髪がペタンとなりやすくて悩んでいるあなたに♡ボリュームをキープできるオススメのヘアアレンジをご紹介 | Na美|働く大人女子のライフスタイルメディア
previous arrow
next arrow
Slider
previous arrow
next arrow
Slider

髪がペタンとなりやすくて悩んでいるあなたに♡ボリュームをキープできるオススメのヘアアレンジをご紹介


湿気や汗が煩わしい季節がやってきました。ただでさえ髪がペタンとなりやすいのに、この時期は、髪が少ない・細い人、そしてネコ毛さんにとって毎日が憂鬱ですよね。そんなお悩みを解決すべく、今回はボリュームをキープできるヘアアレンジに注目してみました!

ボリュームは出せる!

どんなに頑張ってセットしても、ペタンとボリュームがなくなってしまう…髪が細い人、少ない人、そしてネコ毛さんの悩みは絶えませんよね。汗や湿気の水分コントロールが難しくなるこの時期は特にそうです。

hair.cm

ボリュームを出すためのスタイリング剤やブローは有効ですが、付けすぎ、やり過ぎは禁物。実は、毎日のスタイリングを少し工夫するだけで、一日中ボリュームをキープできるコツがたくさんあるんです。

そこで今回、動画とともに「なるほど!」なアレンジをめいっぱいご紹介します。悩める皆さん、必見です♡

アレンジの前に…

ボリュームのある、エアリーなスタイルを作るには、「くるりんぱ」と「逆りんぱ」が使いこなせるととても有利。ぜひ、この機会にマスターしておきましょう。とても簡単ですよ。

スッキリまとめたい!

ボリュームアップポニー(低い位置)

今旬の「ほぐし」でエアリーにキメても、気がつくとペッタンコ。そんな人は、あらかじめ髪を巻いておくと◎。「そんなの時間がない!」という声が聞こえてきそうですが、巻くのは表面の髪、一部分だけなので時短です。

表面の髪を巻いたら、スタイリング剤を軽く揉み込みます。巻いた部分を崩さないよう下の方で束ね、キュッとゴムを引き締めましょう。巻いている部分がプクッとボリューミーに膨らむので少しほぐしを加えて完成です。

ボリュームアップポニー(高い位置)

hair.cm

高い位置のポニーも良いですよね。後頭部のボリュームをキープするには、パーツを3つに分けて束ねていくのがコツ。まず、ハチの部分の髪を束ねて軽くほぐし、その下の髪(耳上)を束ねて「逆りんぱ」しておきます。

残りの髪を「逆りんぱ」のすぐ下で束ねます。最後に束ねた髪へ「逆りんぱ」の束を通しヘアアクセを飾ります。「逆りんぱ」が、トップのボリュームをキープし、サイドのふわり感を出してくれる効果があります。

ルーズボリュームおだんご

ボリュームをキープし辛いルーズなおだんごも、最初のひと手間でエアリー感をキープできるんです。先にご紹介した「ルーズアップポニー」と同様、あらかじめ表面の髪を巻いておきます。

カールが潰れないようにまとめ、毛先を引き抜かずおだんご状に留めます。輪になっている部分の端と端を持ち、ドーナツの形をイメージしてぐるりと合わせ、ヘアクリップで固定を。絶妙なゆるさのおだんごが完成です。

フワッとおだんご

朝から巻いている時間もない!そんな日のおたんごは、二段階に分けて束ねるアレンジ方法を使いましょう。まずは耳上の髪だけを手ぐしで緩く束ねてから、ゴムをキュッと引き締めておきます。この時点で、後頭部にボリュームが出ますよ。

残り半分の髪を、先ほど束ねた分と合わせて、毛先を引き抜かないおだんごを作ります。バランスを見ながらほぐし、ヘアアクセを着けて完成。二段階で束ねることで、上半分のふんわり感が潰れにくくなります。

ふんわりまとめ髪

360度どこから見ても美人シルエットのまとめ髪は、かしこまった場にもオススメです。最初に、ハチ周りの髪を「くるりんぱ」。この時、真ん中の髪は抜いておくことで、地肌が見えてしまうのを防ぐことができます。

残りの髪は三つ編みにし、下から巻き上げるように丸めてピン留め。最後にバナナクリップで固定をします。バナナクリップで、アレンジした髪をしっかり留めることができるのは、髪が細い、少なめさんの特権です♡

ボリューム編み

髪全体を編んでも貧弱になってしまう…そんな悩みは「編み×編み」で解決しましょう。最初に「おさげ」を作りますが、分け目を斜めに取るのがポイント。最後ひとつにまとめた時に、地肌が見えず綺麗に仕上がります。

ふたつのおさげはロープ編みにし、ゴムで留めます。最後、十分にほぐしていきましょう。先に三つ編みをしているので、ほぐした部分は、ゴムを解くまでヘタレ知らずですよ。

ダウンスタイルを楽しみたい♡

アシンメハーフアップ

後頭部のシルエットがな重要なハーフアップ。ボリュームを保つためには、パートを分けてアレンジするのがオススメ。今回は、オシャレ見え抜群のアシンメトリーに挑戦です。最初に、右寄りに束ねて「逆りんぱ」をします。

すぐ下の髪を、「逆りんぱ」した束の上側を通り左寄りで「くるりんぱ」。最初の「逆りんぱ」で、トップにグッとボリュームが出し、次の「くるりんぱ」で「逆りんぱ」のボリューム感を押し上げてくれる効果があります。

ボブさんの場合はレングスが短いので、「逆りんぱ」をすると浮きすぎてしまいます。そのため、2回とも「くるりんぱ」がベスト。その代わりに、たっぷりほぐしを加えておきましょう。

のこりんぱ

髪自体にボリュームが出にくい人は、「くるりんぱ」した時に地肌が見えてしまうという悩みが。その悩みを解決するには「のこりんぱ」が有効です。いつものハーフアップと同じ要領で、耳上の髪を取り分けます。

真ん中のゾーンを除けてからゴムで束ねて「くるりんぱ」をします。すると、除けておいた髪のおかげで地肌が見えなくなりますよ。上方向と中央に向かってほぐすと、ボリュームのあるハーフアップが完成です。

ハーフアップおだんご

hair.cm

前髪が長い人は、お顔周りの髪を含めて、スッキリとハーフアップにしてしまうのもアリ。ボリュームが出にくいなら、最初からタイトに仕上げる、という潔さもカッコイイですよね。

意外に、アレンジしやすいかも♡

ちょっとしたワザで、こんなにボリュームをだすことができるなんて、驚きましたね。ボリュームが出にくい髪だから…と、諦めていたアレンジがあれば、ぜひ挑戦してみましょう!

hair.cm

“なりたいヘア”で、暑い時期も可愛く快適に過ごしましょう♡

SNSで記事をシェア


トップへ戻る

FOLLOW US ON