おこもり美容の定番にしたい☆自宅でできるオイルを使った簡単フットマッサージ

photo by Fotolia.com

photo by Fotolia.com

オイルマッサージって、とっても気持ちいいですよね?とろけるように気持ちよくて、心も身体も癒されます。でも、オイルマッサージを受けたいけれど、わざわざサロンに行くのはちょっと…という方のために…。今回は、自宅で簡単にできるリラクゼーションオイルマッサージを、元エステティシャンよりお伝えします。

リラクゼーションオイルマッサージの効果って?

オイルマッサージはもちろん好みもありますが、プロの施術は、一度経験するとほとんどの方が、あまりの気持ちよさにウトウトしたり眠ってしまったりします。

オイルマッサージの気持ちよさの理由は…

  1. 肌と肌がふれあう感覚に違和感がない
  2. 手でやさしく触れられているので安心感がある
  3. マッサージのリズムが呼吸にあっている
  4. オイルの滑るような感覚にも魅了される
  5. 強すぎず弱すぎず痛みがない
  6. 施術箇所が温まりやすい
  7. 良い香りにつつまれる
  8. 非日常の感覚
  9. マッサージが終った後まで効果が続く

などなど…、さまざまな理由で心と身体に、気持ちよさ、安心感、リラックス、癒し、緊張が解ける、心がほぐされる、リフレッシュ、血行促進、身体が芯から温まる、リンパ液の循環がよくなる、むくみがとれる、筋肉疲労が和らぐなど、たくさんの効果をもたらします。

それに、する人とされる人の間で信頼関係も生まれます。オイルマッサージって、すごいですよね!

基本的な3つの手技と使用するオイル

ご自宅でセルフオイルマッサージを行う場合は、もちろんサロンと同じ効果はむずかしいのですが、脚など部分的なマッサージであれば基本を覚えれば可能です。
まず使用するオイルは、ドラッグストアで簡単に手に入るベビーオイルでも十分ですが、もう少し本格的にしたい場合はアロマテラピーの専門店などでマッサージ用オイルをチェックしてみましょう。「スクワランオイル」「グレープシードオイル」「スイートアーモンドオイル」「ホホバオイル」などでしたら、クセがなく、扱いやすいのでおすすめです。また、お好みのエッセンシャルオイルを、数敵たらして使用してもよいでしょう。

そして、プロのマッサージには基本的な手技がたくさんありますが、自宅で行うにはこの3つを覚えるだけでも十分です!

簡単に覚えられる基本的な手技

1.軽擦法(けいさつほう)

手のひら全体をつかって、肌の表面をゆっくりと軽くすべらすような手技。力を加えずに手の重みだけで進める感じで、最初と終わりには必ず入ります。

2.強擦法(きょうさつほう)

軽擦法よりも少しだけ深い部分まで届くように、強さではなく重みを加えます。その時のコツは手だけで押すのではなく、手に体重をのせる感じで圧をかけます。

3.打法(だほう)

肌の上を軽く叩く手技。

簡単にできるフットマッサージ(脚)の手順

photo by Fotolia.com

photo by Fotolia.com

前述した3つの手技だけでも、強さ(圧力のこと)、スピード、動かし方、方向、使う指を変えるだけで、いろいろなバリエーションを楽しめます。

フットマッサージ(脚)

    1. オイルを手のひらに小さじ1程度をとり、両手で摩擦して手とオイルを温めてから、肌にのせます。
    2. オイルを伸ばしていく工程は、マッサージの最初の重要な部分なので、この時も1の軽擦法の要領で手のひら全体をつかい、足先から上に向かってゆっくりと伸ばします。
    3. くるぶし〜ふくらはぎ〜ひざ裏に向かい、両手のひらでふくらはぎを下から包み込むようにして、ゆっくりとまっすぐに肌の上をすべらせます。最初は軽い圧力で、手のひらを密着させる感じです。5〜6回すりあげたら、圧力をやや強めてさらに5〜6回。

      ※ポイントはひざ裏にきたら、一旦手のひらで軽くプッシュすることと、呼吸に合わせてゆっくり行うことです。これだけでも、リンパ液の流れが良くなりますし、とてもリラックスします。

    4. ふくらはぎまで終ったら太ももまで上がり、脚の付け根で軽くプッシュ。太ももは縦に三分割したライン(外側、真ん中、内側)を、片脚ずつゆっくりと1ラインにつき3回くらい行いましょう。
    5. 続いて同じ要領で、2の強擦法に進みます。今度はまっすぐではなく、手のひら全体を使いながららせんを描きます。少しだけ圧力をかけて、リズミカルに行いましょう。回数は軽擦方と同じで大丈夫です。血液循環が良くなり、ポカポカしてきます。
    6. 続いて両手で軽く握りこぶしをつくり、ふくらはぎ〜太ももまで全体的にトントンと叩きます。握ったままの形でらせんを描いても気持ちいいですよ。でも決して痛くはしないでください。
    7. 最後に1の軽擦法に戻り、さらに手のひらを密着させて、ゆっくりと滑るように大きめのらせんを描きます。ここまでを30分ほどかけて行うだけでも、すごくリラックスできます。

最後は、ホットタオルでふき取って終わりです。

終わりに

自宅で行う場合は、下手にむずかしい技をしようとするよりも、基本的なことをていねいに行う方が、実際に気持ちが良いです。オイルマッサージは、強い力を加えなくても十分に効果がありますので、あなた自身をやさしくいたわるような感じで行いましょう。翌朝には、脚がすっきりと軽くなりますよ!

トップへ戻る