照明でお部屋の印象が変わった!夜の雰囲気を作るこだわりの照明で、あなたのお部屋をリラックスできる空間に♪

お部屋の印象をがらっと変える、「照明」。

引越してすぐに必要になるものだから、「とりあえず」で選んでしまうことも多いかも?

ちょっとこだわった照明につけかえれば、それだけで、雰囲気のあるお部屋に。

夜の雰囲気を決定づける照明のアイディアをまとめます。

同じランプを3つ並べる

お部屋の雰囲気にすごくマッチした、ダイニングの照明は、じつはIKEAのもの。

シンプルな照明でも、3つ並べるとお部屋にリズム感も生まれ、良い雰囲気になりますね。

エジソンランプを多灯づかいに

やわらかい光のエジソンランプも、ライティングレールに同じソケットコードでたくさんつければ、メイン照明になります。

このソケットには、手元の部分にスイッチがついているから、長くのばしてベッドサイドの照明としても活用されています。

名作とよばれる照明を取り入れる

ルイスポールセン、ジョージネルソンなど、名作とよばれるペンダントライトを、ダイニングや、寝室の主役にすると、ぐっと大人っぽい雰囲気がルクレます。

ラフな雰囲気の照明をDIY

裸電球のソケットコードを、アイアンのカゴに入れてつくった、ちょっとだけDIYのランプ。

ラフな雰囲気で、おしゃれ上級者のお部屋に早変わり。

ときには間接照明だけで楽しんでみる

食事を摂るとき、作業をするとき、就寝前の静かな時間。場合に応じて照明も使いわけると、ぐっと居心地のよい空間に。

リラックスタイムには、メインの天井からの灯りを消しても最低限の光が確保できる、間接照明があるとよいですね。

賃貸でも、自分の好きな照明に自由につけかえたいなら、「ライティングレール」のあるお部屋がおすすめです。

トップへ戻る