7つの「妊娠超初期症状」をセルフチェック!その体調の変化はサインかも

「妊娠超初期症状」には吐き気や熱っぽさなどが有名ですが、実はそれ以外にもあるのを知っていましたか?
今回は7つの妊娠超初期症状についてまとめました。もしかしたらその体調の変化は赤ちゃんがやってきたサインかも!

妊娠超初期症状を知ろう!

赤ちゃんを待ち望んでいる皆さん!

妊娠してすぐの「妊娠超初期症状」を知っていますか?

赤ちゃんを待ち望んでいる方は、ちょっとした体の変化が気にかかるものですよね。

今回はそんなお悩みを持った皆さんのために、妊娠超初期症状の具体例や、先輩ママ達の体験談をまとめてみました。

こうした妊娠超初期症状のサインをいち早く知ることで、お酒や薬を控えたりする目安にもできるかもしれませんね。

早速、妊娠超初期症状のそもそもの意味や身体にサインが現れる時期などを解説していきます。

目次

  • 妊娠超初期症状を知ろう!
  • 妊娠超初期症状とは
  • 「妊娠超初期症状」7つの具体的なサイン
  • 【サイン①】異様に眠くなる
  • 【サイン②】匂いに敏感になる
  • 【サイン③】体温が高い日が続く
  • 【サイン④】おりものの変化
  • 【サイン⑤】胸やお腹が張る
  • 【サイン⑥】頭痛
  • 【サイン⑦】トイレの回数が増える
  • 妊娠すると快便になる?
  • 「妊娠超初期症状」で知っておきたいこと・心構え
  • 妊娠超初期症状を感じたら

妊娠超初期症状とは

妊娠超初期症状とは、生理予定日前から感じる、普段とは違う体調変化のことを指します。

妊娠による体の変化というのは、基本的に生理予定日の後の一週間ぐらいで出てきます。

この身体に現れるサインを「妊娠初期症状」と言うのですが、生理予定日の前にいつもと違う体調の変化を感じる方もいて、これを「妊娠超初期症状」と言うわけです。

妊娠超初期症状には眠気や匂いに敏感になるなどいくつかの特徴があります。

「妊娠超初期症状」7つの具体的なサイン

実際に妊娠超初期症状とは、具体的に身体にどのようなサインが現れるのでしょうか?

妊娠をした時に起こる身体の変化について、先輩ママ達の体験談とともにご紹介します。

【サイン①】異様に眠くなる

突然の眠気や倦怠感が襲ってきます。

妊娠をすると、身体をサポートする為、黄体ホルモンというホルモンが分泌されます。

このホルモンの作用によって、体のむくみや持続的な体温の上昇などの症状が現れ、結果的に妊娠中は眠気を感じやすくなります。

◎先輩ママ達の体験談◎

寝ても寝てもすっきりとしない、日中も眠気が強く仕事に集中できないという声が多くありました。

【サイン②】匂いに敏感になる

香水やご飯の炊ける匂いなど、普段「よい香り」と感じる香りですら気持ち悪くなる事があります。

女性ホルモンのエストロゲンは嗅覚の感受性を高める働きも担っているのですが、このエストロゲンが妊娠によって増加することで、ホルモンの作用で匂いに敏感になりやすくなるのです。

◎先輩ママ達の体験談◎

いつもは気にならない匂いがとにかく気になる、気持ち悪く感じる方が多くいますね。

【サイン③】体温が高い日が続く

日頃基礎体温を測っている方はわかりやすいですが、高温期が20日以上続く事があります。

一般的に生理予定日前は体温が下がる傾向にあると言われていますが、その時期になっても体温に変化が見られない、または上昇しているといった場合は、妊娠の可能性を考えてみるといいかもしれません。

