ロングの人におすすめ♡長さを生かしたおしゃれなグラデーションカラー♪

ここ数年人気の高いグラデーションカラー。特にロングの人におすすめのカラーで、毛先が明るくなりやすい人にもとってもおすすめ。大人の女性にも取り入れやすいグラデーションカラーをご紹介していきます!

ロングの人におすすめ♡長さを生かしたおしゃれなグラデーションカラー♪

nrksk

アッシュグレー系のグラデーションカラー。根元は黒に近いカラーなので、全体に明るいカラーにするよりも根元が気になりにくくておすすめ。マメにカラーをできない人にもいいですね。毛先のアッシュ系のカラーは抜けやすいので、カラートリートメントが便利です。


mizomizo0711

赤系のグラデーションがついた毛先のきれいなカラー。黒ベースのカラーからのグラデーションも自然でいいですね。赤系のカラーは、あまり毛先を明るくしなくてもきれいに発色しやすいのでおすすめ。このくらいのロングヘアなら、まとめてしまえば見えなくなるので、お仕事で髪の色が厳しい人にもできるかも?


deapres2012

毛先を中心にハイライトの入ったグラデーションカラー。トップのほうはローライトも入っているので、明るいカラーですが根元が伸びても気になりにくくておすすめ。巻いた時の立体感をさらに出したいときは、もう少しはっきり出るようなローライトを入れるのがいいかも。


kanou_t

人気の外国人風のグラデーションカラー。アッシュ系のカラーを使うと、赤みが抑えられておすすめ。アッシュ系のカラーの発色があまりきれいに出ない人は、ハイライトを入れてから全体にアッシュグレー系のカラーを入れるときれい入るときもあります。


hirota_takaaki

全体に発色させるのが難しいブルー系も、グラデーションカラーのほうがおすすめ。毛先を少し白っぽくなるようにしてから、マニキュアやカラートリートメントで色付け。ブルー系は色が抜けるのが早いので、こまめにカラートリートメントをするのがきれいに保つコツです。


ciel6850

少し派手なグラデーションカラー。毛先はブリーチでかなり明るいですが、根元は適度なカラーなのであまりプリンも目立ちにくく。全体の毛先を明るくするのもいいですが、内側の毛先だけを明るくすると少し控えめに見えますよ。


mizomizo0711

内側を中心に入れたハイライトがきれいなグラデーションカラー。毛先にしっかり出るようにハイライトを入れると、表面が太くなりがちに。こちらのように表面にはハイライトを入れず、内側に入れると太めに入れられるのでおすすめ。表面に太めのハイライトが入ると、一昔前のメッシュのようになってしまうので注意です!


miha_hair

控えめなグラデーションのカラー。これから徐々にカラーを暗くしていこうと思っている人にもおすすめ。全体に暗くしても、毛先はすぐに明るくなりやすいですよね。でも、最初からグラデーションにしておけば毛先が先に明るくなっても気になりにくくなります。


capatani

表面は細めに、内側は太めに入ったハイライトが上品なグラデーションで大人の女性にもぴったり。ベースは落ち着いたブラウンになっているので、少し白いものが気になりだした人にもおすすめ。


capatani

細く入ったハイライトと、全体のマットブラウン系のカラーがきれいなスタイル。ハイライトもこのくらい細いほうが大人の女性におすすめ。立体感を出したいときは、ローライトも入れると巻いた時などきれいですよ。


kenjikunn1

毛先は明るめですがグラデーションの明るい部分が少なめなので、あまり派手な印象になりにくくなっていますね。明るい部分との境目がはっきり出すぎてしまうときは、ローライトを入れるとなじみやすくなります。気分を変えたいときは、カラートリートメントを毛先にだけつけるといいですよ。


shimadamasakatsu

赤みのあるブラウンがきれいなグラデーションカラー。毛先はイエロー系なので、カッパーなどオレンジ系のブラウンとも相性がいいかも。控えめなグラデーションで可愛いですね。


hanpen_alive_0815

ハイライトがきれいなグラデーションカラー。ルーズなウェーブヘアで、人気の外国人風くせ毛ヘアに。ストレートの時と、巻き髪の時とカラーの印象が変わるのでアレンジも色々と楽しみたくなりますよね。


hanpen_alive_0815

ハイライトとローライトの入ったグラデーションカラー。あまりコントラストのつきすぎないカラーで、落ち着いた印象に。ストレートのラインもきれいに出て、動きの少ないスタイルにも変化がつきやすくなりますね。まとめ髪にした時もきれいです。


hanpen_alive_0815

こちらも外国人風のグラデーションカラー。しっかりと入ったハイライトとローライトがきれいで、立体感のあるスタイルに。全体に明るくなってしまった時にもおすすめで、ローライトをしっかり入れるとおしゃれに。


まとめ

ロングの長さを生かしたカラーがいいですね。毛先を明るくするタイプのグラデーションカラーは、自分でできる簡単なヘアマニキュアやカラートリートメントを持っていると便利です。特に、グリーンやブルーなどの寒色系は色落ちが早いのできれいに保つのには大変です。カラートリートメントなら、1週間に一度くらいのペースでもできるので簡単。ですが!手や爪が染まってしまうものもあるので、手袋をするのをおすすめします。

トップへ戻る