夏はもうすぐ!心も体も元気になる鮮やかカラーでイメージチェンジしちゃおう♪

夏は鮮やかな色のアイテムを纏って元気なイメージをプラス!

秋や冬に明るい色のアイテムを着用すると、モノによっては少し派手なイメージになってしまうことも。でも、夏ならそのようなことはなく、元気で活発なイメージになるので大丈夫!今年の夏は明るい色のアイテムを纏ってイメージを変えてみましょう♪

出典: 

秋や冬に明るい色のアイテムを着用すると、モノによっては少し派手なイメージになってしまうことも。でも、夏ならそのようなことはなく、元気で活発なイメージになるので大丈夫!今年の夏は明るい色のアイテムを纏ってイメージを変えてみましょう♪

ワンピース

1枚でサマになると言ったら、やっぱりワンピースですよね。涼しくて着心地も楽なので、1~2枚は持っておきたいアイテム。夏らしいブルーのワンピースはいかがですか?帽子のリボンや、かごバッグの布、靴の黒で引き締まったコーデになっています。

出典: 

1枚でサマになると言ったら、やっぱりワンピースですよね。涼しくて着心地も楽なので、1~2枚は持っておきたいアイテム。夏らしいブルーのワンピースはいかがですか?帽子のリボンや、かごバッグの布、靴の黒で引き締まったコーデになっています。

シャツタイプのワンピースも夏らしくておすすめ。海の色を連想させるブルーは、白いシューズやトートバッグ、かごバッグとの相性がバツグンです。

出典: 

シャツタイプのワンピースも夏らしくておすすめ。海の色を連想させるブルーは、白いシューズやトートバッグ、かごバッグとの相性がバツグンです。

「真っ赤なワンピースなんて派手じゃない?」いいえ、そんなことはありません!夏なら女らしく、そして情熱的な印象に。リゾートやデート着にもぴったりです♪

出典: 

「真っ赤なワンピースなんて派手じゃない?」いいえ、そんなことはありません!夏なら女らしく、そして情熱的な印象に。リゾートやデート着にもぴったりです♪

黄色のワンピースも明るいコーデになっていいですね。スニーカーをあわせることでほどよくカジュアルになっているのも◎。

出典: 

黄色のワンピースも明るいコーデになっていいですね。スニーカーをあわせることでほどよくカジュアルになっているのも◎。

カットソー・シャツ・Tシャツ

カットソーやシャツ、Tシャツなどのトップスに明るい色を持ってくるのもアリ。ボトムスは白でなくてもよいですが、形はシンプルなものを選ぶのがおすすめです。

出典: 

カットソーやシャツ、Tシャツなどのトップスに明るい色を持ってくるのもアリ。ボトムスは白でなくてもよいですが、形はシンプルなものを選ぶのがおすすめです。

顔色が良く見えるオレンジはトップスに持ってこいのカラーです。ボトムスにホワイトや淡いベージュなど薄い色を選べば、夏らしさも倍増です!

出典: 

顔色が良く見えるオレンジはトップスに持ってこいのカラーです。ボトムスにホワイトや淡いベージュなど薄い色を選べば、夏らしさも倍増です!

白系のパンツが苦手な人はギンガムチェックでもOK。白色が混ざっているので、黒色や紺色のギンガムチェックでも重い感じになりにくいです。

出典: 

白系のパンツが苦手な人はギンガムチェックでもOK。白色が混ざっているので、黒色や紺色のギンガムチェックでも重い感じになりにくいです。

赤いブラウスもふんわりシルエットなら明るく優しい印象に!デニムやかごバッグとも相性ぴったりのコーデです。

出典: 

赤いブラウスもふんわりシルエットなら明るく優しい印象に!デニムやかごバッグとも相性ぴったりのコーデです。

ボトムスを白にして帽子と足元で引き締める、イエローのトップスが映えるコーデです。足元をサンダルにすると、より夏らしさを引き出せますね。

出典: 

