アレが効果的!?自宅でできる歯を白くする方法6選

ニコッと笑った時に見える歯が白くて綺麗な人って素敵ですよね♡自分が思ってる以上に歯の色って実は相手に見えているんです。
でも、白い歯を手に入れるにはクリニックで高いお金を払ってホワイトニングをしなきゃいけないんじゃないかと思ってる方、そんなことはありません!
今回は自宅でできる歯を白くする方法のご紹介になります♪

歯を白くする方法の前に、そもそも黄ばんでしまう原因って何!?

る方法の前に、黄ばんでしまう原因をチェックしましょう。
歯が黄ばんでしまう原因として、最も多いのが外部からの着色です。
例えば白い洋服に食べ物をこぼすと、その食べ物の色が色素沈着してシミになってしまうことがありますよね。
それと同じように、歯にも食べ物や飲み物、または煙草のヤニなどが色素沈着して、黄ばみの原因になってしまうことがあるのです

また、歯垢が歯にたまることによって歯を黄ばんで見せてしまうこともあるそう!
さらに虫歯になると、黄ばんでいるだけでなく歯が黒くなってしまうこともあるので注意が必要です。

さらに加齢によって、歯が黄ばんでしまうこともあるといわれていますよ。
歯の表面を覆っている白色物質のエナメル質は加齢に伴って薄くなってしまうそう……。
それによって歯が黄ばんで見えてしまうことがあるのです。

歯が汚いと口臭の原因に!?

歯が黄ばんでいると、なんとなく不潔な印象を与えてしまいます。
どんなに可愛い女性でも、ニコッと笑った時に歯が黄ばんでいては台無しですよね。
また歯の黄ばみは見た目の美しさを損なうだけでなく、口臭の原因となることもあります。
歯垢が歯に付着することによって、歯が黄ばむだけでなく口臭を引き起こしてしまうことがあるそう!

そんな歯の黄ばみはどうにかして改善したいものですが、クリニックでできるホワイトニングはお金がかかるイメージが……。
しかし実は自宅ケアでも、歯の黄ばみを軽減することができるんですよ!
ここからは、自宅でできる歯を白くする方法をご紹介します。

自宅でできる歯を白くする方法①歯ブラシにこだわる

最初にご紹介する自宅でできる歯を白くする方法は、歯ブラシについてです。
歯の黄ばみを改善したいなら、電動歯ブラシの使用がおすすめ♪
電動歯ブラシなら手動の歯ブラシより細かく動くので、細やかな汚れを除去するのに効果的ですよ。
さらに、電動歯ブラシの中でも‟ステイン除去機能”のついているものをチョイスするのが◎

また電動歯ブラシを使用する際は、研磨剤の入っていない歯磨き粉を使用するよう心がけましょう。
歯の着色を削って黄ばみを除去する効果のある研磨剤入りの歯磨き粉×電動歯ブラシでは、歯に刺激を与えすぎてしまう可能性があるので注意が必要です。

自宅でできる歯を白くする方法②歯磨き粉にこだわる

www.supersmile.jp

続いてご紹介する自宅でできる歯を白くする方法は、歯磨き粉についてです。
歯を白くしたいなら、ホワイトニング歯磨き粉をチョイス!
ホワイトニング歯磨き粉なら、着色による歯の黄ばみの改善が期待できますよ。

しかしホワイトニング歯磨き粉のほとんどには研磨剤が含まれていて、それによって歯に負担がかかってしまうことも……。
そんな歯にかかる負担を軽減するためにも、研磨剤が微粒子で入っているものを選ぶようにしましょう。
研磨剤は粒が大きければ大きいほど歯にも負担がかかってしまうので、粒子として取り入れているものをチョイスすれば歯にかかる負担を軽減することができるそうですよ。

