ダイエット中なのに飲み会が入ってしまった!そんなときでも楽しめるお店選びのポイントを教えます

日に日に暑くなってきましたが、テラス席での食事が気持ち良い季節になりましたね。4月から社会人生活がスタートした方は、飲み会のお誘いやお店の手配を任されたりすることも増えてきたのではないでしょうか?もちろん、せっかくの飲み会なのでお料理もお酒も思いっきり楽しみたいところですが、ダイエッターの方はセーブしないといけないし、辛いところですよね。「もう少しで目標体重に到達するのに、飲み会を企画しなければならない」、「どんなお店がいいかリクエストしてと言われてもダイエット中だし…」、「ダイエット中だけど飲み会の幹事をしないといけなくなった」などなど、自分でお店を選べる立場であれば、こっそりダイエット中でも行けそうなお店を選んじゃいましょう。

photo by Fotolia.com

迷ったら焼き鳥屋さん

photo by Fotolia.com

焼き鳥屋さんの場合、メインは鶏肉。ダイエッターにとって必要な栄養素、たんぱく質の摂取に最適なお店です。焼き鳥の食べ過ぎは禁物ですが、軟骨やレバー、ささみなど低カロリーの部位を、「タレ」ではなく「塩」でいただければカロリーを抑えることができます。また、おつまみも、冷やしトマトや、冷奴、枝豆など、素材にあまり手を加えていないメニューにすれば、低カロリーでビタミンや植物性たんぱく質などの栄養を摂ることができます。逆に、ポテトサラダやシーザーサラダは、サラダとはいえ高カロリーですのでオーダーは控えた方が良いでしょう。前述したおつまみを最初にいただいた後、エリンギやしいたけ、アスパラガス、プチトマトなどの野菜の串を可能であれば“塩控えめ”で頼み、さらに糖質オフのお酒で焼き鳥をいただければ、相当のカロリーオフができますよ。

なにはともあれエスニック

タイ料理

ハーブや野菜をたっぷり使ったタイ料理は、ヘルシーでありながら食べごたえがあるものが多いので、ダイエッターにおすすめです。しかも、タイ料理で使われるハーブやスパイスには、デトックスや美容効果もあるので、食べて美しくなることも夢ではありません。グリーンカレーやレッドカレーも、ご飯をジャスミンライス(タイ米)にすれば、食物繊維が摂取できて腹持ちも良いので、満足感がありながら栄養が摂れて一石二鳥です。酸っぱ辛いトムヤムクンで代謝を上げて、ダイエット&美容効果を高めましょう。

ベトナム料理

こちらもタイ料理と同様に、ハーブと野菜をたっぷり使った料理が多いのでダイエッター向き。揚げ物より、茹でてあるメニューを選べば、さらにカロリーカットされて満足感も得られます。締めのラーメンを米粉麺のフォーにするだけで、カロリーもぐっと抑えられますよ。飲み会続きで疲れ気味…夏バテ気味で食欲が…なんて時も、ベトナム料理なら身体を労るメニューがあるのでオススメです。

インド料理

お料理に使われている数々のスパイスの力を借りて代謝をup!前菜やおつまみにベジタリアン向けのお料理を頼めばヘルシーながらも栄養満点。植物性たんぱく質や鉄分、食物繊維が豊富に含まれるダルカレー(豆のカレー)は便秘解消にも効果的。

お肉を食べたい時の救世主

ジンギスカン

北海道の郷土料理ジンギスカン。いまでは全国各地にお店ができて、手軽にいただけるようになりましたね。ジンギスカン鍋に使われているラム肉には、体内の脂肪が燃焼するのを助けてくれるL-カルニチンが多く含まれているので、ダイエッター向きといえるでしょう。ただし、低カロリーのラム肉とはいえ、お肉であることには変わりありません。ラム肉の食べ過ぎと、タレのつけすぎにはくれぐれもご注意を。

いかがでしたか。ダイエット中も飲み会を楽しみたい方は、ぜひお店選びの参考にしてみてくださいね。

トップへ戻る