◎先輩ママ達の体験談◎

とにかく体温が高く、体が熱くなるといった症状があり、中には他人からも分かるぐらい皮膚の温度が上がっている方も。

【サイン④】おりものの変化

おりものには、子宮内に細菌が入るのを防いだり、受精をスムーズにさせるといったはたらきがあります。

女性ホルモンの分泌量の変化により、おりものの量が増える事があります。

また着床する際に少量の出血が起こり、おりものに血液が混じったり、全体が薄ピンク色に見えることがあります。

ですが、これは着床出血と呼ばれるもので、病気ではありません。

しかし、おりものに血液が混じる症状の中には、流産・早産の予兆である事もあるので、心配な場合はすぐに産婦人科を受診してください。

◎先輩ママ達の体験談◎

生理予定日前におりものに少量の血が混じっていた、薄いピンク色のおりものが出たなど、着床出血を確認した方が多いようです。

【サイン⑤】胸やお腹が張る

ホルモンの影響によって乳房が張ったり、お腹が張る事があります。

中には生理予定日を過ぎてから、乳房やお腹の張りを感じる方も。

◎先輩ママ達の体験談◎

他の妊娠超初期症状のサインと合わせて、お腹や胸の張りを感じる方がいるようです。

【サイン⑥】頭痛

ホルモンバランスの変化により、頭痛を引き起こす事があります。

症状の重さは人それぞれですが、ズキンズキンと鈍い痛みによって吐き気を催したり、日常生活に影響を与えることもあるそうです。

頭痛やめまいを感じたら無理をせず、体を休めてあげるようにしましょう。

妊娠初期は赤ちゃんが発達していく大切な時期なので、自己判断で薬を飲むことは避けましょう。早めに産婦人科を受診することをおすすめします。

◎先輩ママ達の体験談◎

いつもはめまいや立ちくらみなどの症状を感じる事はないのに、妊娠超初期にひどいめまいの症状を感じる方もいるようです。

【サイン⑦】トイレの回数が増える

妊娠によって子宮が少しずつ大きくなっていきます。

それによって膀胱を圧迫することが原因といわれています。

妊娠中は膀胱炎などになりやすい為、トイレに行きたくなったら我慢しない事が大切です。

妊娠中期に入ると治る場合が多いそうなので、しばらくの辛抱と思って頑張りましょう。

◎先輩ママ達の体験談◎

就寝時や明け方などに、トイレで目が覚める事が多くなったと感じる方がいるようです。

妊娠すると快便になる?

妊娠をすると、快便になったと感じる方がいるようです。

・・・一方で、妊娠を機に便秘になったと感じる方も。

快便になるか、便秘になるかには個人差がありますが、妊娠初期の体の変化として、お腹の具合の変化があげられます。

快便になりすぎて下痢になってしまったり、便秘になってしまったりしやすいので、妊娠中は注意が必要です。

妊娠中は特に痔になりやすい方も多い為、便秘にならないよう繊維質の多い食品を多く取るように心がけましょう。

◎先輩ママ達の体験談◎

元々便秘体質の方は、妊娠超初期に下痢になったり、快便になるなど便通がよくなった方も。

逆にこれまで快便だった方は、便秘になる事もあるようです。

「妊娠超初期症状」で知っておきたいこと・心構え

症状は人によって様々

生理予定日前から吐き気があるような人もいれば、生理が1ヶ月以上遅れても体調に変化もなくて生理不順だと思っていたら妊娠だった、なんてこともあります。

生理前や風邪の時と似てるので判断が難しい

ほとんどの症状が生理前や風邪のときの症状と似ているので、判断するのはなかなか難しいです。

ただ、いつもの生理とは明らかに違う症状が出たときは、妊娠のサインかも?

本当に妊娠していたという人も多いようです。

あくまで参考程度にとどめとこう

妊娠超初期症状のサインの有無や、時期には個人差がある為、あまり気にしすぎるのも良くありません。

あくまで参考程度にとどめておきましょう。

妊娠超初期症状を感じたら

妊娠中の様々な体調の変化はホルモンの影響によって起こります。
急な体調の変化に戸惑ったり不安になってしまう方もいるかと思いますが、無理せずゆっくりと体を休めてください。
心配な方は産婦人科を受信することをおすすめいたします。
いつもと違う体調の変化を感じたら、妊娠超初期症状のサインかもしれません!
早めに気づいて自分の体を労わることで、お腹の中の赤ちゃんも労わってあげましょう。

トップへ戻る