ボトムスを白にして帽子と足元で引き締める、イエローのトップスが映えるコーデです。足元をサンダルにすると、より夏らしさを引き出せますね。

ビタミンカラーの一つのグリーンもおすすめのカラーです。白またはベージュのボトムスを持ってくれば、すんなりコーデも決まります。

出典: 

ビタミンカラーの一つのグリーンもおすすめのカラーです。白またはベージュのボトムスを持ってくれば、すんなりコーデも決まります。

白いワンピースにグリーンのカーディガンを羽織るのもアリです。シャツワンピースの時はスニーカーにすると、カジュアルな夏コーデが完成します。

出典: 

白いワンピースにグリーンのカーディガンを羽織るのもアリです。シャツワンピースの時はスニーカーにすると、カジュアルな夏コーデが完成します。

シンプルになりそうなモノトーンのコーデにも、明るい色のシャツを差し色にすればぐんとおしゃれに!キャップやサンダルでメンズライクにして、甘さを抑えたバランスのよい着こなしもGOOD。

出典: 

シンプルになりそうなモノトーンのコーデにも、明るい色のシャツを差し色にすればぐんとおしゃれに!キャップやサンダルでメンズライクにして、甘さを抑えたバランスのよい着こなしもGOOD。

ボトムス

鮮やかな色を顔まわりに持ってくるのに抵抗がある人はボトムスでもOK。この写真のように、シースルーのものを選べば、より涼しい感じがアップします。

出典: 

鮮やかな色を顔まわりに持ってくるのに抵抗がある人はボトムスでもOK。この写真のように、シースルーのものを選べば、より涼しい感じがアップします。

鮮やかなグリーンのフレアスカートはいかがでしょう?トップスをレース素材にすれば、黒色を選んでも重くならずレディな印象になりますね。

出典: 

鮮やかなグリーンのフレアスカートはいかがでしょう?トップスをレース素材にすれば、黒色を選んでも重くならずレディな印象になりますね。

より女の子らしさを出したい時は、濃いめの赤いフレアスカートがおすすめです。トップスに白いブラウスをあわせれば、鮮やかな色を使ってもふんわりとした印象になります。

出典: 

より女の子らしさを出したい時は、濃いめの赤いフレアスカートがおすすめです。トップスに白いブラウスをあわせれば、鮮やかな色を使ってもふんわりとした印象になります。

イエローのスカートも夏に挑戦してみたいアイテムです。他のアイテムに暗い色を使わないところがポイントです。できれば白に近いものを選んでみて。

出典: 

イエローのスカートも夏に挑戦してみたいアイテムです。他のアイテムに暗い色を使わないところがポイントです。できれば白に近いものを選んでみて。

イエローのスカートはデニム素材とも相性ぴったり!袖をロールアップしたり、髪の毛をまとめるなど、こなれ感を出して。夏のおでかけにぴったりのコーデです。

出典: 

イエローのスカートはデニム素材とも相性ぴったり!袖をロールアップしたり、髪の毛をまとめるなど、こなれ感を出して。夏のおでかけにぴったりのコーデです。

どこか一つに鮮やかなカラーを入れるだけで印象がガラリと変わる!

鮮やかなカラーのアイテムは着こなしが難しい気がしてしまいますよね。しかし、どこか一つにカラーのアイテムを入れて、あとはシンプルなカラーとデザインのものを選ぶだけで良いので、初心者でも安心して挑戦できるファッションです。印象がガラリと変わるのでぜひ今年はチャレンジしてみてくださいね。

出典: 

鮮やかなカラーのアイテムは着こなしが難しい気がしてしまいますよね。しかし、どこか一つにカラーのアイテムを入れて、あとはシンプルなカラーとデザインのものを選ぶだけで良いので、初心者でも安心して挑戦できるファッションです。印象がガラリと変わるのでぜひ今年はチャレンジしてみてくださいね。

トップへ戻る