え!?スマホで肌が老化する!?ブルーライトの悪影響と対策

働きざかりの女性の中には、一日中パソコンとにらめっこ状態のデスクワークの方や、何度もスマホのチェックをされている方も多いと思います。

そんな生活の中で、気づかぬうちに浴びているブルーライト は、実は目を疲れさせるだけではなくお肌にも悪影響を及ぼすことをご存知ですか?。

今回は、そんな女性の天敵であるブルーライトの悪影響対策についてご紹介していきます。

ブルーライトってなに?


出典:weheartit

ブルーライトという言葉を現代では少しずつ耳にするようになってきましたが、ブルーライトとは、一体なんなのでしょうか?

実は、私たちが普段何気なく見ているパソコンやスマホからは、ブルーライトという青い光線が出ています。

そして、この青い光線が、私たちの体にあらゆる悪影響を及ぼすのです。

ブルーライトの影響


出典:weheartit

1.眼精疲労

「ブルーライトは目が疲れる」ということは、良く知られていることですよね。

画面から強い光が放たれているため、画面を見る際に、どうしても目の瞳孔が小さくなります。よって、目の筋肉を酷使することにつながり、眼精疲労となってしまいます。

また、眼精疲労は、まぶたのたるみやクマなどの、お肌のトラブルも引き起こすため、注意が必要です。

2.肌の老化

ブルーライトがもたらす悪影響は眼精疲労だけではありません。

実はブルーライトは紫外線に近い波長域があり、肌への浸透性が高いため、私たちが気づかぬうちに着々と肌の内部にダメージを与え続けています。

最近では、「スマホ焼け」などという言葉も登場している通り、結果として紫外線を受けたかのような、肌へのダメージや色素沈着を引き起こします。

ブルーライトには専用メガネと専用日焼け止めで対策を


出典:weheartit

私たちの体に気づかぬうちに悪影響を及ぼしているブルーライトですが、しっかりと対策を行うことにより、予防することも可能です。

眼精疲労にはブルーライト対応のメガネをかけることにより、ある程度のブルーライトをカットすることができます。

そして、ブルーライトでの日焼けには、通常の日焼け止めでは効果がありません。

今ではブルーライト対応の日焼け止めというものが販売されていますので、長時間のデスクワークをする方などには、ブルーライト用の日焼け止めを下地のかわりに使用するなどして対策することをおすすめします。


目には見えないけれど、じわじわと悪影響を与えてくるブルーライト、しっかりと対策して予防を心がけましょう。


出典:weheartit

トップへ戻る