一方先ほどご紹介した電動歯ブラシとホワイトニング歯磨き粉の併用はあまりおすすめしていません。
ホワイトニング歯磨き粉を使用する際は、手動の歯ブラシを使用しましょう。

supersmile

¥1,836

販売サイトをチェック

自宅でできる歯を白くする方法③磨きすぎに注意

自宅でできる歯を白くする方法を実践するときに、気をつけてほしいのが、歯を磨きすぎること!
歯の黄ばみを除去するために一生懸命を歯を磨く方も多いと思いますが、歯の磨きすぎは逆効果です。
あまり力を入れ過ぎて歯を磨いたり、磨きすぎたりすると歯を傷つけてしまうことがあるそう……。
歯に傷つくがと、汚れが付きやすくなってしまったり、知覚過敏の原因になってしまったりするといわれていますよ。

とくに先ほどご紹介した電動歯ブラシを使用する際は、磨きすぎに注意が必要です。
電動で細やかな動きによって歯垢を除去してくれるので、力を入れ過ぎたり長い時間使いすぎたりしないように注意しましょう。

また磨きすぎを防ぐためにも、フッ素コーティングジェルの使用がおすすめ!
先ほどご紹介したホワイトニング歯磨き粉を使用した後、フッ素コーティングジェルを付着するだけで磨きすぎを予防できるそうですよ。
さらに全体の虫歯予防にも繋がるので、ぜひ取り入れてみましょう。

自宅でできる歯を白くする方法④歯の消しゴムって何!?

www.amazon.co.jp

自宅でできる歯を白くする方法として、歯の消しゴムを使うのもおすすめです。
歯磨き粉にも含まれている研磨成分を固めることでできている歯の消しゴム!
この歯の消しゴムはその名前同様、文房具の消しゴムを使用するように歯を磨けば、気になる歯の汚れを消して白い歯に導いてくれるというアイテムです。

歯の表面の汚れを落とすことに優れている歯の消しゴムは鏡を見ながら歯の気になる部分をケアできるので、歯と歯の間など細かな部分までお手入れできるのが嬉しいポイント♡

そしてこの歯の消しゴムも歯磨き同様やり過ぎると歯の表面を傷つけてしまうことがあるので注意しましょう。

MUSEE WHITENING ポリリンキューブ グレープフルーツの香り

¥540

販売サイトをチェック

自宅でできる歯を白くする方法⑤重曹が使えるって噂

続いてご紹介する自宅でできる歯を白くする方法は、重曹の使用についてです。
自宅の掃除だけでなく、料理などにも使用される重曹♪
その重曹が歯を白くするケアにも大活躍してくれます。
簡単に安く手に入る重曹で歯を白くできるなんて嬉しいですよね。

その使用方法はとっても簡単!
重曹を歯ブラシに直接つけて歯を磨いても良いですし、水に重曹を溶かしてうがいをするだけでも◎
重曹によって歯の表面の汚れを軽減できるほか、口臭の予防も期待できますよ。

また重曹をグリセリンと混ぜ合わせて、ペースト状にして使用するのもおすすめ♡
ペースト状にすることによって、歯磨き粉のように手軽に使用することができますよ。

自宅でできる歯を白くする方法⑥食べる物にも注意しよう

最後にご紹介する自宅でできる歯を白くする方法は、食べ物について!
歯が黄ばんでしまう原因の多くに、食べ物の色素沈着が挙げられるそうです。
そのため色素沈着しやすい食べ物の摂取には注意が必要ですよ。
色素沈着しやすい食べ物として挙げられるのが、ブルーベリーやカレー、さらにコーヒー・紅茶・スポーツドリンクなども注意が必要!
色素沈着しやすい飲み物を摂る際には、ストローを使用して飲むなど意識しましょう。

一方で歯の黄ばみを軽減するのに効果的な食べ物もあります。
例えばパイナップルやパパイヤには歯についた汚れを分解してシミを落としてくれる効果、ゴマには歯垢を落としてくれる効果、ブロッコリーは歯のエナメル質を守るための鉄分を多く含むといわれていますよ。

食べ物や飲み物に注意することで、歯の黄ばみを予防したり軽減してくれることがあるので意識していきましょう。


いかがでしたでしょうか?自宅でできる歯を白くする方法のご紹介でした。
歯を白くするために歯磨きの磨きすぎは逆効果だったり、食べ物にも注意したり、普段からできることがたくさんあるんですね♪
是非参考にして、憧れの白い歯を手に入れましょう。
トップへ戻る