なのであれば、バーガンディやボルドーのアイシャドウで色みをプラスしながら、色っぽく仕上げてみてください。

暗い場所でも映える大人女子の夜メイクポイント③アイラインやマスカラも盛る


暗い場所での夜メイクなら、大人女子もアイラインやマスカラを昼メイクより少し濃くてOK♡

アイラインは、まつ毛の隙間を埋めるように引いていき、目尻よりも先へ少しオーバーにはみ出してみましょう。
クールに決めるなら跳ね上げて、可愛く決めるなら下げ気味で描くといいですよ。マスカラも、ロングライプやボリュームタイプを2回ほど塗り重ねて、印象に残る目元へ仕上げます。
そのためには、マスカラも大切ですがビューラーで根本からしっかり持ち上げておくことも大切ですよ。

根本、中心、毛先の3段階に分けて、カールさせてみてくださいね。

暗い場所でも映える大人女子の夜メイクポイント④チークは黒目よりも外側へ


夜メイクでもチークは自然な血色感を演出できるもので大丈夫です。

大人女子の色選びのポイントとしては、ふんわりしたチークよりも、オレンジみのあるチークのほうがおすすめ♪
落ち着いたトーンのオレンジチークであれば、大人の血色感を与えながらフェイスラインを引き締めたように見せてくれます。また、頬の一番高い位置から、こめかみにむって楕円形に乗せることもポイント!
このとき、正面を見たときの黒目よりも外側からチークを入れたほうが大人っぽい印象に決めることができ、暗い場所でもさり気ない華やかさをプラスできます。

暗い場所でも映える大人女子の夜メイクポイント⑤光と影を意識する


光が少ない夜だからこそ、顔の立体感が失われてしまいがち……。

仕事終わりで疲れた大人女子ののっぺりした印象を解消するためには、光と影を意識するのも重要な夜メイクのポイントになりそうです。

暗いところではメイクで上手に光を集めるのが大切なので、ハイライト入れましょう。
おでこの真ん中、鼻すじ、Cゾーン、あご先に軽く入れて光を集めます。
あまり乗せすぎると、テカって見えてしまうこともあるので注意です。

シェーディングは、フェイスラインや頬骨の下あたり、鼻すじのサイドなどに入れると立体感を出しながら小顔効果も期待できますよ。

暗い場所でも映える大人女子の夜メイクポイント⑤深みのあるリップで強調


暗い場所でも映える大人女子の夜メイクの仕上げは、深みのある濃いめリップをオン!

昼メイクに人気のヌーディーカラーは、顔をぼやけて見せる可能性があるので、夜メイクでは控えたほうがいいかもしれません。

ボルドーやバーガンディなど、大人っぽく色っぽい色で引き締めてあげたほうが夜メイクも魅力的に仕上がりますよ。

マットタイプならクールに決めることができ、グロスなどでツヤ感を出せば暗い場所でも艶めく唇を演出できるので、好みに合わせてチョイスしてみてくださいね。

大人女子が暗い場所に映える夜メイクをするときに注意したいこと。


夜メイクをするときに注意したいことは、暗い場所だからといって全体的に濃くなりすぎないことです。

アイメイクもチークもリップメイクもすべてを濃くしてしまうと、大人女子を飛び越えておばさんっぽく見えてしまう可能性があるので注意が必要!

夜メイクの基本として、盛るのは目元と口元にすると決めておくとメイクもしやすくなりますよ。
ハイライトとシェーディングも使うので、最悪チークはなしでも◎

そして、夜メイクが仕上がったら客観的に確認できるように少し鏡から離れ、必ず顔全体を見て確認することを忘れないようにしてくださいね。

暗い場所でも映える大人女子の夜メイクコスメ①ADDICTION


onlineshop.addiction-beauty.com

ADDICTION(アディクション)の「ザ アイシャドウ 92 Mariage」は、大人女子の夜メイクにピッタリな煌めきアイシャドウとして人気があります。
濡れたように煌くシャンパンベージュなので、ゴールド系よりも控え目ですが、暗い場所でもきちんと華やかさを演出してくれますよ。

ADDICTION ザ アイシャドウ 92 Mariage

¥2,160

販売サイトをチェック

暗い場所でも映える大人女子の夜メイクコスメ②Visee


shops.aeonsquare.net

Visee AVANT(ヴィセ アヴァン)の「シングルアイカラー クリーミィ 106」は、きらめく
ダークボルドーのアイシャドウです。重ねることで濃密な発色を叶えてくれるので、暗い夜メイクではグラデーションで目元に奥行とゴージャス感を出すのもおすすめ♪
大人女子になりたい女子にぴったりのアイシャドウです。

Visee AVANT シングルアイカラー クリーミィ 106

¥864

販売サイトをチェック

暗い場所でも映える大人女子の夜メイクコスメ③Visee


www.kose.co.jp

Visee(ヴィセ)の「マットリップラッカー RO680」は、軽やかなタッチでマットな美発色をキープしてくれるリップカラーです。

濃く、深みのある色なので、暗い夜メイクでもしっかり映え、大人女子モードを叶えてくれますよ。
秋冬メイクにも取り入れやすいカラーです。

Visee マットリップラッカー RO680

¥2,018

販売サイトをチェック

暗い場所でも映える大人女子の夜メイクコスメ④KATE


www.amazon.co.jp

大人女子の夜メイクコスメとして最後におすすめするのは、KATE(ケイト)の「ディメンショナルルージュ RD-2」です。

ひと塗りなら透け感のある発色に、重ねることで見たままの発色を叶えることができるので暗い夜メイクでは重ね塗りが鉄則!
適度にツヤ感があるので、グロスがなくても大人っぽく艶やかな唇に仕上げられますよ。

KATE ディメンショナルルージュ RD-2

¥1,296

販売サイトをチェック


いかがでしたでしょうか?
大人女子のための夜メイク方法をご紹介しました♪
是非参考にして昼と夜でメイクを使い分け、いつでも魅力的なあなたでいてください♡

トップへ戻る