「仕事中に眠くなる」から卒業♡睡魔の原因は休息が足りていないから?

「集中しているはずなのに、どうしても眠くなってしまう。」
仕事中の睡魔に悩んでいる人はいますか?でもそれはひょっとしたらあなただけじゃないかも。仕事中に眠くなるのには原因があります。それを探ることで、無理なく解決していきましょう!

仕事中の睡魔の原因① 休息が足りていない

仕事に集中しようとしても、どうしても眠くて集中できない……。
このような仕事中の睡魔に悩んでいるというアラサー女子は、少なくありません。睡魔の原因を追究しておくことで、いち早く仕事中の睡魔を回避できるでしょう♪

まず考えられる仕事中の睡魔の原因は、「休息が足りていない」というものです。
休息が足りていないと、睡魔だけでなく、だるいさや疲れやすいさを感じやすいもの。

季節の変わり目に風邪を引きやすかったり、冷え性であったりする人は、休息が足りていないことが考えられます。

規則正しい生活を意識して、しっかり休息をとることを心掛けましょう。

仕事中の睡魔の原因② 冷えやすい

続いて考えられる仕事中の睡魔の原因は、体が冷えやすいということです。
体が冷えてしまうと、気が滞りやすいので、どうしても眠気を誘ってしまいます。冷えを回避させるためには、飲み物などであまり冷たいものを摂取しすぎないことを心掛けるのが効果的です。

普段から暖かいものや常温のものを飲むなど、自分の中で無理のない範囲で工夫をしてみましょう。

仕事中の睡魔の原因③ 質の良い睡眠をとれていない

続いて考えられる仕事中の睡魔の原因は、質の良い睡眠をとれていないということです。
睡眠時間は人それぞれなので一概には言えませんが、しっかりと夜に睡眠をとることで、翌日仕事中に睡魔に襲われるのを避けることができるかもしれません。ここで大切になってくるのは、睡眠をとる時間よりも、その質です。

仮に自分にとって十分である睡眠時間を確保しているにもかかわらず、仕事中に眠くなってしまうのであれば、睡眠の質に問題があることを疑いましょう。

睡眠の質を上げるための工夫はいくつかあります。
たとえば、就寝前みテレビやスマートフォンの使用を控えることです。

理想は就寝の1時間ほど前からテレビやスマートフォンには目を通さないほうが良いのですが、やむを得ず見る場合には、以下のことを注意しましょう。

テレビに関してはノイズを小さくし、照明を落としましょう。
スマートフォンの場合は、用事が済んだら枕元に置かず、離れた場所に置きましょう。

こうした工夫で神経が高ぶってしまうことを抑え、質の良い睡眠を目指すことができますよ。

仕事中の睡魔の原因④ ダイエット

ダイエットも仕事中の睡魔の原因として考えられます。
極端な食事制限などのダイエットをしてしまうと、1日に必要な栄養素が足りなくなり、栄養不足が原因で疲れやすくなってしまうのです。そのため、仕事中もぼーっとしてしまったり、睡魔に襲われることになってしまいます。

一日の摂取カロリーを減らすことができれば痩せやすいのですが、それで疲れを感じやすくなってしまっては元も子もありませんよね。

まずはそのダイエットメニューが一日に必要な栄養素が含まれているかを確認し、継続するようにしましょう。

仕事中の睡魔の原因⑤ ランチのメニュー選定ミス

午前中は仕事に集中できるのに、午後になると睡魔に襲われてしまうという人もいますよね。
そういう人は、食べているランチが睡魔の原因かもしれません。忙しいからという理由で、パパッとおにぎりやサンドイッチなどでランチを済ませてしまっているという方はいませんか?
こうした手軽なランチの大半は、炭水化物で構成されています。

炭水化物は糖質が多いので、食べると血糖値が急激にあがることで、食後に眠気を巻き起こしてしまうのです。

これを避けるためには、いきなり炭水化物を摂取するのではなく、まずは食物繊維を摂取したり、朝食をしっかりと食べて昼食でいきなり血糖値を上げないようにしたりするなど、様々な工夫が必要です。


心当たりはありましたか?
だらけているわけではないのにこっくりしてしまって、上司にたしなめられるのはやはり辛いものです。
ご紹介した全ての原因を解決できなかったとしても、週に一度は湯舟に浸かったり、軽い運動をする、朝食を取る、といったことをするだけでも、かなりデトックスされてスッキリしますよ!
さっさと解決して、気持ちよく仕事しちゃいましょ♡
トップへ戻る