欲求をコントロール♡ストレスケアに効果的な精油3選

飲み会がトリガーとなって、せっかく抑制していた欲求の扉が開いてしまうというのはありがちですよね。

だけど欲求をコントロールできないのは、飲み会のせいだけではありません。生活の中でたまったストレスが着火剤となって欲求を爆発させてしまうのです。

今回はストレスケアに効果的な精油3種類を集めました。

精油の芳香作用とは?

 
出典:weheartit

鼻孔から入った芳香分子は嗅毛で受容され、嗅神経を通して大脳辺縁系(食欲や性欲などの本能的な活動を司っている)へと伝わります。

これらが、視床・視床下部(自律神経の中枢、ホルモンの分泌調整)に伝わった結果、自律神経系・内分泌系・免疫系に影響を与えます。

アロマテラピーでは精油で心地よい香りを創り、心と体への良い影響を期待します。

食べ過ぎ飲みすぎの欲求が抑えられないストレスから抜け出しましょう!

欲求をコントロール!ストレスケアに効果的な精油3選

1.ラベンダー・アングスティフォリア

精神安定作用に優れており、心身ともにリラックス効果が期待できます。また、鎮静作用があり、ストレスの解消不眠症の改善にも効果的です。

2.② プチグレン

鎮静作用抗不安作用に優れており、気持ちを明るくさせ、心身ともにリラクゼーション効果が期待できます。

3.ローズ

抗メランコリック(憂鬱)作用に優れており、落ち込んだ気分を持ち上げてくれます。また、気品に溢れるバラの甘い香りは、心を和ませ、緊張も解きほぐしてくれます。

アロマで欲求を上手にコントロール♪

いかがでしたか?精油を芳香させるときには、個人的には火を使うアロマポットよりもデュフューザーなどの方が優しくてオススメです。香りが充満した空気の中でしずかに深呼吸してみましょう♡

入眠や寝起きを心地よいものにしてくれますよ♪

トップへ戻る