肌が不調な時だからこそやりたい。週末「肌断食」でお肌をリフレッシュ!

photo by Fotolia.com

photo by Fotolia.com

最近、「ミニマリスト」や「断捨離」なんて言葉が一般的になりましたが、お肌も断舎離するとうれしい効果が得られるといわれています。世の中には、健康や美容に関するあらゆる情報が山のようにあふれていて、コスメジプシーになっている方も多いはず。

また、美肌に良い洗顔やパック、美容液、エステなど、効果がありそうなものに片っ端から手を付けてしまうと、時間もお金も飛んでいってしまう一方。毎日行っているスキンケアが、果たして本当に自分の肌にとって必要なのかどうか見直して、要らないものは捨てていくことも大切です。

肌断食はお肌本来の力を引き出す!

毎日栄養たっぷりの美容液や保湿クリームを塗っているといった「与える」ことを重視したスキンケアは、実はお肌を甘やかしすぎていて、お肌が本来持つ回復力自ら美しくなろうとする力を発揮させないようにしている可能性があります。

お肌には、もともとバリア機能やターンオーバーによる再生機能が備わっています。しかし、過剰なスキンケアを続けることで、お肌がゴワゴワになったり、必要な皮脂まで取り去ってしまったりなど、コンディションが不安定になることも。

週に1度、もしくは月に2,3度でOKなので、基礎化粧品以外はしない、あるいは化粧品をはじめお肌に一切何もつけないという日を設けるのも、肌の力を底上げするのに有効です。

週末だけでOK!肌断食のやり方

週末肌断食は、金曜日の夜から日曜日の夜までの2日間だけ行なっていくのが、基本的なやり方。「ぬるま湯で洗顔すること・基礎化粧品は使わない・ノーメイクでいる」の3点に注意しながら、ゆるく始めてみましょう。

photo by Fotolia.com

photo by Fotolia.com

金曜の夜にすること

まず、洗浄力が弱めのクレンジングで、化粧を落とします。その後、化粧水や美容液などの基礎化粧品は絶対に使わないこと。何もつけていないのでお肌がどんどんつっぱってきますが、ここはなるべく我慢!乾燥がツラいという方は、ワセリンホホバオイルなどをごく少量(米粒くらい)使って保湿しましょう。

土曜の朝にすること

35℃のぬるま湯で顔全体を優しく洗顔します。ここでも、洗顔料や基礎化粧品は一切使用しません。もし出かける用事があったとしても、日焼け止めはできるだけ塗らないこと。紫外線は、帽子や日傘、マスクなどでしっかり防ぎましょう。

土曜の夜にすること

朝と同様、ぬるま湯で洗顔するのみで、基礎化粧品でのケアは行いません。

日曜の朝にすること

土曜日と同じく、ぬるま湯で洗顔します。日中はお肌がどうしてもつっぱったり皮脂がいつも以上に増えてベタついたりすることも多くなりますが、なるべく保湿や洗顔は行わないでください。ただ、乾燥が気になる場合はワセリンをつける、ベタつきが気になる場合はぬるま湯洗顔の回数を増やすのもおすすめです。

日曜の夜にすること

この日の夜も、ぬるま湯洗顔のみで済ませましょう。お肌の新しい細胞を作るために睡眠時間はしっかり確保することもポイントです。

月曜の朝にすること

ぬるま湯で顔を洗顔した後、いつもどおりのスキンケアとメイクを行ってOK。この時、なるべく使うコスメの数を減らしたり、石鹸で落ちるようなお肌に優しい化粧品を選んだりすれば、お肌への負担を減らすことができます。

※ただし、生まれつきお肌がデリケートな方は、肌断食が逆効果になってしまう場合もあります。また、肌断食の途中でお肌に不調が出た場合は、直ちに中止して通常のスキンケアに戻してください。

まとめ

お肌が持っている最大の力を取り戻して、美しい肌を育てる「肌断食」。肌断食が終わった頃には、不思議としっとりとした潤いのある肌に近づいているはず!一度きりではなく、定期的に取り入れることで効果をより一層期待できるので、週末の肌断食で肌本来の美しさを取り戻してみてはいかがですか?

トップへ戻る