1日5分だけ、片付けを習慣づける整理整頓術

1日5分だけ、片付けを習慣づける整理整頓術

仕事の効率性、職場の安全性を高めるために、整理整頓は重要です。それは万国共通で言えることではないかな、と思います。

アメリカの会社が取りいれた日本式『5S』

日本発祥の「5S」と呼ばれている職場管理の基本概念は、多くのアメリカの職場でも取りいれられています。

その5つの概念とは……

(1) 整理(Sort):必要ないものは捨てる
(2) 整頓(Set in order):すべて決められた場所に置き、使用後はその場所に戻す
(3) 清掃(Shine):掃除をして清潔に保つ
(4) 清潔(Standardize):上記の3つを維持する
(5) 躾(Sustain) :整理整頓を習慣化する(ルールを決める)

です。

基本的な内容に感じますが、なかなか実践するのは難しいです。しかし、例えば、毎日、退社する前に5分、自分のデスクやデスク周りだけでも整理整頓する、というようなルールを自分の中で作り、身近なところからはじめるとやりやすそうです。

片づけにも応用できる日本式『5S』

またこの概念は職場だけでなくプライベートでも適応できる整理整頓術ではないかと思います。家にある服や雑貨用品を捨てるかどうか迷ったら、まず他のものと隔離させて様子を見て、しばらくしても使う傾向が無ければ処分してしまう。1日5分から10分、曜日によって家のどこかを片付ける習慣をつける(月曜は台所、火曜はバスルームなど)。そうすると家の片付け、掃除がだいぶ楽になります。

平日、仕事から帰宅すると、疲れてしまって、なかなか掃除や片付けをする気力が出ませんが、1日5~10分だけでも片付ける習慣を身につけたいものです。

トップへ戻る