身体のラインをいつまでも若々しく綺麗に保ちたい!そんな人におススメの補正下着の種類や効果をご紹介♪

年齢を重ねると、体がたるんでしまうこともあります。気をつけていても、気づけば……ということも珍しくありません。そこで活用したいのが補正下着です。補正下着は体を整えてくれるので積極的に使いましょう。今回は補正下着の種類や効果についてまとめてみました。

補正下着の種類

補正下着と言っても、どれかひとつを指すわけではありません。複数の種類があるので、自分に必要なものを選ばなければいけません。体のたるみは年齢を上に見せてしまうため、しっかりとシェイプアップして若々しさを取り戻しましょう。

バストラインを整え、美しく保つためのアイテムです。乳間が離れている人、バスト周りの肉を集めてバストアップしたい人、バストトップの位置を高くしたい人などが使用すると、バストを中央に寄せることができ、若々しい印象を与え、すっきりと見せることができます。
引用元:スタイルアップ効果のあるインナー

補正下着の中でも、比較的活用している人が多いのがブラジャータイプです。バストラインを整えることで、すっきりとした上半身になるため、スタイルを良くするためには欠かせないアイテムです。

ウエストラインを補正する下着です。着用することで、ウエスト部分の脂肪を上下に移動させることができ、くびれをつくります上に移動させた脂肪はブラジャーで、下に移動させた脂肪はガードルなどで美しく補正します。
引用元:スタイルアップ効果のあるインナー

一番使われている補正下着と言っても過言ではないのが、ウェストニッパーです。年齢を重ねると、どうしてもお腹周りがたるんでしまいがちです。そのため、30代~40代の女性であれば、1度はウェストニッパーやガードルタイプの補正下着を買ったことがある人も多いのです。

ブラジャータイプやウェストニッパー以外にも補正下着はあります。おしり部分が気になる人は、ヒップアップショーツ、下腹を徹底的に整えたい場合はハイウエストガードルなどです。気になる部分は、どの補正下着がいいのか分からない人はランジェリーショップなどの店員さんに聞いてみましょう。

補正下着は贅肉のたるみを防いでくれる

補正下着は体を整えてくれるだけではなく、贅肉がこれ以上たるまないようにしてくれる効果もあります。贅肉は放っておけば放っておくだけたるんでしまいますが、補正下着で矯正することでそれ以上のたるみには発展しないため、日常的に利用している人が多いのです。

贅肉を落とすだけだと皮膚のたるみが発生してしまい、理想の体型に近づくのは難しくなってしまいます。そこで利用して欲しいのが「補正下着」。補正下着は気になる贅肉を整えるだけでなく、美しいスタイルへと改善する効果もあるのです。
引用元:贅肉を整えて美しいスタイルを作る補正下着の効果を調査

一般的な下着とは異なり、補正下着には「体型を改善する」効果があります。普通の下着よりも強い力が働くよう設計されており、流れやすい脂肪を本来の位置へと誘導。崩れたスタイルを、少しずつ改善してくれるのです。
引用元:贅肉を整えて美しいスタイルを作る補正下着の効果を調査

補正下着は一般てきな下着よりも、ややきつめに作られています。そのため、長時間身に着けていると体調を崩す人もいるので注意しましょう。いくら体型を整えるためとはいえ、補正下着で体調を崩したら本末転倒です。

補正下着を着けていると薄着になった時にバレるのが不安で困っていました。そんな時に友達に進められた補正下着は着けているようには全く見えない商品で締めつけ具合も丁度良いので愛用しています。
引用元:ぽっこり お腹 専用 パンツを依頼したい方におすすめの補正下着通販ショップを紹介しています。

安い補正下着を購入したのですが全く締めつけられず補正下着の役割を果たしていませんでした。今回はバストと骨盤周りをしっかり補正してくれる商品と出会えたので満足しています。価格的にもお手頃なので予備も購入しました。引用元:ぽっこり お腹 専用 パンツを依頼したい方におすすめの補正下着通販ショップを紹介しています。

補正下着だからと言って、どれでも効果が現れるわけではありません。高価なものを買う必要はありませんが、費用と効果は比例している部分もあるので、極端に安価なものは避けた方がいいでしょう。

毎日必ず身に着けるショーツですが、自分のヒップに合ったものを選ばないと、余計なところに脂肪がついてお尻が垂れる原因となってしまいます。補正力のあるショーツの機能と重要性を知り、丸みのある美しいヒップを維持するようにしましょう。
引用元:補正下着のショーツを正しく選ぶポイントとは?

