スッキリ収納で時短!洗濯機周りの収納に困っている方必見「ハンガー」の収納方法をご紹介☆ | Na美|働く大人女子のライフスタイルメディア
previous arrow
next arrow
Slider
previous arrow
next arrow
Slider

スッキリ収納で時短!洗濯機周りの収納に困っている方必見「ハンガー」の収納方法をご紹介☆


洗濯物を干すときにハンガーを取ろうとして、2個3個絡まって取りにくい!洗剤やハンガーなど洗濯に必要なものをまとめたいけど、ごちゃごちゃしてなかなか整理できないとお悩みの方も多いのではないでしょうか? 洗濯物を干す作業がスムーズにできるようになる収納方法があれば、ぜひ真似してみたいですよね。

そこで、今回は、収納上手な達人たちがInstagramで紹介している洗濯機周りの収納を調査しました。達人たちのワザを参考にしながら、上手に収納しましょう!

洗濯干しの時短にも!「ハンガー」のスッキリ収納アイディア集【kufura収納調査隊】vol.34

意外にフィット!「ファイルボックス」を使った収納

かけるスペースがない人は「ファイルボックス」が最適

@lisa_s_fさん、@etoile.kkrさんは『無印良品』のファイルボックスを使ってハンガーを収納しています。お2人ともハンガーの柄の部分を手前に向けていて、1つずつ取り出しやすそう!

ファイルボックスはハンガー収納にもピッタリで、コンパクトにまとめられるのもいいですね。

種類や大きさごとにファイルボックスを分ける

@tamtam_homeさん、@risako_kino_ieさんもファイルボックスにハンガーを収納していますが、大きな大人用ハンガーと小さな子ども用ハンガーを分けています。ハンガーの種類や大きさごとに分けておけば、使うときにも簡単に取り出せて使いやすそうですね。

ハンガーの向きは取り出しやすさ、片づけやすさを考えて決めるのが良さそうですね。

ファイルボックスの置き方を変えて仕切りがわりに

@miki_house_さんはファイルボックスを通常の置き方ではなく、背面を下にして置いています。スムーズにハンガーが取り出せて、なおかつ仕切りがわりとなるため種類ごとに分けた収納がされていますね。

ファイルボックスを通常の置き方にするのも良いですが、手前の部分が邪魔だなと思う人は、@miki_house_さんのようにファイルボックスの置き方を変えてみるといいかもしれませんね。

どこでもかけられる!「突っ張り棒」を使った収納

洗濯機横に突っ張り棒をつければ簡単にハンガーラックができる

@chi_chi_chi_358さんは洗濯機と洗面台の間の空いたスペースに突っ張り棒を付けて、ハンガーをかけて収納しています。洗濯のときに使うハンガーは、洗濯機近くの収納が一番使いやすいですよね。デッドスペースも有効活用でき、突っ張り棒だけでできるハンガーラックは収納が苦手な人も真似しやすそう。

@chi_chi_chi_358さんのように突っ張り棒を2段にして、サイズごとや種類ごとに分けるとより使い勝手が良さそうですね。

洗濯機の上なら使い勝手が格段に上がる

@naru._.uさんは洗濯機上に突っ張り棚を設置しています。棚なので洗剤などを置けるのはもちろん、ハンガーをかけることも可能! 洗濯機の上にハンガーラックがあれば、洗濯時もすごく楽になりそうですね。

洗濯機が上に蓋のあるタイプだと、ある程度の高さでの設置が必要ですが、側面の扉を開けられるタイプなら、ハンガーをさっと取れる高さに設置すると、より時短できそうです。

簡単!棚の中にハンガーラックが出来上がり

@m.y.y.houseさん、@kani00homeさん、@__misa.__さんは棚の中に突っ張り棒をつけて、ハンガーラックを設置しています。突っ張り棒があれば、どこでもハンガーラックができるのは素晴らしいアイディアですね。

