ビタミンC×カルシウムで美肌キープ☆シャキシャキ食感の時短ポテトサラダ

ポテトサラダを食べるのが好きな人は多いかと思います。作るとなると話は別でいろいろと面倒でちょっと……という人もいるのではないでしょうか。しかし!火を使わずにできてしまう簡単ポテトサラダの作り方があるんです♪空いた時間でいろいろな健康食材を一緒に混ぜてアレンジする余裕もできちゃいますよ。野菜は栄養があるので、しっかりと食事に取り入れていきたいですよね!ぜひ試してみてください。

材料の働きと効果

じゃがいも

美肌に欠かせないビタミンCは熱に弱いことで知られていますが、じゃがいものビタミンCはデンプンに守られているため加熱しても損失が非常に少なく、ほかの果物・野菜とは比べものにならないほど、食材が本来持つ量のビタミンCを体内に取り入れることができます。さらにじゃがいもは、代謝のサポートをするビタミンB1むくみ解消に効果的なカリウムなども豊富に含まれており、実は優秀美容食材なのです。

切り干し大根

切り干し大根は、骨、歯の生成に欠かせないカルシウムの含有量が野菜の中でもダントツです。さらに今回のレシピは、カルシウムとともに骨の形成に欠かせないコラーゲンの生成をサポートしてくれるビタミンCがたっぷりのじゃがいもとの組み合わせで、効率よく栄養を取り入れることができます。また、食物繊維も豊富なので便秘の解消にも効果的です。

シャキシャキ食感のポテトサラダ (1人前 333 kcal)

材料(4人分)

切り干し大根
※人参入りを使っています。
30g
枝豆(さや付き冷凍)15鞘程
ツナ缶1個
じゃがいも3個
【A】
のり佃煮大さじ2
マヨネーズお好み量
塩・胡椒適量

作り方

1

切り干し大根は水で戻し、水気を切って2㎝幅に切ります。ツナ缶はザルにあけて油切りします。枝豆は鞘から枝豆を取り出しておきましょう。
2

じゃがいもは皮をむいて一口サイズに切ります。あくが出て黒くなるのを防ぐため10分ほど水にさらしてからザルにあげ、耐熱皿にのせてラップをしたら600wのレンジで5分—8分程度温めます。
3

ボウルに1の材料と、2のじゃがいもを熱いうちに入れて、フォークや(あればマッシャー)でざっくり素早く潰します。
4

3にAをよく混ぜ合わせたものを加えて味を調え、器に盛り付けたら完成です♪

ポイント

切り干し大根は、熱湯につけると早く戻すことでき、時短レシピに大変身。きっちり水気を絞って使いましょう。じゃがいもは冷めるとつぶしにくくなってしまうため、必ず熱いうちにつぶします。変わり味としては、仕上げにパルメザンチーズや海苔の佃煮を加えることで、斬新なオリジナルポテトサラダになります。
トップへ戻る