垂れ下がったお尻にサヨナラ!お尻をキュッと持ち上げるための簡単トレーニングであなたも美尻に☆

ぴったりラインのスキニーやスカートを履いた時に、気になるのが四角く垂れ下がったお尻です。でもヒップアップのための運動はなかなか続かないですよね。そこで日常生活の中で簡単にできて美尻に効く、ながらトレーニングをご紹介します。

キュッと上向きの美尻になりたい!

上向きで丸みのある美尻は、女性の永遠の憧れです。

ハードなヒップアップエクササイズは多々あれど、毎日こなすのは大変ですよね。そこで普段の生活で気軽にできて、お尻をみるみる持ち上げる効果的な秘策をレクチャーします。

お尻が垂れる原因ってなに?

美尻作りの前に、まずはお尻が垂れる原因を知りましょう。ヒップラインを崩す3つのポイントに迫っていきます。

①基礎代謝&筋力の低下

運動不足や加齢により代謝が落ち、お尻のラインは年齢と共に下がっていきます。特にお尻は心臓から遠いので、血行不良になりやすく脂肪が付きやすいので注意が必要です。

②骨盤の歪み

女性の体の要である骨盤が歪むと、血液やリンパの流れが悪くなり余分な脂肪が増えます。お尻が大きくなるだけでなく、生理不順や冷えの原因にもなるので気を付けましょうね。

③姿勢の悪さ

普段から体を歪めたり猫背で過ごすと、お尻の筋肉が効果的に使われません。日常生活の中で正しい姿勢を意識するだけでも、美しいお尻作りに役立ちます。

美尻を作る“ながらトレーニング”

それでは、美尻を作るための簡単トレーニングを実践していきましょう。

①お尻の穴を締める

普段の生活で、気付いた時にお尻の穴に力を入れて引き締めます。

左右のお尻を寄せるイメージで持ち上げれば、お尻の筋肉である大殿筋が鍛えられるのでヒップアップ効果が得られますよ。

②肩甲骨を寄せて歩く

歩く行為はそれだけでお尻を使いますが、より効果を上げるには正しい姿勢で歩くことが大切です。

背筋を伸ばして腕を後ろに引き、肩甲骨を寄せましょう。骨盤が連動して足が前に出るので、よりお尻の脂肪燃焼に繋がります。

③歩幅を大きくする

美尻効果を高めるには、歩く時の歩幅が大きく関係してきます。

歩幅が広い人は、歳をとってもお尻が垂れないというデータもあるほど!大股で歩くことでお尻・太もも・お腹の筋肉まで使うので、くびれ作りも叶えてくれますよ。

④階段の昇降が効く

歩くこと以上にヒップトップを上げる動作は、階段の昇降です。

エスカレーターやエレベーターは避け、なるべく階段を選びましょう。しっかりかかとをつけて着地すると太もも裏&お尻が使われるので、大殿筋が鍛えられお尻が上向きになります。

⑤姿勢を正してめぐりを高める

猫背になると、血行不良や肩コリ&腰痛を引き起こします。

骨盤やお尻にも負担がかかるので、お尻の形が崩れる原因に!特にパソコンやスマホを使う時は肩が前に出て前傾姿勢になりやすいので、気を付けたいですね。

⑥座り方を見直す

座る姿勢はお尻を圧迫するので血行不良を起こし、お尻をつぶして垂れさせます。

1時間に1度は椅子から立ち、長時間座り続けないように注意しましょう。椅子に深く座り、お尻がつぶれないよう太ももで座るイメージを持つのがポイントです。

⑦ヒールの高い靴を避ける

ヒールの高い靴は一見ヒップアップ効果が高いイメージがありますが、実は逆効果です。

膝が内側に入りお尻の筋肉を上手く使えないので、垂れ尻を加速します。高ヒールの靴だけでなく、低い靴やペタンコ靴も取り入れローテーションしながら履きましょうね。

⑧骨盤を正しい位置に整える

美尻の要は骨盤なので、骨盤の歪みはお尻の横幅を拡張させます。

脚を組んだり片方の肩にだけ荷物を持つなど、骨盤や身体の歪みに繋がることは避けましょう。骨盤を正しい位置に整えることで、スリムなお尻が手に入ります。

⑨食事でタンパク質を摂取する

毎日口にする食事も、美尻ケアには大きく影響します。

お尻の筋肉を整えるには、タンパク質やカロリーが必要不可欠です。健康的なお尻を手に入れるには加工品ではなく自然食品を選び、マグロ・鶏ムネ肉・卵白など低脂肪のタンパク質が有効です。

⑩サイズの合った下着選び

24時間お尻に密着している下着は、ヒップへの影響力大です。

サイズが小さい下着はハミ肉を生み出し、たるみを進行させます。お尻全体をすっぽり包み込むようなデザインを選びましょう。普段はデザイン重視の下着で、就寝時のみサイズの合った下着を着用するのもアリですね。

意外と簡単に美尻はGETできる♡

ツラいヒップアップ運動や食事制限をしなくても、普段の生活をちょっと工夫するだけで美尻はGETできます。お尻に意識を向けることから始まるので、さっそく今日からトライしていきましょう♡

トップへ戻る