ある程度の放置が吉?体調不良の彼にとってはいけないNG行動4つ

彼から体調を崩しているとの連絡が…!
心配で今すぐ駆け付けたい。私が支えなきゃ。でもちょっと待って!
体調が悪い時だからこそ、余計な行動は慎まなくてはいけません。
今回は、体調不良の彼にとってはいけないNG行動4つをご紹介いたします。

体調不良の彼に対してのNG行動①お部屋を突撃訪問する


恋愛映画やドラマでよくみかける、彼が風邪をひいたと聞き、彼の家に突撃訪問をするシーン。

でもこれって、よくよく考えてみると、自分勝手な行動なのです。

彼は突然家に来られても片づけていないだろうし、放っておいてほしいと思っていたら、ただの迷惑に……。

とはいえ、彼が一人暮らしの場合は、何か買ってきてほしいと頼まれるかもしれません。
正式に彼からご依頼があったなら、献身的にサポートしてあげましょう♡

どうしても彼の家に行きたいなら、彼に確認をしてからにしましょう!

体調不良の彼に対してのNG行動②LINEを連続して送る

どんな体調不良も頑張りすぎが原因になっていることが多いですよね。
つまり体調を崩したときくらいは、ゆっくり寝てないと身体の調子も元には戻りません。

まさか彼がぐっすり寝ているときに、LINE(ライン)を連続して送っていませんよね?

もしたまたま通知音をオフにしていなかったら、あなたからLINEがくるたびに彼はびくっとして、いちいちチェックしなければいけません。

彼から「もう今晩は、ゆっくりするね」とメッセージが来たなら「もう放っておいてね、休ませてね」と言われているようなもの。

空気も読まずにスタンプやメッセージを連投しないように気をつけて♡

体調不良の彼に対してのNG行動③その日あった出来事を一方的に報告する

体調不良の度合いによっては、1週間会えない場合もあり得るでしょう。
その間、彼は仕事をしていても元々体調が優れていない状態ですから、週末くらいはゆっくり寝たいと思うはず。

そんな時、長期間会えないからといって、一方的に近況報告をするのはNG。
遠距離恋愛でない限り、彼の体調が治ったらその次の週末には会えるでしょう。

近況報告はそのときに聞いてもらうとして、今は彼の体調を優先すべし!

体調不良の彼に対しては放っておくのが一番!

彼が体調不良になったとき、彼女はどうしても「私が支えなきゃ」と思うもの。
一緒に住んでいれば介抱できますが、まだ別々に暮らしているなら、あえて放っておくのも愛情です!

彼には事前に「なにかしてほしいことがあったら、ちゃんと連絡して」とだけ伝えて、あとは彼のペースで休ませてあげましょう。

彼が少しでも楽に過ごせるように配慮してあげるのが、彼女の役目!独りよがりのサポートをして満足しちゃダメですよ♡


いかがでしたでしょうか?
体調が悪い時ほど相手の気持ちに立って行動するのが大事なのかもしれません。
心配でしょうがなくなってしまいますが、ある程度放置することで彼にはゆっくり寝てもらいエネルギーを充電してもらいましょう!
トップへ戻る