釣った魚にエサを与えない彼氏を振り向かせる方法

男女の付き合いで女性側が難しいのは、男性に口説かれた後の関係構築の仕方です。今回は釣った魚にエサを与えない彼氏をギャフンと言わせて、もっと大切にされて追いかけさせるための駆け引きテクニックをご紹介します。

釣った魚にエサを与えないのは男が悪い♡

まず女性たちに知ってもらいたいことがあります。釣った魚にエサを与えない彼氏のことなんて待つ必要はないということです!

女性にはするべき我慢と、してはいけない我慢があります。してはいけない我慢とは彼のペースに合わせることでストレスが貯まって疲れてしまい綺麗でいられなくなるような我慢の仕方です。

あともうひとつ。釣った魚にエサを与えなかったことを彼氏に後悔させなければ、彼氏の態度は永遠に変わることはありません。女性が男性に安心感を与え過ぎるとロクなことにはなりません。「釣った魚にエサを与えずに放置するあなたが悪いんでしょ?」と彼氏のせいにするところからはじめましょう。

彼氏で満たされない部分はもっといい男に満たしてもらおう♡

男の人は「一度自分のものにした女は生涯オレの女」だとなぜか大きな誤解をしています。ですから、釣った魚にエサを与えないような対応をするのですが、実際のところ、そんなはずはありません。女性にだって人生がありますしね!

釣った魚にエサを与えない男のことをいちいち待っているだけ時間の無駄で、待ち過ぎると歳だけ取ってしまいます。ですから、彼氏では満たされない部分はもっといい男に満たして貰うことを考えたほうが女性は間違いなく幸せで綺麗でいられます。

しかも、1人の男性に「釣りたい」と思われたということはあなたが魅力的だということです。あなたのことを「釣りたい」と思うような男性は出会いを増やせば他にも沢山現れます。

仕事に例えるとわかりやすいですが、自分たちの会社でどうしても行えない業務は他の会社に外注しますよね。男女関係も同じで、彼氏が出来ないことは「外注」すれば女性がストレスを貯めることはなくなります。もしも仮に外注したことが彼氏にバレて文句を言われたとしたら強気に出てください。

「誰と会うかなんて私が選んでるし全部自分で決める。あなたが出来ない業務は他の会社に外注するのは自然だと思うんだよね。それが嫌なら別れたらいいんじゃない?」なんて言うと、自信がある彼氏ならムキになって自分の対応を修正して追いかけてきてくれます。

自信がない彼氏なら心が折れるでしょう。でもここで心が折れる男性に将来性は期待できません。生意気な女に対応できないような男性が、仕事で成功する人かといったらそうではありません。

ギリギリに追い込んで彼氏の対応力をチェックするといいですね!

お願いだから私のこと嫌いになってね♡

大人の女性が愛されるために大事なことは、大好きな彼氏と別れたとしても支障がないような状態になっておくことです。女性に経済力や生活力があれば、1人の男性に執着しなくたって生きていけるわけです。

「あなたのことは好きで一緒に居たいけど、もしもあなたが居なくなったとしてもそれはそれで幸せに生きていけるんだろうなぁ」と心から思えていると、男性はいつも追いかけてきます。離したくないと思われます。

イケてる大人の男性たちはみんな「人気があって楽しそうな女」が大好きで、そういった大人女性たちは男性から尊敬されているのです。恋愛市場で一人勝ちしていて、どんなことをしても男性に許されてしまうところがあるんですよね〜!

彼氏のことはとても好きなんだけど、ストレスが限界まで達した時は「お願いだから私のこと嫌いになってね!私は楽しい人生を送りたいから、時間を奪わないで欲しい!」とか言うと「オイ!ちょっと待てよw」って男性は思います。

つまり、大人のいい男には「俺が居なくても楽しい人生を送れる女なんだろうな」と思わせておくと、いつまでも彼は惹かれてくれるのです。

自分がエサを与えられるのを待っていたり追いかけていると、彼には逃げられますが、覚悟して突き放すと彼は追いかけてくるものです。突き放せるだけの自信と余裕を女性が持っておくと、最強で最高の恋愛が今後もずっと、できるようになるでしょう。

トップへ戻る