つけまに挑戦したい方必見!誰でもできる自然なつけまつげの付け方について教えます♡

メイクに合わせて目元をぱっちり華やかにしたいときの神アイテムといえば、つけまつげ♡ とはいえ、つけまつげ初心者にとっては、あの小さなパーツをまつげの生え際にのせていくわけで、いかにも難しそうですよね。 「やってみたいけど、なかなか手を出せない」という方も多いのではないでしょうか? そこで今回は、初心者の方でも簡単にできるつけまつげの付け方をお伝えします。

初心者さん必見☆つけまつげの基本の付け方

<用意するもの> ・つけまつげ・のり(つけまつげに付属していることもありますが、購入する場合、初心者さんには筆タイプがオススメです)・鏡・眉用はさみ・アイライナー

<基本の付け方 >1.まずは普段通りにアイメイクします。アイラインも忘れずに!2.眉用はさみで、つけまつげを自分の目の幅より少し短めにカットします。長さは、黒目の内側から目尻の先2mmぐらいが理想的です♡ 目頭ギリギリに付けると痛みや違和感の原因にもなりますので、目頭は避けましょう。3.トレーから外したばかりのつけまつげは固いため、手で曲げて柔らかくします。こうすると、目のカーブにキレイにフィットするようになります。4.つけまつげにのりを付け、まつげの生え際にのせます。5.つけまつげの中央部分を抑えた後、目尻→目頭の順に抑えていきます。6.重ね合わせになった自分のまつげとつけまつげを指でつまみ、馴染ませます。7.隙間をアイライナーで埋め、自然な仕上がりにします。

初心者さんが真似したい、ナチュラルな仕上がり

「つけまつげの効果を最大限に!」なんて思って頑張りすぎると、仕上がりが不自然になってしまうことがあります。 慣れるまでは欲張らず、初心者さんはナチュラルな仕上がりを心がけましょう♪

ナチュラル感を出すにはまず、アイメイクの段階で自分のまつげをゆるくカールさせておくことが大事です。 こうしておくと、自分のまつげとつけまつげが自然に馴染みます☆ また、つけまつげをカットするときは、長さのある眉尻側をカットした方が仕上がりが自然になります。

使用するつけまつげによっても仕上がりは異なり、いろんな種類のつけまつげがありますので、自分の好みにあったものを選びたいですね。 ちなみに初心者さんにはベースが細く透明で、毛が細いものの方が使いやすいですよ。

最後にチェック☆つけまつげのココに気をつけて

つけまつげをつけ終わったら、最後にチェックしていただきたいことがいくつかあります。

・つけまつげは左右対称になってますか?・つけまつげと自分のまつげが離れていませんか?・白いのりが見えていませんか?

これらはとくに初心者さんがやってしまいがちなミスですので、気をつけてくださいね☆ のりはアイライナーで上手に隠すか、透明タイプのものを使うのがオススメです。

いかがでしたか?難しそうに思えるつけまつげですが、基本を守って使ってみれば、誰でもキレイに華やかな目元に変身できます。 ぜひ、これを機にあなたもチャレンジしてみましょう!

トップへ戻る