夏にぴったり♪梅干しよりもマイルドな万能調味料「梅日塩」☆作り方&さっぱりおいしいアレンジレシピをご紹介!!

梅干しよりもマイルドな酸味と甘みが、どんな料理ともあう「梅日塩(うめびしお)」。そんな、蒸し暑い季節にぴったりの万能調味料をおうちで手作りしてみませんか。今回は使い切れる量の梅日塩の作り方と、梅日塩を使ったアレンジレシピも合わせてご紹介します。

ほどよい酸味と甘みが魅力の万能調味料「梅日塩」

梅日塩(うめびしお)とは、梅干しの種を除き、果肉を裏ごししたものに砂糖などを加えて練ったもので、古くから伝わる万能調味料です。

梅干しほど酸っぱくなく、ほどよい酸味と甘みがどんな料理とも相性がいいので、いろいろなお料理にアレンジができるんです。

しかも、煮沸消毒した清潔な瓶に入れておけば、冷蔵庫で1年間保存できますので、ぜひ常備しておきたいですね。

今回は、自家製梅日塩の作り方と、それを使ったアレンジレシピを2品ご紹介します。

少ない量でもおいしくできる!梅日塩を作ってみよう

【材料】

梅干し…200g
砂糖…大さじ2
みりん…小さじ2

【下準備】

ボウルに梅干しを入れ、たっぷりの水に浸して3時間ほど塩抜きをしておく。塩分濃度が濃いものは、6時間以上を目安に。

【作り方】

1.塩抜きをした梅干しの種を取り除き、裏ごしをする。今回は、梅干し200gから、裏ごしした梅干しが100g出来上がりました。

2.ステンレスもしくはホーロー鍋に1と砂糖を入れ、ぽってりとするまで弱火で10分ほど練り混ぜる。

3.みりんを加えてさらに混ぜ、ツヤが出てジャム状になったら火を止める。冷めると固くなるので、あまり煮詰めすぎず少しゆるめに仕上げておく。

すぐに食べ切る場合は保存容器に、長期保存したい場合は煮沸消毒した清潔な瓶に入れて、冷蔵庫で保存してください。

●このレシピを保存する
『自家製梅びしお』

手軽に爽やか風味をプラス!梅日塩を使ったアレンジレシピ

「梅日塩×大葉」でさっぱり爽やか♪梅しそミルフィーユカツ

重ねた豚薄切り肉に、梅日塩と大葉を挟んで揚げました。カットすると梅日塩の赤と大葉の緑が食欲をそそります。揚げたてはジューシーでサクサク、なのにさっぱりといただけて、これからの季節におすすめです!

【主な材料】
豚ロース薄切り肉
梅日塩
大葉
小麦粉

パン粉

●詳しいレシピはこちら
『梅しそミルフィーユカツ』

梅日塩にお出汁を加えてドレッシングに!長芋とひじきのさっぱり和えもの

梅日塩にお出汁を加えて溶きのばし、長芋とひじきと和えました。梅日塩そのものに酸味と甘みがあるので、お出汁で伸ばすだけでかつおの風味も感じられる和風ドレッシングの完成です。

【主な材料】
長芋
ひじき
ブロッコリースプラウト
梅日塩
出汁

●詳しいレシピはこちら
『長芋とひじきの梅和え』

いかがでしたか? 梅の風味は食欲増進してくれるので、これから蒸し暑くなって食欲がないときにもおすすめですよ。今回ご紹介した使い方以外にも、スティック野菜のディップソースにしたりスープに溶かしたりと、アレンジは無限大! ぜひ冷蔵庫に常備して、いろいろなお料理に使ってみてくださいね。

トップへ戻る