秋の乾燥に勝つ!うるぷる肌を作る神食材を摂ろう

秋が訪れると、気になるのは乾燥ですよね。秋・冬は空気中の水分量が減るため、肌の水分も蒸発しやすくなり、カサカサ肌になる人が増えます。肌が乾燥すると肌のバリア機能が弱くなり、肌荒れが起きたり、シワっぽくなったりしてしまいます。この乾燥肌対策としては、スキンケアでしっかり保湿することも大切ですが、それだけでは根本的な解決にはなりません。実は肌を潤す栄養素を含む食べ物や飲み物を摂取すれば、身体の内側からも乾燥肌対策ができるのです。今回は秋・冬も乾燥知らずの潤い肌で乗り切れるように、乾燥に効く食材をご紹介します。

うるぷる肌を作る食べ物

ダイエットで極端な食事制限をしている人や偏った食生活を続けている人は肌の潤いに必要な栄養素が不足して肌がカサカサになってしまうことがあります。そんな時は、以下の栄養素を含む食べ物を中心にバランス良い食事を摂ることを心がけましょう。

セラミドを多く含む食べ物

photo by Fotolia.com

photo by Fotolia.com

肌の角質層に存在し、水分を保持する働きがあるセラミド。実はこのセラミド、身近な食材から摂ることができるのです。セラミドは生芋こんにゃく、しらたき、わかめ、大豆製品、ほうれん草、そばに多く含まれています。特に、生のこんにゃく芋を皮ごとすりおろして作られている生芋こんにゃくには、こんにゃく粉から作られる通常のこんにゃくよりも豊富なセラミドが含まれているといわれています。こんにゃくはカロリーが低いのでダイエット中でも安心して食べることができますね。

ビタミンEを多く含む食べ物

ビタミンEは血流を良くしたり、女性ホルモンの分泌を助け潤いのある肌へ導いてくれたりします。ナッツ類、いくら、イワシ、ウナギなどの魚介類、アボカドなどに多く含まれています。ナッツやアボカドはカロリーが高いため、摂りすぎには注意が必要です。

ビタミンAを多く含む食べ物

ビタミンAは乾燥から肌を保護してくれる栄養素です。緑黄色野菜、青魚、海藻に多く含まれています。

うるぷる肌を作る飲み物

潤いがある肌を作るためには、温かい飲み物を摂ることが大切です。温かい飲み物で血行が良くなると身体の隅々まで栄養が行き渡って代謝が活発になり、肌が保湿成分を多く作るようになるためです。また、乾燥肌を防ぐためには水分補給をしっかり行うのもポイント。1日に1.5L程度の水分数回に分けて摂取すると良いでしょう。さらに、常温の飲み物なら次のような肌を潤す成分を含むものを飲むことも有効です。

トマトジュース

photo by Fotolia.com

photo by Fotolia.com

トマトに多く含まれるリコピンには肌のターンオーバーを整えて肌の潤いを保つ働きや紫外線のダメージから細胞を守る働きがあります。

黒酢

黒酢に含まれているアミノ酸は肌の潤いをキープする天然保湿成分やコラーゲンの主成分です。また、黒酢の代表的な成分、酢酸は肌のターンオーバーを促し、健康的な肌が作られるようにサポートしてくれます。黒酢を飲む時は、胃に負担を与えないように水などで薄め、食後に飲むようにしましょう。

ヨーグルトドリンク、牛乳

牛乳に含まれるミルクセラミドは摂取すると、体内でセラミドに合成され、肌の水分バランスを保ってくれます。ヨーグルトドリンクは腸内環境を整える効果も期待できるため、便秘が原因で肌が荒れている人には特におすすめです。

まとめ

いかがでしたか?身近な食べ物や飲み物の中に肌の潤いを守ってくれるものはたくさんあります。スキンケアで保湿をがんばっていても、食材には無頓着だったという人はさっそく取り入れてみてくださいね。乾燥に効く栄養素をバラン

トップへ戻る