残暑きびしいこの時期のスキンケア!秋に向かっての肌の変化と注意点

まだまだ、夏の日差しが降り注ぐ今日この頃…。最近の日本の四季は、かなり乱れており10月過ぎても、暑さ厳しい日もありますよね。これでは、お肌のコンディションもなかなか安定しません。今回は、夏から秋への変わり目の時期に注意したい、お肌とスキンケアのことをお伝えしていきます。

近年の夏から秋の気候と肌の状態について

最近の夏は、スーパー猛暑と呼ばれるくらい高温多湿の日が続いています。これは、ニュースでもよくいわれていますが、ラニーニャ現象や高気圧の影響らしいですよ。そのせいで暦の上ではすっかり秋なのに、全然その気配さえなく、日差しも強いし蒸し暑い日がダラダラと続いているので、肌の状態もとても不安定になります。

特に、気温が高いと体温も上がりますから、体温を下げるための体温調節機能が働き、汗をたくさんかきます。汗は肌の上で蒸発して体温を下げますが、同時に肌が保持している水分までも、一緒に蒸発させてしまいます。すると、脂っぽいのに水分量が不足している、隠れ乾燥肌(インナードライ)の状態になります。

また、外気温や体温も高いのでどうしても皮脂の分泌が増えますし、この時の皮脂は、通常よりも温まって柔らかくなるので、さらに肌の表面に流れ出る量が増えます。皮脂の分量は、冬に比べたら、約2倍もの量に増える事もあるのですよ。とはいえ、朝方などには、気温が下がるので不安定さに拍車をかけています。

そして、忘れてはならないのは、紫外線による肌へのダメージがまだまだ続いているということ。つい油断して、紫外線対策を忘れないようにしましょう。

夏から秋への変わり目に起こりやすい肌トラブル

photo by GIRLY DROP

photo by GIRLY DROP

このように、季節の変化に伴ってこの時期の肌の状態はとても不安定です。夏場の肌の状態と変わらない部分もありますが、夏場に受けたダメージがそろそろ肌表面に出てくる時期ともいえます。

たとえば、皮脂や汗の分泌量が多い状態が続くと、肌表面がベタつくために、老化角質がきれいにはがれ落ちなくなるので、毛穴の上に覆いかぶさったり、詰まったりします。これが、白ニキビや黒ニキビの原因となり、肌質や体調によっては炎症ニキビへと進むことも…。普段はニキビなんてできないのに、いきなりポツンと現れたり、乾燥しているのにニキビができたりするのもこの時期の特徴です。

また、老化角質がはがれ落ちないことで、新陳代謝のサイクルも乱れますので、肌は透明感を失いくすみが生じたり、厚ぼったくごわついたりして、不健康で老けた印象の肌に見えてしまいます。

あとは、夏に浴びた紫外線の影響で、うっすらと色素沈着やシミが現れたり、目元やほうれい線の小じわが目立ってきたりもします。

さまざまなトラブルが、いっぺんに肌に現れてしまうような季節ともいえますね。

この時期におすすめのスキンケア

この時期は、夏から引き続き、紫外線を防ぐことを基本にして、その日のお天気や肌の状態に合わせたお手入れを行うのがポイントです。

皮脂分泌が多くベタつきもあるので、さっぱり感重視のお手入れを続けがちですが、肌の深い部分では水分が不足してきているので、化粧水は、夏場よりも水分保持力が高めのものにチェンジして、最後に保湿もしっかりと行います。ただし、その日の肌状態に合わせて、乳液、美容液、ジェル、クリームなどを使い分けたり、量を調節したりしましょう。

肌のくすみは、ほとんどの方に現れてきますので、定期的に角質を落とすためのケアをプラスします。特に、植物の種子が入ったピーリング剤や、たんぱく質分解酵素配合のパックなどがおすすめです。

もしも、目元や口元などの乾燥や、ちりめんジワが気になった場合は、ベタつきの少ない軽いテクスチャーのアイクリームをプラスするか、つけたまま眠れるナイトパックも効果的です。

終わりに

いかかでしたか?この時期に合わせた、スキンケアをしっかりと行うことで、冬場の肌トラブルがグッと減りますし、紫外線による光老化も最小限にとどめることができます。まだまだ、暑さが残るこの時期こそ、手を抜かずにていねいなケアを心がけましょう。

トップへ戻る