干からび肌からはもう卒業!マシュマロ肌を手に入れる5つの改善方法

肌のカサカサやかゆみ、ヒビ割れといった症状が現れている女性の皆さん、正しいケアはできていますか?
いざというとき、素肌を見せることが恥ずかしくなる干からび肌は、一刻も早く改善しましょう。
そこで今回は、干からび肌を改善し、触れたくなるようなマシュマロ肌を手に入れる方法をご紹介いたします。

干からび肌の症状や原因とは?

乾燥肌で悩んでいる女性は多いと思いますが、「冬だから仕方ない」と諦めてはいませんか

乾燥肌を放っておくと、水分がない砂漠のような干からび肌へと悪化してしまいます。
干からび肌の主な症状は、カサカサやザラザラ、ブツブツ、かゆみ、ヒビ割れ、赤みなどか挙げられます。ボディチェックをして当てはまるものはありましたか?

何か一つでも当てはまれば、肌のSOSだと思ってください。
特に、気温と湿度の低下によって乾燥がひどくなる冬は、肌の乾燥も加速するので、皮膚炎などの肌トラブルを招く前に、早めに改善することが大切です。

改善するためには何気なく行っている「ある習慣」を見直してみましょう。
間違ったケアを続けていると、干からび肌がさらに悪化してしまうので、注意してくださいね!

注意すべきパーツをチェック

人の肌は、干からび肌になりやすいパーツと、そうでないパーツがあります。
その決め手は「皮脂腺」です。

皮脂腺とは、主に皮脂を分泌し、皮膚や毛髪の表面の保護や保湿の働きをしてくれています。
そのため、皮脂腺が比較的多いTゾーンや胸、背中は乾燥しにくいパーツなんです。

一方、皮脂腺の分泌が少ないひじから指先にかけてや、ひざ下は干からび肌になりやすい注意地帯と言えます。
皮脂腺の少ないパーツのケアを中心に、全身のお手入れをしていくと干からび肌の改善、予防になりますよ♪

干からび肌の改善方法①たっぷりの泡と手のひらで洗う

まずご紹介する干からび肌の改善方法は、ボディの洗い方です。
ボディタオルを使ってゴシゴシ擦ったり、あか擦りなどを使って肌を傷付けてはいませんか?

干からび肌のときは、擦り洗いは厳禁です。
たっぷりの泡と手のひらを使って優しく洗いましょう。
「手だけでは綺麗になるのか心配」という女性も多いですが、正しい洗い方をすればちゃんと汚れを洗い流すことができるんですよ♪

①38度前後のぬるま湯で、体をしっかり濡らす。
熱すぎると必要な皮脂まで洗い流してしまうので、ぬるま湯にしてくださいね。
②手のひらにたっぷりの泡を乗せたら、泡で洗うように肌の上を滑らしていきましょう。
泡立てるスポンジを使ってもいいですが、はじめから泡で出てくるタイプのボディソープだと便利ですよ!
③再びぬるま湯で泡を洗い流す。
すすぎ残りがないよう、首から腕、胸、お腹、背中と上から優しく洗い流せば終わりです。

干からび肌の改善方法②ぬるま湯に浸かる

続けてご紹介する干からび肌の改善方法は、ぬるま湯に5分浸かることです。
寒さが厳しいと、熱めの湯船にじっくり浸かりたくなりますよね。
しかし、熱めのお湯や長風呂は、潤いのもととなる皮脂や角質細胞間脂質が失われやすくなってしまうんです。

干からび肌にとって熱い湯船は、乾燥を加速させる行為になってしまうので、控えましょう。
夏は38度ほど、冬は38~40度くらいに設定しておき、全身が浸かったら5分ほどで上がるようにしてくださいね。
手荒れがひどいときも、5分くらいにするといいですよ。

また、温泉の場合は、上がり湯も忘れずに!
温泉の成分によっては、皮脂を溶かしてしまうものもあるので、ぬるま湯で全身を軽く洗い流すようにしてください。

干からび肌の改善方法③タオルで優しく水分をふき取る

続けてご紹介する干からび肌の改善方法は、お風呂上がりの拭き方です。
お風呂上がりは早く拭いて、早く服を着なきゃと焦りがちですが、干からび肌にとっては肌に負担をかけてしまうのでNG!

