夏に向けてボディラインを整えたい!しっかり食べるほど痩せやすい?!健康的なダイエット法♪

 ダイエット女子に朗報!プロが教える食べるほどやせる食事法

健康的でメリハリのあるボディラインを実現するには「食べる」ことも大切!食事の工夫で代謝を高め、体脂肪をしっかり燃焼できる状態に整えましょう。

代謝を高めて体脂肪を燃焼させる食事術

贅肉がなくメリハリのあるボディラインを実現するには、食事量を減らさなきゃ!と思っていませんか?

過度に食事量を減らしたり、低カロリーなものばかりを食べたりすると、体内が栄養不足による低代謝状態に。うまくエネルギーを消費できず太りやすい体質になってしまいます。

健康的でメリハリのあるボディラインを実現するには「食べる」ことも大切!食事の工夫で代謝を高め、体脂肪をしっかり燃焼できる状態に整えましょう。

代謝アップのカギは「たんぱく質」と「ビタミン・ミネラル」

ごはんやパン、麺類などに豊富な「炭水化物」や油に含まれる「脂質」はエネルギー源。摂りすぎると体脂肪を増やしてしまいますが、体脂肪を燃焼させるのにも欠かせない栄養素です。

肉や魚、卵、豆製品、乳製品に豊富な「たんぱく質」は、肌や筋肉の主な原料。体脂肪を燃焼させたり、ボディラインをキュッと引き締める役割を担う「筋肉」を修復したりつくったりするのに欠かせません。

野菜や果物に豊富な「ビタミン・ミネラル」は消化・吸収のはたらきをサポートしたり代謝を高めたりするお助け成分。栄養素を効率よくエネルギーに変換させるのに欠かせません。

これらの栄養素は「チーム」ではたらくため、摂取カロリーを減らそうと食事を野菜「だけ」にしたり、ごはんを全く食べないようにしたりすると代謝を下げてしまいます。

健康で美しい身体を実現するには、摂りすぎると体脂肪を増やす「炭水化物」と「脂質」は必要量にとどめ、代謝を高める「たんぱく質」と「ビタミン・ミネラル」をしっかり摂取することが大切。

炭水化物を減らすことは一生懸命おこなっても、たんぱく質やビタミン・ミネラルをしっかり摂ることができていなかった!という人も多いのではないでしょうか。

「メリハリボディを育てる栄養素をしっかり取り入れる」という意識で食事内容を工夫しましょう。

覚えておきたい「食べる量の目安」

29

「でも、どのくらい食べていいのかわからないと不安!」という場合は、目安を覚えておきましょう。

1食で摂取したい栄養素の量(割合の目安)は、

・炭水化物(主食)…片手の握りこぶし1つぶん

・たんぱく質(主菜)…方手のひら1枚ぶん

・ビタミン・ミネラル(副菜)…両手いっぱい

※脂質は、食材に含まれているぶんや調理に使うもので摂取できます。

※体格や身体の大きさによって必要量は変わりますが、手の大きさは身体の大きさにあっている場合が多く、良い目安になります。運動量が多い場合は増やしてくださいね。

※20~30代女性の「目安」です。成長期や運動量が多い場合などはさらに必要ですので、ライフスタイルにあった適量を知りたい場合は専門家に相談しましょう。

食事は我慢しなくていい!

「量はわかったけれど、何なら食べていいですか…?」

こんなご相談をいただくこともあります。

パンよりもごはんの方が、肉よりも魚の方がやせやすい?それも事実ですが、食べ過ぎなければ全く問題ありません。大好きなお肉を我慢してストレスを溜め込み、どか食いをしてしまう方がよっぽど太りやすくなります。

食事を「楽しむ」ことも、ダイエットを成功させるコツ。苦行ではリバウンドを招いてしまいます。

必要な栄養素をバランスよく摂取すると、体内のはたらきが活性化して代謝がアップ。同じ運動量でもぐっとやせやすくなりますよ。

ぜひ、食材ごとの摂取量を工夫して、しっかり食べてどんどん燃やす体質を実現してくださいね。

トップへ戻る