お部屋を簡単リノベ♡100均の「クッションレンガシート」知ってた?100均3社徹底比較!

貼るだけでスタイリッシュになるシート

レンガをモチーフとしたぷっくりとした立体感のあるデザインシートがダイソーから登場し、貼るだけで色々なものをリメイクできると大ヒット!品薄状態が続いている「クッションレンガシート」をご存知ですか。

最近ではセリア、キャンドゥからも登場しました。そこでダイソー、セリア、キャンドゥの「クッションレンガシート」を比較してみました。驚きのリメイクアイデアも必見です!

クッションレンガシートを徹底比較!

Media?size=l
instagram.com

ぷにぷにっとした柔らかな触り心地でクッション性に優れており、ハサミで簡単に切ることができます。裏がステッカー状になっているので、貼る場所を綺麗にし、はくり紙を剥がしてペタッと貼るだけで簡単におしゃれに仕上がります。

ダイソーとキャンドゥで比較

Media?size=l
instagram.com

まずはデザイン、サイズが似ているダイソーとキャンドゥで比較してみましょう。ダイソーは1枚150円、マット感のあるデザイン。キャンドゥは1枚100円、つややかで丸みのあるデザインになります。

・ダイソー サイズ約71cm×15cm、1枚150円、JANコード4549892 064814(ホワイト)

・キャンドゥ サイズ約69×15cm、1枚100円、JANコード4991203175632(ホワイト)

Media?size=l
instagram.com

厚みの違いを見てみると、ダイソーの方が厚く、キャンドゥは少し薄いタイプになります。

ダイソーとセリアで比較

Media?size=l
instagram.com

ダイソーの1枚150円サイズ約71cm×15cmに対し、セリアは1枚100円約70cm×9.5cm。画像はダイソー2枚(計300円)、セリア3枚(計300円)になり、ほぼ同じ大きさになります。

・セリア「リメイククッションシート」1枚100円、サイズ約70cm×9.5cm、JANコード4972822370059(ホワイト)

カラーラインナップ

Media?size=l
instagram.com

カラーラインナップですが、ダイソーはホワイト、グレー。セリアは、ホワイト、ワイングレー、ブラックに近いグレー、モカブラウン。キャンドゥは、ホワイトのみになります。※店舗によって在庫は異なります。

こんな使い方もあった!リメイクアイデア

1.保護、汚れ隠し

Media?size=l
instagram.com

柱や壁の汚れや剥がれ、ネコによる引っ掻き傷などを簡単に隠すことができます。クッション性もあるのでぶつかると危ない場所、釘隠しにも使えます。

2.家具をリメイク

Media?size=l
instagram.com

持っている家具に飽きてきた、インテリアを変えたいと思った時は、クッションレンガシートを貼るだけで雰囲気がガラッと変わり、高級感もUPするので試してみましょう。

3.細かなスペースも簡単リメイク

Media?size=l
instagram.com

ハサミで簡単に切ることができ、厚みがあるので、貼りにくいスペースでも簡単にリメイクできます。リメイクシートで空気が入ってしまい手間取った人にも、より手軽なクッションレンガシートがおすすめです。

4.換気扇にペタッ

Media?size=l
instagram.com

クッション性のあるシートは断温・防音効果も期待できそう。音が気になる場所や寒さが気になる北向きの部屋などに使うのはいかがでしょうか。※完全に断温・防音できるものではありません。

5.壁をスタイリッシュに

Media?size=l
instagram.com

インテリアの一部として、壁にアクセントをつけることができます。テレビの裏に貼るだけでもお部屋がより素敵にアップグレードされます♡

6.階段に

Media?size=l
instagram.com

レンガモチーフなので木との相性もよく、階段などの小スペースに貼っても素敵ですね。

7.インテリアをDIY

Media?size=l
instagram.com

立体感のあるクッションレンガシートは、@kani_diy92さんのように結婚式用のウェルカムボードに使っても素敵。もちろんダイソー、セリア、キャンドゥ、どれもデザイン性に優れていますが、少しずつ違うので好みに合わせて作って見てくださいね。

8.ヘリンボーンデザイン

Media?size=l
instagram.com

@teeeemmmmmさんは、レンガを一つ一つ切りとり、ヘリンボーンデザインに仕上げています。本物のレンガはサイズが微妙に違うので難しいですが、レンガシートなら簡単!シートの特性を活かした驚きのアイデアに脱帽です。

9.ペイントを施し、オリジナルカラーに

Media?size=l
instagram.com

欲しかった色がない場合は、思い切ってペイントしてしまいましょう。@_ritsu9123u_さんは、塗料を弾かないように薬剤「ミッチャクロン」を吹きつけてから、水性つや消しペイントを施しています。

Media?size=l
instagram.com

シックなブラウン系の木目にブラックカラーのレンガシートがフィットしていて、スタイリッシュに仕上がっています。

10.細かく切ってオルテガデザイン

Media?size=l
instagram.com

なんと男性にも女性にも人気のオルテガデザインを、クッションレンガシートで作ることができます!@wa_aaaaaaさんは、余った部分で時計もアレンジし、統一感のあるインテリアに仕上げています。

11.壁を活かしたアレンジ

壁一面を使って、大胆なアレンジを施す人も!セリアのコンクリート柄リメイクシートを貼った壁を活かしたデザイン加工は、必見ですよ。

Media?size=l
instagram.com

@ruru_0703さんは、刷毛で軽くこするようにしてグレーカラーのペンキでペイント、次に漆喰風にダイソーの白セメントと白ペンキを混ぜて塗り、仕上げにブライワックスを使っています。

12.とことんクールに巨大リメイク

Media?size=l
instagram.com

@jankenken0609さんは、壁に大掛かりなリメイクを加えて、入口にもアレンジを施しています。

Media?size=l
instagram.com

ダイソーのクッションレンガシートと紙粘土を使って、重厚感あふれるアンティーク調のレンガに仕上げています。この数のクッションレンガシートを集めるのは大変ですが、達成感をたっぷり味わえそうですね。

大きなスペースを綺麗に仕上げるコツ

大きなスペースに貼る場合、レンガ模様のシートのつなぎ目を綺麗に仕上げるコツがあります。左右にあるレンガ半分のデザインをハサミで切り取り、パズルのように合わせると綺麗に仕上がります。

Media?size=l
instagram.com

クッションレンガシートが汚れた時は、中性洗剤を薄めた液を布につけて、しっかりと絞ってから拭きとることができます。

貴方の空間をレンガで飾ろう♡

お値段以上、コスパ的にも優れたクッションレンガシートが品薄になるのも納得ですね。貴方のお家の中も、魅力的なレンガデザインにリメイクしてみませんか。

トップへ戻る