暖色系と寒色系どっちにする?大人の女性にも似合う、おすすめの明るめカラー♡

雰囲気を変えたいときや気分転換にカラーチェンジする人多いですよね。暖色系はピンク、オレンジ、レッド系などのカラー。寒色系はアッシュ、グレー、マット(グリーン)系など。どちらにしようかな?と、迷っている人必見です。

暖色系と寒色系どっちにする?大人の女性にも似合うおすすめの明るめカラー♡

暖色系カラー

tomohiro0905

人気のピンク系カラー。赤みはあまり強調したくない人で、暖色系のカラーに挑戦したい人におすすめ。全体に柔らかい雰囲気になるので、ふんわり感のあるスタイルとも相性がいいですね。


tomohiro0905

赤みのあるブラウン系のカラー。ブラウンベースで少し赤みがある程度なので、職場であまり派手なカラーに挑戦できない人にもおすすめ。黄色系に退色しやすい人や、アッシュ系にしてもオレンジっぽく発色しやすい人にも向いています。


tomohiro0905

オレンジ系のブラウンのカラー。少し明るめにするとオレンジ系のカラーもきれいな発色になります。最近はオレンジベージュなど、カッパー系よりは柔らかいオレンジのカラーが人気があります。


hirota_takaaki

黄色系のハイライトと、レッド系のローライトのコントラストがきれいですね。ストレートの外ハネヘアのラインを強調していてスタイルとの相性もいいカラーに。毛先を巻いてもカラーの印象が変わっるのでおすすめ。


beleza_tendo

明るめのレッド系カラー。毛先に向かってグラデーションになっています。グラデーションカラーは、毛先の退色してしまった時にもおすすめ。毛先にだけハイライトを入れて、全体にレッド系のカラーをのせるのもきれいです。


beleza_tendo

少し濃い目のレッド系カラー。オレンジや黄色く退色しやすい人は、バイオレットなどの紫が入ったカラーを選ぶときれいに発色します。白髪が少し気になりだした人も、暗くしなくてもレッド系ならうっすら染まるので目立ちにくくなりますよ。


beleza_tendo

明るめのピンク系カラー。ウェーブのボブとも相性がいいですね。黄色系よりは肌の色もきれいに見えやすく、日本人の肌色とも相性がいいカラーです。


masakazutsumura

レッド系のカラーをベースに、明るいカラーのインナーカラーが入ったおしゃれなスタイル。シンプルなショートボブのスタイルですが、カラーは個性的ですね。


寒色系カラー

tomohiro0905

赤みを抑えたマット系のカラー。カーキやグリーン系ベースのブラウンのカラーも人気がありますよね。明るめのカラーにすると赤みが出て、オレンジ寄りになってしまう人はマット系のカラーを選ぶときれいなブラウンに。


beleza_tendo

人気のグレージュ系カラー。グレー系のカラーは単色染めでは発色しにくいカラーです。こちらのようにハイライトを入れてから、全体にダブルカラーでグレー系を入れいるときれいです。明るめカラーは退色しやすいので、カラートリートメントを併用するのがおすすめ。


beleza_tendo

こちらもグレー系のカラー。ベースのカラーがあまり明る過ぎないので、グレー感は控えめに。髪質にもよりますが、あまり発色しにくいことも。そんな時はブルー系の入ったカラーを選ぶと、きれいに発色することもあります。


miha_hair

柔らかめなアッシュベージュ系のカラー。あまり明るすぎず、大人の女性でも挑戦しやすそうですね。元から赤みの少ない髪質の人には向いています。赤くなりやすい人は、アッシュよりはブルーグレーやプラチナ系を選ぶといいかも。


ouki0408

控えめなアッシュ系のカラー。髪質の硬い発色のしにくい人は、アッシュ系のカラーを選んだ時に、このくらいの色に発色しやすくなります。思い通りのカラーにならない人は、美容院で見せてくれるカラーチャートよりも、ヘアカタログの写真を参考に選ぶのがおすすめ。


dishel_

ショートと明るめのアッシュベージュ系は相性がいいカラーです。どうしても色素の濃い日本人は色素が薄く見えるベージュ系に憧れますよね。ブリーチのダブルカラーは維持が大変なので、カラーで一番明るい色を選ぶといいかも。あとは、カラートリートメントなどで調整するのもおすすめ。


dishel_

マット系の明るめブラウンカラー。髪が多い人や硬く見えやすい人は明るめのカラーがおすすめ。全体の印象も明るくなりますね。特にウェーブにした時は、暗めのカラーよりは明るめのカラーにするといいかも。


まとめ

美容院でオーダーする時に、カラーチャート(色見本)をみて悩んでしまう人多いですよね。髪質や自分に合うカラーを勧めてもらえた時はいいのですが・・・そして、やっぱり自分の髪質では発色しにくいカラーを選びがち。あと、多いのがアッシュ系のカラーは、ブリーチをしてダブルカラーにする美容師が多いようで。説明をあまり理解できずブリーチをして明るくなりすぎてしまったことありませんか?ダブルカラーのほうがきれいに発色しますが、色は抜けやすいので注意が必要です。暖色系カラーも思ったよりも赤みが強すぎてしまったり、暗い印象になってしまうことも。できれば、来店前にヘアカタログなどで候補をいくつか決めておくと、相談するときも楽になりますよ。

トップへ戻る