モテるつもりが逆効果!?男性に嫌われる“女子力アップ”法5つ

男性にモテたいがために始めた、女子力アップ法。
だけど本当にその方法大丈夫!?女子が良いと思っても、男子はダメと思うことはよくあること。
今回は、男性に嫌われる可能性がある女子力アップ法をご紹介します。

嫌われる女子力アップ法①コスメ集め

女子力アップさせるために、まず大切なのはメイク!

きれいに生まれ変わりたいという気持ちを込めて、デパートにコスメを買いに行くことで、女子力アップをしている女子は多いですよね。

しかしそうしてコスメにお金をつぎ込む女子は、男性に嫌われる可能性があります。

女子からすれば、「高くて良いコスメを使ってメイクすると、美しくなれる♡」と思いますが、男性は「化粧品を買ったから可愛くなれるわけではない」という本音を持っています。

「化粧品を買うことできれいになれるなんて、勘違い」と思う男性もいるので、コスメやメイクテクニックに頼るのではなく、自分磨きに励むのが正解といえそうです♪

嫌われる女子力アップ法②ブランド品を購入する

「自分へのご褒美」「長く使いたいから」という理由で、お買い物をする際にブランド物を選ぶ女子は少なくありません。

しかしブランド物を買う女子を、快く思う男性は少ないのです。

結婚を視野に入れている男性から見ると、ブランド物を購入している女子は「お金がかかりそうな女」と判断し、恋愛対象外と考えることもあるのだとか。

「長く愛用したい」という理由でブランド物を選ぶのは悪いことではありませんが、ブランド物でまとめるのは、男性に嫌われる可能性があるので控えたほうが良いでしょう。

嫌われる女子力アップ法③英会話教室に通い始める

仕事で英語の知識が必要になったなどの理由がある場合は別ですが、「英会話教室に通っている」ということをステータスに感じている女子を、冷ややかな目で見る男性は多いようです。

その理由は、高い月謝を払ってまで、本当に生活するうえで役に立っているのかどうかと疑問に感じるから。

「私、英会話教室に通っているの♡」などという自慢に聞こえる女子の話に、うんざりして、嫌われる可能性があります。

嫌われる女子力アップ法④趣味に走る

自分の時間を有意義に使い、習い事などを始めることで、自分を高められたという女子はたくさんいます。

そうした前例を倣って習い事を始めて、自分を高めることで女子力をアップさせようという理由で始めたはずなのに、男性に嫌われる可能性が……。

あまりに自分の趣味に走った習い事だと、男性からは冷ややかな目で見られてしまいます。
どんな習い事を選ぶかで、男性からの目は変わってくるということを頭に入れておきましょう。

嫌われる女子力アップ法⑤時間ではなく、お金をかける

今では男性同様に働き、そこそこの稼ぎを持つ女子が増えています。
そのため、ことあるごとに時間よりもお金をかけて解決しようとしてしまう女子は多いもの。女子力アップのつもりで、毎朝のジョギングよりも、仕事帰りのエステを選んでしまっていませんか?

実は、このポイントに男性に嫌われる可能性があるのです。

時間を費やした努力は、男性から見て美しさを感じるもの。
しかし、お金ばかりを掛けた女子力アップ法は、男性から見て「ニセモノ」に見えてしまったり、「付き合い始めたらお金がかかりそう」という目で見られたりと、嫌われてしまうのですね。


意外と、当てはまる女子も多いのでは?
女子力アップしようとしても、それが空回り。「お金がかかりそう」「意識高すぎ」など、嫌われる可能性もありえます。お金にとらわれることなく、じっくり時間を費やして自分自身と向き合っていきましょう!
トップへ戻る