その行動、痛いアラサーになっているかも?大人女子として気をつけてほしい行動を今すぐチェック

大人であれば、それなりに落ち着きのある振る舞いをしたいものです。若い気持ちのままで大人らしくない行動をしてしまうと、恥ずかしいですよ。そこで今回はアラサーなら知っておくべき恥ずかしい行動をチェックしておきましょう。

大人の振る舞いできてる?

恥ずかしい行動をしているかも…

外見や中身は年相応を心がけたいもの。ところが、悪気なくつい自分の年を忘れてしまい、恥ずかしい行動をしているかもしれません。

そこで、30歳になったら気をつけたい恥ずかしい行動のチェックリストと改善する方法をご紹介します。

若い頃から変わっていないこと…

①わがままで自分中心に動く

言うことを聞いてくれないと不機嫌になる、自分の話ばかりする、空気が読めない…年齢を重ねても自分中心に生きていませんか?わがままで他人を振り回していることに気づかないと、周りから人がいなくなってしまいます。

まずは相手を思いやる気持ちを持ちましょう。そうすれば「自分が自分が」とならず、相手を優先する気持ちも生まれます。自分を持つことは大切ですが、それを相手に押しつけてしまうのはわがままなだけです。

②イケメン以外に興味なし

カッコイイ男性が好きだという女性は多いでしょう。ただ年齢を重ねればルックスだけではない男性の魅力というのにも気づくはず。仕事ぶりだったり、優しさだったり、誠実さだったり、スマートな振る舞いだったり。

それに気づかず、いつまでもイケメンにしか興味がないことが態度や言動に現れていると、周りからは距離を置かれてしまいます。ルックスも大切だとは思いますが、より深い魅力にも目を向けてみましょう。

③浪費癖

自分が稼いだお金ですから自由に使っても良いです。しかし、給料日前はいつも金欠だと嘆いていたり、その割にブランドの品ばかり欲しがったりするのは浪費家なのかもしれません。

傍から見ると計画性がなさすぎると引かれてしまいます。お金の出入りはきちんと把握し、本当に必要なものに出費するようにして計画的に使いましょう。

④落ち着きのない話し方

若い頃の話す癖がそのまま残っていませんか?手を叩いて笑ったり、「ヤバっ」「ウザっ」「マジ?」と言葉遣いが荒かったり、自分のことを名前で呼んだり、だらだら話したり…。

落ち着きのない話し方は年齢とそぐわず痛々しく見えてしまうかもしれません。アラサーならば落ち着いて話しましょう。言葉遣いも意識すれば少しずつ改善します。

⑤あざとさ全開

男性に対してあざとい態度になっていませんか?ぶりっこ、過剰なボディタッチ、たどたどしいしゃべり方…。こんなあざとさが若い頃に許されていたのは、頑張って好かれようとする姿がかわいく見えていたからです。

年齢を重ねるとあざとさだけが際立ち、計算高く見えてしまいます。大人は落ち着いている方が魅力的です。好意はストレートに伝えた方が男性もドキッとしますよ。

嫌な年の取り方をしていない?

⑥上から目線

年齢を重ねると立場も上になり、だんだんと偉そうな態度になってはいませんか?「私とは釣り合わない」「こっちから願い下げ」なんて上から目線だと、年齢を重ねるたびに人が離れていきます。

たとえ立場や年齢が下であろうと、相手を尊敬する気持ちを抱いていれば偉そうな態度になることもありません。相手を敬い思いやる気持ちを忘れずに。

⑦年齢を卑屈・自虐的に捉える

「もうアラサーだから…」「私なんておばさんだよ」と年齢を自虐的に捉えた発言をしていませんか?たしかに年を取ることが怖くて、ついネガティブな発言をしてしまう気持ちは理解できます。しかし、自虐を言われた側に気を遣わせてしまうでしょう。

誰しも平等に年を取り、その分だけ経験も積みます。その経験をきちんと自分に活かしていれば、年を取ることを誇らしく思えるはず。そんな風に年を取っている女性はステキです。

今、年齢を恥ずかしいと思うなら、今から意識を変えれば良いのです。年を取るのは避けられないのですから、年齢をコンプレックスにするとつらくなります。年齢を重ねた経験を自分に活かし、年を取るごとに魅力的な女性になりましょう。

⑧他人の粗探しに必死

他人を蔑むようなことばかり言っていませんか?若い頃は「毒舌キャラ」で許されていたかもしれませんが、年齢を重ねるとただの「性格の悪い人」と思われてしまうだけです。

相手を蔑むのは粗探しばかりして、短所だけが見えてしまうから。これからは人の長所にも目を向けるようにしてみてください。長所に気づいたら褒めるのも◎。人の良さを認められた方があなたの心も軽くなるはずです。

⑨若い人をいびる

「新人だからってミスは許されないよ」「それ、私の頃だったらすっごく怒られてたからね」など、自分より若い人をいびっていませんか?もしかするとただの注意や指摘なのかもしれませんが、嫌味な態度になっているなら気をつけて。

若いことを責めるような言い方は避けて。ダメな部分を指摘して注意すると良いです。「これだとお客様が困ってしまうから、次からはこうしてくれる?」端的に伝えるだけで、個人を責めないようにしましょう。

⑩お酒に飲まれる

お酒を嗜んでいる女性というのはステキな年の取り方をしているように見えます。しかし、記憶をなくすまでお酒を飲んだり、酔っ払って周りに迷惑をかけてしまうのはNG。

Photo by Justin Aikin / Unsplash

「酒は飲んでも飲まれるな」という言葉があるように、お酒に溺れている女性は痛々しいです。飲酒のコントロールができていないと事故や事件に巻き込まれる可能性もあるので、自分の身を守るためにもセーブしましょう。

ファッションやメイクも気をつけて

⑪品がないコーデ

肌を露出しすぎのファッションや、リボンにフリルたっぷりのフェミニンすぎるコーデは大人の女性には似合いません。若い頃の着こなしばかりしていると、逆に年を重ねたことが目立ってしまいます。

適度な肌見せならほんのりセクシーで上品な色気を醸し出せます。フェミニンアイテムはワンポイントで取り入れて、さりげなく女性らしく。落ち着いて品のあるコーデを心がけましょう。

⑫全てのパーツの主張が強いメイク

メイクはバランスが大切です。若い頃はアイメイクもチークもリップも全て目立たせるメイクでも「若いから」見逃されてきても、年を取るごとにちぐはぐ感が目立ちます。

若い頃のメイクから引き算しましょう。目元を目立たせたいなら、チークやリップは控えめにすることでバランスが取れるというように。年相応の落ち着いたメイクをした方が、表情も魅力的に見えますよ。

「ステキ」と思われる年の取り方を♡

年齢を重ねることを恐れず、年を取ることを楽しんでいる女性はとても魅力的です。恥ずかしい行動を見直して、「ステキだな」と思われる落ち着いた大人女子になりましょう。

トップへ戻る