1月31日は皆既月食&ブルームーン、見逃せば次は19年後!

1月31日(水)の夜、2018年注目の天体ショー「皆既月食」が起こります。日本で見られる皆既月食としては、2015年4月4日以来、約3年ぶりで期待が高まります。

南東の夜空に、赤く幻想的な月が浮かび上がる!

170126_star_top2

image via shutterstock

月食とは、月が地球の影に入りこんで、満月なのに暗くなったり、欠けているように見えたりする現象のこと。今回は、月が見える場所ならば、日本のどこにいても月食の一部始終が見られる好条件です。また、観察するときには特別な準備や道具は必要なく、時間になったら空を見上げるだけでOK。肉眼で楽しめるところが嬉しいですよね。それでは、当日のタイムスケジュールをチェックしておきましょう。

【月食タイムスケジュール】

  • 部分食の始まり:1月31日 20時28分
  • 皆既食の始まり:1月31日 21時51分
  • 皆既食の終わり:1月31日 23時8分
  • 部分食の終わり:2月1日 0時12分

月の一部分が地球の影に入りこむと「部分食」に、月全体がすっぽりと影に入ると「皆既食」になります。皆既食のとき、月は暗くなり、一般的に「赤銅(しゃくどう)色」と呼ばれる色合いに。いつもは明るく輝いている月が、赤く幻想的な姿になるなんて、これは必見ですね! 皆既食中の月は南東の空にいるので、観察したい場所から南東の空が見られるかどうか、今のうちにチェックしておきましょう。

次にブルームーンと重なるのは、なんと19年後!

今回の皆既月食は見逃してほしくない、特別な理由があります。それは「ブルームーン」と重なるから。ブルームーンとは、1ヵ月間に2度の満月が生じるときの、2度目の満月をさします(月が青く輝くわけではありません)。英語には「once in a blue moon」という表現があって、辞書を引くと「ときたま」「めったに~ない」とあります。ここから転じたようで「ブルームーンはめったに起こらない幸運なこと。見ると幸せになれる」といわれています。

ブルームーンも皆既月食も数年に一度は起こりますが、ふたつが同日に重なるのは、それこそめったに起こることではありません。私が調べたところによると、次にブルームーンと皆既月食が同日になるのは、2037年1月31日(偶然にも日付が今回と同じ!)。なんと19年後です!

皆既月食という天文現象にワクワクしながら、ブルームーンのロマンチックな言い伝えに心を躍らせて。そんなふうに月を楽しむ貴重な機会が、もうすぐやってきます。

トップへ戻る