ハンガーは種類ごとに並べると、統一感も出て使いやすそう。使いたいハンガーがすぐ取り出せるように、サイズや種類ごとに並べることは意識してみましょう。

ケースやワゴンでまとめる!「専用スペース」を作った収納

ケースインケースでハンガーや洗濯バサミなどをまとめて収納

@mahimanaさんは大きなケースに細かいケースを使ってハンガーや洗濯バサミ、布団バサミなどを収納。ハンガーは種類ごとにケースの大きさを変え、洗濯バサミはさらに小さなケースと、収納したいものに合わせてケースを上手に活用しています。収納上手な方たちはケース使いもとても上手で、参考になりますね。

おしゃれなカゴに洗濯アイテムをまとめて収納

@yuu78321さんはとてもおしゃれなカゴ『バルコロール』にハンガーや洗濯バサミなど洗濯アイテムをまとめて収納しています。持ち手も付いているため、使いたい場所まで持ち運びもしやすそうですね。

@saori.612さんはおしゃれなかごバッグにハンガーなどを収納。さらに、洗濯バサミは、雑誌の付録に付いていた保冷バッグを活用しているそう。保冷バッグをかごバッグの取っ手に付けているため、ハンガーを取り出すときは外側に、使わないときは内側に簡単に移動させられるのもいいですね。

@penta_roomさんはおしゃれなトートバッグにハンガーや洗濯バサミを収納。トートバッグは内ポケットがあるものだと、洗濯バサミも上手に収納できるようですね。

フックを使って片側だけをかけておけば、ハンガーも取り出しやすくなりそう! 持ち運びも簡単で、直置きする必要もなく便利なんだとか。真似しやすいアイディアですね。

引き出し内に収納するならブックエンドが使える

@yuu0520さんは引き出しの中にハンガーや洗濯バサミなど洗濯アイテムを収納しています。ハンガーはブックエンドを使って立てた収納に。さらに、洗濯バサミなどは小分けケースを使って上手にまとめられていますね。

移動も簡単!洗濯アイテムをワゴンにまとめて収納

@kf_sayohomeさん、@rionn8さんはワゴンを使ってハンガーや洗濯バサミなどをまとめて収納しています。キャスター付きのワゴンなら移動も簡単。

@kf_sayohomeさんは、洗濯バサミやハンガーをケースに入れて収納しています。一方、@rionn8さんが使っているワゴンならケースを使わずそのまま収納もできますね。

洗濯バサミもおしゃれなケースに

@akko_rinrinさんは洗濯バサミを『セリア』のガーデニング用のバケツを使っておしゃれに収納しています。これまでにも少し出てきましたが、洗濯バサミはケースを使って上手に収納するのが良さそう! ごちゃごちゃする心配もなくなり、使い勝手も良くなりそうですね。

使いやすい!「くっつける」収納

マグネット式のケースをつけてハンガー収納

@hanenohaeta_nekoさんは洗濯機の前部分にマグネット式のケースをつけてハンガーを収納しています。洗濯中はガタガタ音がすることを気にしてラックなどにケースを置いておき、洗濯を干すときなどに洗濯機にくっつけているとか。洗濯動線もスムーズで時短になりそうですね。

ハンガー収納ができる『tower』にかける

@ikumi_0719さん、@aichan_13さんは『tower』というハンガー収納フックを使ってハンガーをかけて収納しています。マグネットタイプなため、洗濯機横につけることも可能。3段になっているため、ハンガーの種類ごとに変えてもいいですね。

収納がまだ苦手だなという人は、専用アイテムを使うのも一つの手ではないでしょうか。

達人たちの収納アイディア術はいかがでしたか?

ハンガーなどの収納は洗濯動線も考えた収納を意識するのが大事!少しでも不便さがなくなれば時短にもなります。ぜひ、達人たちの収納テクを参考にして、あなたも実践してみてはいかがでしょうか。

SNSで記事をシェア


トップへ戻る

FOLLOW US ON