スキンケアはメイクの一部だよ!勝負メイクには最強スキンケアで土台作り♡

photo by Fotolia.com

photo by Fotolia.com

大事なデートや結婚式にお呼ばれされたときなど、今日はメイクを綺麗にしたい!見せたい!ということがありますよね。そこで今回は、そんな特別な日におすすめの、メイクを綺麗に見せてくれるスキンケアテクニックをご紹介します。
もしかしたら、メイク前のスキンケアに時間をかけるなんてちょっと面倒だと思うかもしれませんが、メイクのりがグッと良くなるので、ぜひ一度試してみてくださいね。

洗顔

朝の洗顔は、肌自体を目覚めさせ、不要な皮脂や汚れを落とすことが目的です。気をつけたいのが、洗顔後にできるだけ早く化粧水で水分補給をすること。洗顔後のお肌は無防備な状態になっているので、素肌を放置する時間を短くするようにしましょう。

メイク崩れを防ぐ保湿テク

メイクのりを良くするためには保湿がとっても重要です。お肌が乾燥していて、ファンデが浮いてきてしまったり、口の周りが乾燥して粉を吹いてしまったことはありませんか。メイクがうまく乗らないと、結果的にメイクを重ねることになり、厚塗りだという印象を与えてしまうこともあります。

乳液やクリームを使うとベタつきやテカりが気になってしまうという方は、シートパックがおすすめです。シートパックはものにもよりますが、5分程度時間を置くと効果が高いものが多いので、シートパックをしている間にヘアセットをしたり、着替えをしたり他の準備をすると時短にもなります

もし、シートパックが手元にない場合は、化粧水や乳液をつける前に、手のひらで人肌程度に温めてからお肌につけるのが良いでしょう。化粧水や乳液を人肌程度に温めることで、お肌への浸透力が高まる効果があります。さらに手のひらで顔全体を包み込むように優しくハンドプレスすると、浸透力がアップします。乾燥度合いと、保湿にかけられる時間に合わせてスキンケアを工夫してみてください。
ちなみに保湿ケアをしてからお肌になじむまで、少し時間を置いてからメイクをすることで、よりメイク崩れを抑えることができますよ。

メイクの仕上げを左右する毛穴テク

photo by Fotolia.com

photo by Fotolia.com

メイクの仕上げを左右するのが毛穴テクニック。毛穴が引き締まっていると、きめ細かい肌になり、メイクを綺麗に見せてくれます。毛穴を引き締めるために有効なのが、コットンで行うタッピング
タッピングの方法ですが、まずコットンに化粧水をたっぷりつけます。その後、お肌全体にコットンをペタペタと軽めにあてていきます。このとき気をつけるポイントは、タッピングをなるべく軽めに行うこと。お肌をたたくのではなく、羽を舞い上げるような軽い力で優しく刺激するのがポイントです。
強くあてても効果が高まるわけではなく、むしろ摩擦でお肌を傷つけてしまうこともあります。 少しずつコットンをあてる場所を移動させながら、最大100回ほど行いましょう。
ちなみに、ニキビや肌荒れがある場所は、コットンの繊維が刺激になってしまうこともあるので避けるようにしましょう。

いかがでしたか?今日こそは綺麗に見せたいという日にぜひ試してみてくださいね。

トップへ戻る