ぷっくりリップで彼を夢中にさせちゃおう♪

彼を誘惑♡一気にメイク上手になれるぷっくりリップの作り方

photo by Fotolia.com

photo by Fotolia.com

女の子らしさを強調してくれるパーツであるリップ。女性のリップには色気があると感じる男性も多いんだとか。そこで今回は、一気にメイク上手に見せることのできるリップメイクのコツをご紹介します。

1.リップケアのコツ

ぷっくりリップを作るためには、リップがきちんとのるような唇を作ることがポイント。リップが乾燥していたり、汚れていたりすると綺麗にのらないことも…。まずはリップがきちんとのる唇を作りましょう。

唇が乾燥している場合

手の皮膚が乾燥すると肌荒れすることがあるように、唇も乾燥が悪化するとひどくなることがあります。そして、唇は身体の中で乾燥しやすい部位といわれています。
というのも、唇はデリケートな部分である上に、皮脂腺がないので水分が蒸発しやすいと言われています。こまめにリップクリームを塗ってケアしましょう。また、こまめにリップクリームを塗っているのに唇がいつも乾燥している場合は、他の原因も考えられます。

唇は、皮膚の中でも特に栄養不足や栄養過多による肌荒れがダイレクトに現れる部分ですので、例えばビタミンB2が不足すると、唇の荒れを引き起こすとも言われています。
慢性的に唇の乾燥に悩まされているという方は、レバー、のり、しいたけなどビタミンB2が入っている食べ物を積極的に摂るのもいいでしょう。

唇が汚れている場合

次に、唇の荒れの原因として考えられるのが、唇に付着した汚れ。食事をした際に汚れを拭おうと、ティッシュなどでゴシゴシこすったり、クレンジングで落ちきれなかった口紅が唇に付着していると、唇の荒れの原因になることがあります。
唇の汚れは、刺激を与えずに丁寧に汚れをとることがポイントです。

2.ぷっくりリップの作りかた

photo by Fotolia.com

photo by Fotolia.com

リップクリームを塗って唇を保湿したら、口紅を塗る前にリップライナーを使いましょう。リップライナーを使うことで、リップの発色や色持ちがよくなります。リップライナーで唇の輪郭を描く時のポイントは、全体的に丸みをつけるようにすること。

唇が小さい人は、ちょっとオーバー気味に描くと、存在感が出てぷっくりと可愛いリップが完成します。逆に大きすぎて気になる人は、コンシーラーで唇の輪郭を消して理想の形にして、ほんの少し小さめにラインを引くのがいいでしょう。

ちなみに、リップのラインは最初に唇の中央から描き始めると、左右のバランスを見ながら綺麗な輪郭のリップが完成します。輪郭が完成したら、口紅で輪郭の中を埋めるようにしましょう。

最後に、唇の中央部分だけにグロスを重ねるようにすると立体感がアップして、ぷっくりとしたリップの完成です。グロスは縦にいれると綺麗に見えます。

いかがでしたか?デートメイクの仕上げにぜひ試してみてくださいね。

トップへ戻る