タオルを用意したら、肌に優しく当てるようにして、タオルに水分を吸収してもらうようなイメージで拭き取りましょう。
また、水分が残ったまま服を着てしまうと、水が蒸発するときに角質の水分も一緒に蒸発してしまう可能性があるので、しっかり優しく拭き取ることがポイントです。

タオルも肌に優しい生地のものを選ぶと、肌も喜んでくれますよ♪

干からび肌の改善方法④ボデイクリームで保湿を徹底する

続けてご紹介する干からび肌の改善方法は、ボディクリームで徹底的に保湿をすることです。
乾燥が原因の干からび肌にとって、保湿は欠かせませんし、何よりも改善への近道!
お風呂から上がり、優しく水分を拭き取ったあとは、なるべく早く保湿するように心がけましょう。

保湿クリームの選び方としては、セラミドや多糖類、アミノ酸などのいずれかが含まれた成分のアイテムを選ぶことがおすすめです。
セラミドは、保湿成分の中でも最も保湿効果が高く、水分をしっかり抱え込んで保持してくれます。

多糖類やアミノ酸は水との相性もよく、セラミドに続けて保湿力や保水力が高いですよ♪

クリーム塗る時のポイントも合わせてチェックしておきましょう。

①肌に直接、3点置きをする。
パーツごとにわけ、ひざ下の場合はスネにちょんちょんちょんと置きます。
②保湿クリームは2往復で塗り終える。
肌への負担を極力避けたいので摩擦は最小限に。指の腹を使って下から上へ、上から下へと2往復ほどで馴染ませるようにします。

保湿クリームはあまりケチらず、しっかり保湿できるようやや多めに取ってくださいね。

干からび肌の改善方法⑤露出は避ける

girlydrop.com

最後にご紹介する干からび肌の改善方法は、露出を避けることです。
皮膚温が低くなると、肌の水分が蒸発しやすくなるといわれています。
なので、体が冷えてしまう冬は、干からび肌が加速されていまうんです。

普段から露出の多い服を着ている方は、一度見直してみましょう。
・コートなどの羽織ものの下は薄着
・スカートやワンピースをよく着る
・素足でいることが多い

上記が当てはまった方は要注意!これではすぐに体が冷えてしまうので、中までしっかり暖かい服を着たり、厚手のストッキングや靴下を履くなどして、対策をしましょう。

干からび肌におすすめのアイテム①MINON 全身シャンプー

www.daiichisankyo-hc.co.jp

干からび肌におすすめのアイテムをいくつかご紹介いたします。
まずご紹介するのは、肌荒れを防ぐ薬用処方で安心なMINON(ミノン)の全身シャンプーです。

植物性アミノ酸系洗浄成分配合で、潤い成分を守りながら汚れを落としてくれます。
干からび肌におすすめなのは、しっとりタイプ!

ふけやかゆみの防止、肌あれの防止、あれ性肌の防止をしながら、洗い上がりのしっとり肌を保ってくれます。

MINON 全身シャンプー しっとりタイプ 120mL

¥592

販売サイトをチェック

干からび肌におすすめのアイテム②KONOITO ガーゼのバスタオル

konoito.com

続いてご紹介するおすすめのアイテムは、KONOITO(コノイト)のガーゼのバスタオルです。

赤ちゃんの肌にも使える無添加のガーゼタオルなので、干からび肌でも安心して使うことができます。

その秘密は、酵素を使うことによって、適度な油分を残し、天然綿が持つ柔らかさと優れた吸水性が両立されているからだそう。
肌を刺激することなく、水分をサラッと吸収してくれますよ!

KONOITO ガーゼのバスタオル

¥2,052

販売サイトをチェック

干からび肌におすすめのアイテム③Beaute de Sae ボディミルク

www.beaute-de-sae.com

最後にご紹介するおすすめのアイテムは、Beaute de Sae(ボーテ デュ サエ)のボディミルクです。

米ぬかや、シアバター、ホホバ、オリーブ、セサミなどのオイルを主成分としたボディ用の乳液で、しっとりと滑らかな肌へ整えてくれます。
また、ビタミンEなどの栄養素も含まれているので、乾燥によるシミなども改善してくれますよ♪

女性らしいフローラルな香りなので、ボディケアタイムを優雅に過ごさせてくれるでしょう。

Beaute de Sae ボディミルク

¥4,212

販売サイトをチェック

干からび肌の改善方法をご紹介させていただきました。
顔と同じようにボディもいたわりながらお手入れして、触れたくなるようなマシュマロ肌を育ててください。
美は1日にして成らず!毎日続けて、少しずつ干からび肌を改善していってくださいね♡
トップへ戻る