補正下着のひとつであるショーツは、垂れ下がったお尻の脂肪を持ち上げ、美しいヒップラインづくりをサポートするもの。ガードルに比べると補正効果は弱めですが、ほど良い締めつけでお腹周りもケアしてくれるため、スッキリとした下半身のラインができあがります。
引用元:補正下着のショーツを正しく選ぶポイントとは?

贅肉がついてしまう原因として、下着をきちんと身に着けられていないというものもあります。サイズの合っていない下着を身に着けることで余計なところに贅肉がついてしまい、矯正するのに大変という人も珍しくありません。ブラジャーのサイズは気にしていても、ショーツまではきちんとサイズを測らない人も少なくありません。下半身に余分な贅肉をつけたくなければ、下着はすべてサイズを測ってから買いましょう。

補正下着の効果

補整下着は体を正しく整えるための下着です。補正下着にも、胸用の補正ブラ、ウエスト用のニッパーやガードル、ヒップ用の補正ショーツなど、改善したい部位によって多く種類があります。中でも補整ブラは、胸の形を少しずつ改善させ、補正ブラをしなくでも美しいバストラインを維持できるように作られています。
引用元:補正下着って効果あるの?メリット&デメリット

補整下着は一般的な下着に比べると、硬く頑丈に作られているので姿勢良くキープする力があります。そのため、継続的に補正ブラを着用していれば、自然に姿勢よくなる効果があります。
引用元:補正下着って効果あるの?メリット&デメリット

体型を整えたい場合、補正下着を身に着けることが一番です。どの補正下着も矯正効果がありますが、サイズの合わないブラジャーをつけて胸の形が崩れてしまったなど、長く身に着けることで効果を実感出来るようになります。自然と姿勢も良くなるため、きっちりとした雰囲気を作ることが出来ます。

補正下着を付け始めるタイミングは、からだのエイジングがはじめる前の27歳頃からがベストです。この頃からきちんとした下着を付けていると、若いころのバストとヒップの位置を保つことができます。

補正下着を身につける人は、30代後半~40代になってからが多いのですが、体が崩れ始める前に身につけておくことで効果を最大限発揮してくれます。ただ、30代後半になってからが遅いわけではなく、体が戻るまでに時間がかかってしまうため、早めに身に着けておきましょう。

補正下着は日常的に使いたい

補正下着と言っても、短期間だけでは効果も実感出来ません。補正下着は意外と身につけておく期間が難しいものです。長期間身に着けていると体調を崩す可能性もありますし、短期間では効果が実感出来ません。そのため、1日中身に着けるのではなく、1日のうちの数時間を身に着ける、仕事中だけ身に着けるなど自分のルールを決めておくといいでしょう。

七転八倒しないと履けないような下着を着けると、尿意を催してもトイレを避けがちに。そうすると、膀胱炎になる可能性が高まってしまう。その点では、トレンドのジャンプスーツも避けたほうが安全かも。
引用元:スタイルよく見せたくても…「補正下着」で気をつけたいこと

長時間に渡って脚を締め付けると、これらの問題が生じやすくなるんだとか。静脈瘤には遺伝的な要素が強いものの、気をつけておいて損はない。
引用元:スタイルよく見せたくても…「補正下着」で気をつけたいこと

補正下着は体を締め付けるものです。締め付けすぎると血流を悪くして、不要な病気の原因になる場合もあるのでほどほどにしておきましょう。

補正下着を着用することによって身体の熱を高めることは、つまり肝臓や腎臓、心臓などのカロリーを消費する臓器の代謝能力をアップすることと言えるでしょう。
引用元:補正下着で楽々ダイエット。口コミを元に補正下着の効果をまとめました。

ダイエット用補正下着は新陳代謝を高めるものだけでなく、気になる部分の脂肪を移動させたり、脂肪のかたまりを縮小させることができるものもあります。補正下着を着用することによってバスト、ウエスト、ヒップのバランスを整え、プロポーションを美しくしてくれます。
引用元:補正下着で楽々ダイエット。口コミを元に補正下着の効果をまとめました。

補正下着について、日常的に身に着けた方がいいと思う人と、そうではない人といます。どちらもメリットとデメリットがあるので、身に着ける人が無理をしない程度に身に着ければいいのではないでしょうか。

トップへ戻る