「これだけは絶対NG!」7つのハイカロリーフード

今回は、ダイエットの大敵、ハイカロリーフードをご紹介します。

飲み会や、普段の生活で好んで食べていませんか??

1.ピザ

shutterstock_225746563

ソースと脂質の多いピザ(ハムやソーセージなど)は1カットで約285カロリーもあり、これはサラダとカットフルーツのカロリーに匹敵します。

また、サラダとカットフルーツは1日に必要なカルシウムとプロテインの20%を補うことができるダイエッターの味方でもあります。

2.アイスクリーム

shutterstock_196658258

バニラアイスとフローズンヨーグルト。カロリーは大差ないものの、含まれるお砂糖と脂質の差は歴然。

もし食後に冷たくて甘いデザートが恋しくなったら、低カロリーのアイスクリームを選び、食べる量は半分に調整することをオススメします。

3.ポテト

shutterstock_438407203

様々な料理に使われるじゃがいもは、栄養価も高く、むくみを改善し血行を良くするビタミンCやカリウム、マグネシウムが含まれています。

だからといって、油断は禁物。脂を吸ったフライドポテトやポテチは避けましょう。

4.カカオ含有量の少ないチョコレート

shutterstock_237622120

近年の研究では一貫してチョコレートを食べることに多くの効能があると言われており、細胞をダメージから守ったり、免疫を高めることを助ける作用があります。

そのためには、少なくとも65%以上のカカオ含有量のあるチョコレートを摂取しましょう。

5.シロップ入りのラテ

shutterstock_237340879

エスプレッソドリンクは総じてカロリーが高いもの。

ホットミルクはアイスミルクよりもカロリーが高く、好みで砂糖やシロップを追加する人も多くいます。ホイップクリームだけでも約80カロリーもあるんです。

午後のほっと一息の一杯を、ブラックコーヒーやアメリカン、ストレートティーに置き換えましょう。

6.クリームチーズ

shutterstock_158416802

ヘルシーな朝食の代表格、クリームチーズ。

確かにバターやスプレッドよりもカロリーが低く、選択も間違っていません。

ただ、パンやベーグルに塗るときはできるだけ薄く広げるように心がけましょう。

7.パンケーキ・ワッフル

shutterstock_359686436

ブランチタイムの王様と言えば、お砂糖やバターたっぷりのパンケーキとワッフル。

甘いソースやアイスにフルーツ、盛りだくさんにして食べたい気持ちを我慢…!食べるときはプレーンで味わうのが賢い選択肢です。

いかがでしたか?

ついつい手伸ばしてしまう食の誘惑たち。これらを日常的に飲み食いしていては、どんな運動の努力も水の泡。

自分へのご褒美は週に1回、月に1回など、自分なりのルールを設定して無理なく健康的な食事にシフトしましょう♪

トップへ戻る