暴飲暴食リセットのリミットは48時間!?脂肪の定着を防ぐ方法

photo by Fotolia.com

photo by Fotolia.com

「昨日は食べ過ぎちゃった…」と後悔することは誰でもありますよね。食事会や会社の飲み会に誘われれば高カロリーな食事をすることは避けられません。しかもお酒が入り、楽しくおしゃべりしながら食べるので、ついつい食べすぎてしまいがち。気がつけばお腹がパンパンになるまで食べてしまい、「もうダイエットは失敗!」と自暴自棄になって、翌日からさらに食べてしまう人もいるかもしれませんね。

でも、それってとてももったいないことをしているんです。実は食べてから約18~48時間は食事から摂り込んだ糖質は肝臓に蓄えられたままとどまっていて、まだ脂肪として身についてはいません。そこで、このスキに糖質をエネルギーとして消費してしまえば太らずにすむのです。逆に、余分な糖質が体内にある状態で、翌日も暴飲暴食してしまえば、どんどん太ってしまいます。食べ過ぎたら、その後の2日間は食べ過ぎをリセットする方法を実践してみてください。

食べ過ぎた翌日のリセット方法

photo by Fotolia.com

photo by Fotolia.com

温かいものと有酸素運動で代謝を上げる

食べすぎた翌日は代謝機能を上げて、食べすぎた分をエネルギーとして消費することが大切です。まず、起床後は水の代わりに白湯ホットミルクを飲み、身体を温めて代謝を上げましょう。朝食に温かいスープや味噌汁を飲むのもいいですね。また、運動を行って代謝を上げるのもおすすめです。朝に運動をすれば、1日中脂肪が燃えやすい状態が続きます。ただし、何も食べず、空腹の状態で運動すると危険なので、水分補給をした後にバナナなどの手軽な食べ物を摂ってから運動すると良いでしょう。運動の内容は、脂肪を燃焼する有酸素運動を10~20分ほど行うのがおすすめです。とはいえ、朝から激しい運動をすると心臓に負担をかけてしまうので、無理のない範囲で行ってくださいね。例えば、電車通勤している人はいつもより一駅手前でおりて歩くなど、手軽に実践できるところから始めてみるといいでしょう。

水分をしっかり摂ってむくみを解消する

味が濃いものを食べたり、お酒を飲んだりした翌日は身体がむくんでいることが多いはずです。しかし、むくみがひどいからといって水分を控えるのは逆効果。体内の古い水分が滞って、余計にむくんでしまいます。むくんでいる時ほど、こまめな水分補給を心がけ、体内の水をきちんと循環させましょう。水分を摂ることで血流が良くなって代謝もアップするので痩せやすくなります。さらにむくみを解消するには、足の裏を天井に向けて高く上げ、30秒間ブラブラさせるといいですよ。

消化酵素が多い食べ物と耳つぼ押しで胃の消化を助ける

暴飲暴食した翌日は、疲れている胃をサポートして消化がスムーズに進むようにすることも大切です。胃の働きが悪くなって消化不良を起こすと代謝が低下したり、便秘気味になったりするなどしてダイエットに悪影響が及ぼします。そこで、消化の良いものを食べたり、消化を助ける消化酵素を多く含む食材を食べたりして、胃の働きをサポートしましょう。特に酵素を多く含む大根おろしや発酵食品の納豆を食べるのがおすすめです。また、生野菜やフルーツを食べる時にはスムージーにしたり、細かく刻んだりして食材の細胞を壊してから摂取すると、酵素をたくさん摂取できると同時に、消化もされやすくなります。そのほかにも、消化を促進する胃の耳つぼを押すのもいいでしょう。

まとめ

いかがでしたか?たとえ食べすぎても取り返しがつかないわけじゃないというのは朗報ですよね。食べ過ぎをすぐにリセットする習慣を身につければ、もう食べすぎても落ち込まずに済みます。一晩食べすぎたくらいでダイエットをあきらめたりしないで、上手にリセットして、またダイエットをがんばってください。

トップへ戻る