着痩せを叶える!セールで買うべき冬の細みえアイテムとテクニック

photo by Fotolia.com

photo by Fotolia.com

アイテムや組み合わせが豊富で、おしゃれが楽しい冬。でも、アイテムによっては着太りしてしまうこともありますよね。そこで今回は細見えを叶えてくれるセールで買うべきアイテムをご紹介します。ファッションの力を味方につけてスタイルアップを実現しちゃいましょう。

細く見せるコツは、細い部分をしっかりと見せること。具体的には、華奢なパーツである首、手首、足首の3つの首を出すとスッキリ感が出て着痩せ効果があります。また、着痩せするカラーを味方につけることも大切です。それでは早速詳しく説明していきましょう。

1簡単細見えテク

首を細く見せるトップス選びのコツ

第一印象を左右する顔まわりにある首はトップスの力を借りて是非とも細く見せたいところです。首周りを覆ってしまうタートルネックより、Vネックの方がオススメ。首やデコルテが見えることで華奢な印象を与えることができ、顔をシャープに見せてくれる効果もあります。

またデコルテのラインが綺麗に出るので、UネックよりもVネックがオススメです。更に、ニットのシルエットによっても細見えを叶えることができます。おすすめしたいのは、デコルテに空間が出来てすっきりとした印象になるオフショルニット。

デコルテが少し見えるだけでも、ぐっと顔がシャープに見えます。そして両サイドにスリットが入った丈が長めのニットもオススメです。スリットからボトムスが覗くことで、縦のラインを強調してくれて、全体的にすらりと長く見せてくれます。

また体にぴたっと密着し、ラインをすっきり見せてくれるリブニットも細見えアイテム。ちなみに、編み目や凹凸模様がよく分かるざっくりとした編み方のニットであるローゲージニットの場合は、タイトめなボトムスとあわせて少し大きめのものを選ぶと錯覚効果が期待できておすすめ。

逆にぴったり目のローゲージのニットは肉感を強調し、実際よりも太って見せてしまうことがあるので避けたほうが良さそうです。

手首・足首を細く見せるコツとは

シャツの袖をまくったり、ニットを腕まくりして手首を見せるのが効果的。寒がりな方は、写真をとるときだけでも手首をまくってみるとガラッと印象が変わりますよ。他にはフェイスの大きな時計や、大きめのブレスレットなども手首の華奢感を強調してくれますよ。

そして足首は、パンツの裾を少しロールアップするとぐっと細見え効果が高まります。足首を出すと寒いという方は、ショート丈のブーツの中に靴下を重ね履きしたり、足用カイロを貼ると暖かいですよ。

ただ、3つの首を出すと体が冷えやすいので全て一気に出すのではなく足首を見せたら、首はマフラーで暖かくしたり、手首を出したら足首はタイツとブーツで防寒するなど無理せずに細見えを叶えてくれる方法を見つけてみてくださいね。

2着るだけで得する!細見えカラーとは

photo by Fotolia.com

photo by Fotolia.com

同じ形の洋服でも色が違うだけで、ふっくらして見えたり、引き締まって見えたりすることがありますよね。黒、ネイビー、ブラウン、カーキなどの寒色系のカラーは収縮色と言われ、体を引き締めて見せてくれる効果があります。ニットやカーディガンの色で迷ったら、引き締め効果の高い寒色系がオススメ。

反対に気をつけたいのが、暖色系のカラー。暖色系のカラーは膨張色と言われていて、実際よりも大きく見えてしまうことがあります。白、ピンクなどのカラーのニットを選ぶときはボトムをタイトにするなど工夫をしてみてくださいね。

トップへ戻る